子育て

ひとりでトイレができた!トイレトレーニング最終ステップの秘訣とは?

ひとりでトイレできた!

3才の娘が、ひとりでトイレに行けました!!

自分でトイレの扉を開け、自分でパンツを下ろし、自分で便座に登り、自分でオシッコをして、自分でトイレットペーパーを取り、自分で拭いて、降りることができたのです!!
(パンツを履くのはできなかったそうですが(^^;;)

このブログでは何度か、娘のトイレトレーニングの様子をご紹介してきました。

あわせて読みたい
トイレトレーニングは3歳を過ぎても大丈夫!
トイレトレーニングの秘訣とは?3歳を過ぎても大丈夫!娘が初めてトイレに成功しました! いえ。もっと正確に言うと、自分の意志で一定時間オシッコを我慢して、自分の意志でトイレへ行き用を足...
あわせて読みたい
子どものトイレを習慣化するには?
子どものトイレを習慣化するには?自主性を尊重してはダメ?!一年以上にも渡る娘のトイレトレーニング……それが遂に、終わりの時を迎えようとしています!! 先日の投稿で、なかなか進まなかった娘の...
あわせて読みたい
トイレトレーニングに失敗?!
トイレトレーニングが失敗?!子育ては三歩進んで二歩下がる!娘がお漏らしをしてしまいました……。しかも、公共の場で。 ここ1ヶ月ほど、トイレトレーニングを頑張っていた娘だったのですが、ここに...

これ以降も娘はトイレを頑張り、日々の排泄は完全にオムツからトイレに移行しました。夜寝るときにオムツを履いているものの、そこにオシッコをすることもなく、トイレトレーニングはほぼ成功した状態だったのです。

とはいえ、3才の体の小ささもあって、一人だけでトイレに乗ることはできません。必ず誰か大人がついてトイレに行っていたのです。

ですが、そこから一気に「ひとりでトイレができた!」という状態へ飛躍しました。

ここにはどんなコツがあったのか? ご紹介したいと思います。

トイトレの最終ステップは“放置”

ブログをご覧いただきありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです(^^)

大阪の郊外でお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。現在は忙しいお米の販売シーズンも終えたこともあって、先日、妻と娘が実家の東京へ帰りました。およそ一週間ほどの帰省になります。

で。その東京滞在の最中、3才の娘が一人でトイレに行くことに成功したのです!!

その成功のキーパーソンになったのが、“じじちゃん”でした。

じじちゃんの見事な放置プレイ

“じじちゃん”とは、妻のお父さんのことを指します。娘から見れば「おじいちゃん」ですね。ただ、僕の父と母と混同してはいけないのと、妻のお母さんが「可愛く呼んで欲しい」ということで、「じじちゃん」&「ばばちゃん」と呼ぶようになったのです。

で。今回、その“じじちゃん”が、娘の面倒を見てくれていました。妻が高校時代の友達と会うことになり、“ばばちゃん”も外出中とあって、娘の世話をじじちゃんが勝って出てくれたのです。

ですが、じじちゃんには特別なスキルがあります。それは『放置プレイ』。

基本マイペースで生きていらっしゃる方なので、「子どもの世話をする」と言ってもご自身の行動を優先します。しかも、時間がお昼過ぎということもあって、お昼寝タイム(←娘ではなく、じじちゃんの)にも差し掛かっていました。

そんなわけで、娘は見事に“放置”され、一人で遊んでいました。

そしてそれは、「何かあったときには、一人の力で乗り越えなければならない」ことを意味しました。

一人の力で乗り越えねば!

じじちゃんから放置され、一人で機嫌よく遊んでいた娘。ですが、“その時”は訪れます。

この世界を生きていると、人間誰しもがぶち当たってしまう驚異……。いえ、尿意。

とてつもない尿意が娘を襲ったのです。

娘は焦りました。今までの経験から、彼女は尿意に恐怖を抱いていましたから……。アンパンマンのパンツにお漏らししてしまったり、突如 公共の場でお漏らししてしまったり、尿意によって幾度となく悲劇を味わって来たのです。

だから、尿意が湧いたからには、何とかしてトイレへ行かねばなりませんでした。

大人の助けがない!

だから娘は、じじちゃんに助けを求めることにしました。

「おしっこ、でるーーーーーーー!」

そう叫びながら、じじちゃんの部屋へ駆けて行きましたが、返事がありません。なんと、唯一の助けであるじじちゃんは、見事に眠りの中に落ちていたのです……。

娘の絶望は、どれほどのものだったでしょう。

ですが、彼女は諦めませんでした。

  • 「大人の助けがないなら、一人で何とかせねばならない!」
  • 「今までトイレは幾度となくやって来たのだ……。自分一人でもできるはず!!」

そう思ったかどうかは定かではないですが、一人でトイレに行き、自分の力で「トイレでオシッコ」を成し遂げたのです。

一年以上の努力が実った!

……と言いつつ、これは僕の住む大阪から遠く離れた東京で起こった出来事。この様子は妻がLINEで教えてくれました。

ひとりでトイレに行けた! ひとりでトイレに行き、脱ぎ、出し、 ふーき、流して、できました!(でも、パンツと手洗いはまだ)

パンツを履くことと手を洗うことはできなかったものの、遂に一人でトイレができたのです!!

トイレトレーニングを始めて、もう一年以上……。ようやくここまで来ました(T-T) 親としては感無量です!!

娘にも自信がついた!

そして何より、娘にも大きな自信になったようで……

ひとりでトイレできた!とドヤ顔で話す

今回の出来事を妻に“ドヤ顔”で話してくれたそうです( ̄▽ ̄)

もともと少し引っ込み思案だったり、思い切った行動が取れないところがあるので(これは僕に似たのですが……(^^;;)、今回のことは娘にも大きな収穫となったのです♪

子ども自身の力を信頼する

いかがでしたでしょうか?

我が家のトイレトレーニングの最終ステップは、“放置”という意外な方法によって成功しました(しかも、“じじちゃん”というイレギュラーな登場人物によって)。

この“放置”がどんなご家庭にも通用するとは言えませんが、ここから見えてくるものはあります。

それは、「子ども自身の力を信頼する」ということ。

大人が全部をしなくてもいい

トイレトレーニングを初めとして子育てのアレコレは、大人が教えたり誘導したりしないといけないと思いがちです。

ですが、最後は子ども自身が、自分の力で乗り越えるしかないのです。

そうでないと、ずっと親が手を出し続けなければならず、自立した状態になることはできませんから……。

ですので、ある程度の知識や手順が身につき、経験を積んできたのであれば、最後のステップは子ども自身に任せてみる。こんな姿勢と方法が、とても有効だと感じました。

ある意味、親にとっては勇気がいることですが、子どもの持つ力を信じたいものですね!

一度乗り越えれば自立する

そして、そうやって自分自身の力で乗り越えられたことは、後は一人の力で継続してできるようになります。

娘が初めて「ひとりでトイレ」に成功したのは昨日のお昼ですが、もう昨日の晩も一人でトイレに行くようになり、今日も一人でできたそうです。

ひとりでトイレできた!

こうやって、子どもは困難を乗り越えて成長していくのだなー、と感じています。

  • ある程度のところまで導くことができたら、最後は放置!
  • 子ども自身の力で乗り越えてもらって、自立の道へ進んでもらう!

これが、どんなことにも言える子育ての秘訣なのかもしれません(^^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください