クリーンな自分がダークな自分に負けてしまったら?本当の自分はどっち?!

ダークな自分が出てきたら

真っ昼間から酒を飲んでいます。

どうしたことでしょう。

一応、自然農法に取り組み、お客様の健康を考えたお米を育てており、自分自身の健康にもそこそこ気を使っている僕ですが、ちょっとなんか変なことになってしまいました。

休むときの秘訣とは?
忙しかったお米の出荷が一段落しました。 正確には、まだ販売の受付はしているのですが、お客様からのご購入が下火になった、という感じです。 ...

先日は、↑こんな記事まで書いて、「体に入れるものはお金をかけずに、天然のものでいい」「我が家の庭には柿が実るから、それを美味しく食べています」という話をしていたのに、今日は昼間からビールを飲み、スーパーで買ってきたお惣菜を食べ、お菓子をバクバクと食べています。

それもこれも、妻のせいです。

いえ。妻のせいにしてはいけません。妻がいないと調子がダダ下がる僕の心と体のせいです。

妻と娘が現在 実家に帰省中なので、家に一人でいる空虚感によって、完全に調子が落ちてしまいました。

このパターンは、今までもブログの中で書いて来ました。今回は家族旅行の直後とあって、それなりに調子を保てるかな?と思っていたのですが、今日のお昼ごろから一気に下がってしまいました。

朝のうちは、まだ大丈夫だったのに!!

今日は夜にオンラインセミナーがあるので、その資料を作っていました。やはりお仕事なので、そこはきっちりさせていただきます! ですが、その資料を作り終えたら、極度に安心してしまったのか、一気に力が抜けてしまいました……。

そして、崩れるようにお惣菜とビールとお菓子の誘惑に飲み込まれ、今もまた何か甘いものや辛いものが食べたくなってしまっています。

でも、だからといって、自分がダメだというわけではありません。

いえ、ダメなんですけど、「ダメダメ」と責めるわけではありません。

  • 疲れたときは天然の柿がいいよね!
  • 飲み物もお白湯がいいよね!!

と言っていたクリーン自分と

  • 昼間から酒を飲み
  • お惣菜とお菓子に食べまくる

というダラけた自分。

どちらも自分自身なんですよね……。

「アンビバレンス(ambivalence)」という言葉がありますが、一人の人間の中にも、相反する2つのものが同居したりするんですよね。ずっとポジティブだったり、ずっとクリーンだったりするわけではないのです。白と黒が混ざり合って、一緒くたに存在しているのが人間というものなのだと思います。

今だって、頑張って知的を装って「あんびばれんす」などという言葉を使っていますが、この言葉が出て来る意味もあまりわからないわけで、結局のところ自分を取り繕うためだったとしか言いようがありません。

知的に見せかけて、根っこがふにゃふにゃなわけです。

というか、これだと「本来は価値のないものにメッキをかぶせた」ような状態で、アンビバレンスとは全く言えないですね。

とりあえず、人間には色んな面があって、その人のことを理解しようとしても一面からでは理解できない。時には普段とは相反する部分が表出したりする。

そして何よりも、僕のこの現状は「妻が不在」という事態によって引き起こされています。ですから、他人との関係性や「誰と一緒にいるか?」という環境によっても大きく影響を受けるのです。

ホントもう……妻がいないと力が出ません。

  • 妻がいるときのキビキビ動ける自分が、本当の自分なのか?
  • はたまた、妻がいないときのダラけた自分が本当なのか?

そういった二元論ではなく、

  • 妻がいるときの自分も、本当の自分
    (ただし、キビキビ動けて、クリーンな部分が表出する)
  • 妻がいないときの自分も、本当の自分
    (ただし、ダラダラと怠惰で乱れた部分が表出する)

ということになるのです。

もはやこの記事で何を言いたいのかは完全に行方不明になっていますが、とにもかくにも、「人間には色んな面があって、そのどれもが本当」ということを備忘録的に書き記しておけたらと思います。

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

承認欲求は不要

「人に認められたい」という気持ちは不要!承認欲求から脱却するには?

お米作りは一人ではできない

嫌われる勇気は本当に必要?嫌われたくない気持ちへの対処法

自分に自信がない原因は名前にあった?

自分に自信がない原因は名前にあった?!氏名に対するイメージを変えよう!

弱い自分を変えたい!が失敗する理由

弱い自分を変えようと頑張るのは逆効果?!強くなるために本当にすべきこととは?

自分で決めたことはやり切る!

自分で決めたことをやり切る!その単純なことが大きな力を持つんです

ガッカリ

ガッカリしたときの対処法とは?心の裏にある驚異のメカニズム