農業は計画を立てない方がいい?!流れに任せる方向へ!

農業は計画を立てない方がいい?!

来年の農業の計画を立てています。

ここ数年は主にお米作りをして来たのですが、来年以降は野菜の栽培にも取り組みたいのです。また、農業体験イベントなどもしたいと考えています。

お米づくり
田んぼの稲が黄金色(こがねいろ)に色づき始めました。あと半月もすれば、いよいよ稲刈りの時期を迎えます。 「農マド」と言いながら、「農」のこ...

↑こちらの記事にも書いたのですが、これからの時代は“モノ”に価値があるのではなく、“体験”に価値が移行すると考えています。ですから、農業においても「農作物を売る」のではなく「体験を売る」時代になっていくと思うのです。

つまりは、農作業や収穫のイベントを企画し、参加してくれた人に楽しみや学びを提供する、という形ですね。

そんな時代の流れを感じていたので、2017年も終わりを迎える今、来年の農業の動きについて考えたのです。そして、その結果……

……という

めっちゃテキトーな計画でした!!

「このままじゃいかん!」という僕の農業

こんにちは!「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で無農薬のお米づくりやネット関連のお仕事をさせていただいています。

そんな僕には、いま大きな悩みがあります。それは「これからの自分の農業をどうしよう?」というもの。

無農薬・無肥料の自然農法を始めて8年。今まであれやこれやの試行錯誤を経てきました。失敗もたくさんしましたし、苦しいことや悲しいこともありました。ですが、そんな中でも、自分の一番得意なお米づくりは継続することができ、ご購入して下さる方も増えて来ました。今年はおかげさまで、販売から一ヶ月経たずに完売となりました。

あ。でも、「完売」と言っても、もともとの生産量が少ないので、他の農家さんと比べれば全然大したことじゃないんですけどね(^^;;

というか、今のところお米しか育てられてないし、採算も全然とれてないし、所有農地のうちの大部分をまだ活用できてなくて、「このままじゃいかん!」という状況だったのです。

「計画を立てない」という計画

「じゃあ、これからどうするのか?」を考えて、来年の農業計画を立てていたのでした。

そして、出てきた結論が、「その時々の流れで決める」というもの。めっちゃシンプルです( ̄▽ ̄)

「いやいや。シンプルすぎるがな!」

「そんなん、計画じゃねーじゃん!」

という突っ込まれるかもしれませんが、これは実は自分にとっては思い切った計画だったりします。

綿密に計画を立てて失敗した過去

農業の計画を立てることは今に始まったことではありません。以前にも何回となく試したことがありました。

「こんな作物を育てよう」
「そのために、これくらいの面積を割り当てよう」
「もしできるなら、この時期に農業体験イベントをしよう」
「そして、販売先をこんな風にしよう」
という感じで。

ですが、そうやって綿密に計画を立てると、決まって失敗したのです(^^;;

そこには色々な理由があります。無農薬・無肥料なので天候や害虫の影響を受けたり、そもそも自分の栽培技術がなかったり、計画に自分の体がついていかなかったり……。ですが、それ以上に大きな原因がありました。

それは、自分は計画や目標を立てることに向いていないということ。

手をつなごう
「夢を持つことは大事だ!」 「人生を豊かにする秘訣は目標設定だ!」 といった言葉を聞きます。 ですが、夢や目標は本当に大切なの...

詳しいことは↑こちらの記事に書いたのですが、人間には、目標や計画を立てると上手くいくタイプとそうでないタイプがあります。そして、僕は目標や計画をたてると上手くいかないタイプなのです。

世間の考え方から抜け出せ!

ですが、世間には「目標は明確に持つべきだ」「そのために現実的な計画を立てろ」という意見が多いです。ビジネス書とか自己啓発関連の情報には、ほぼこういったことが書かれていますよね。

いわば、「目標と計画が重要」教のようなものが蔓延しているわけです。

ですが、先ほどのように、目標・計画を立てることで上手くいかないタイプがいます。それは世間の表には出にくいのですが、そういった人が計画を立てようとすると、逆効果になってしまうのです。

だから、そういったタイプの人は、世間の「計画が大事」教から脱却する必要があります。

僕も紛れもなくその一人なので、今回、「計画は立てない!」という農業計画を立てるkととなったのです。

時代も「その時々の流れに乗る」方向へ

また、時代の流れとしても、「綿密に計画を立てない方が良い」という方向になっているのです。

僕がいつもメルマガを読ませていただいている経営コンサルタントさんも、こんなことを言っています。

変化が大きい今の時代

仕事の達成の仕方も
人生の歩み方も
「山登り」から「波乗り」へと変わってきた。

それまでは
目標を決めて、入念に計画を立て
必要な道具をそろえて
体を鍛えたりして準備して
山の頂きを目指してアタックした。

ところが今は
その山を登っている途中で
変化が大きくて
その山そのものが消えてしまうことがある。

それよりも
来ている波を感じ
その流れにパッと乗る。

もし、変わったら
すぐにサッと切り替える。

小田真嘉オフィシャルブログ『「山登り」から「波乗り」へ 3929』から引用

こんな風に、社会全体の流れとしても、「計画を綿密に立てて」よりも「その時々の流れに乗る」方が効果を発揮する時代になっているのです。

……って、書いていて、自分の都合の良いように取り入れている感もなくはないですが、それでも、今の自分にとっては「ガチガチに計画を立てるよりも、ゆるーく流れに任せて進んでいく方がいい!」ということを感じています。

そんなわけで、来年は「その時々の状況に応じて臨機応援にやっていく」という“計画を立てない計画”で進んでいこうと思います!!

とりあえず遊んでみよう!

いかがでしたでしょうか? ぶっちゃけ、何の参考にもならない内容だったかもしれません(^^;

ですが、今までの日本社会で「当たり前」とされていた

  • きちんと計画を立てること
  • 目標を持って進むこと

から抜け出す形があったもいいのかな?と思っています。

それをずっと続けて来たがために、今の社会は閉塞していると言えますし、新たな流れを生むためには、以前とは違う考え方や姿勢で進むしかないのです。

そして、もし間違いがあったのなら、その時点で気づき、元の方向性へ戻せばいいですし、上手くいったなら、その流れに乗っていけばいいと思います。

というか、そのほうが楽しいし、ずっと継続できると思うんですよね♪

今までの僕は「農業を頑張らないといけない!」と思って、そのために「きちんと計画を立てなきゃ!」となって、逆に失敗してきました。ですが、そうではなく、

  • 流れに任せてしまおう!
  • もっと自由にやってしまおう!
  • 遊びのような気持ちで楽しもう!

そんな姿勢で進んでいきたいと思うのです。

あ。このことについては、以前の記事でも書きました(^^;

大切な仕事こそ脱力が大事!
農業を頑張るのを辞めようと思います! あ。でも、農業そのものを辞めるわけでも、怠けるわけでもありません。むしろその逆で、もっと良い形にする...

綿密に計画を立てる農業から、「その時々の流れに任せる」という計画を立てない計画の農業へ。

来年は、そんな風に遊びながら進んでいきたいと思います(^^)

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

食べ物を届けられる幸せ

米農家が感じる仕事のやりがいとは?食べ物を届けられるって幸せ!

田植え

無農薬・無肥料の自然農法を始めた理由は?実は○○のためでした!

2017年台風21号の記録

2017年台風21号の記録!大阪の南部で見られた被害とは?

大切な仕事こそ脱力が大事!

大切な仕事こそ脱力が大事!農業をもっと遊ぼうと思います♪

稲わらの販売価格はどれくらい?

稲わらの販売価格はどれくらい?え?どうしてこんなに高いの?!

農業は一番難しいビジネス

農業は最も難しい仕事?!農家さんたちに感謝を!