ブログ運営法

クリスマスイブに家族と過ごしながら見つけたブログを継続する方法

クリスマスイブに見つけたブログ運営法

クリスマス・イブです。

今年の色々なことが落ち着いて、家族でゆっくりと過ごしています。

いつもは一人で部屋にこもって書いている このブログも、今日は妻と娘がいるリビングで書いています。

いま、娘がプリキュアのおもちゃを使って遊んでいるところです。

さっきまでは、「サンタさんにプレゼントのお願いをする!」となった娘と一緒に、サンタさんへの手紙を書いたところです。

「イブ当日にギリギリかよ!?」
「あなた、夏休みの宿題ギリギリにやるタイプですね?」

という突っ込みを入れつつだったのですが、楽しかったので良かったです。

こうやってゆるゆると過ごすの、いいですね♪

ただ、年末ではあるので、「あ。年賀状書かないと」という気持ちも湧いて来ています。

あと、「うーん……こんなユルユルっとしたブログを書いていいのかなぁ?」という気持ちも湧いて来ています。

昨日の記事もユルユル系の内容でしたが、正直なところ、自分では少しチャレンジだったりします。

なぜならば、以前ブログの書き方を習ったところでは、「コンテンツ価値の高いものだけを書くべきだ」と言われていたからです。

とはいえ、そこはアクセルが沢山集まるブログを作り、広告収入を得ることを目的にしていたので、その考えには非常に納得です。役に立つ内容にならないと人に読んでもらえないですし、Googleなどの検索結果の上位にも表示されないですからね。

ただ、僕はそうやって記事を書いていると、続けることができなかったんです……。

  • 「誰かの役に立つ内容を書かないとダメ」
  • 「検索に表示されるテクニックを使わないとダメ」

とやっていると、それが義務感になってブログを書くのがツラくなってしまったんですよね。

だからといって、そういう方針や手法を否定しているわけではありません。このブログでも、役に立つ内容を意識して書くこともありますし、検索エンジンを意識したテクニックを使うこともあります。

けれど、ずっとそれだけだと、継続ができないんですよね(^^;;

まあ、これはあくまで僕のケースであって、テクニック重視でも継続できる人はできていらっしゃいます。

でも、だからこそ、人によって継続できるスタイルは違う、ということは言えます。

ブログで最も大切なのは「継続すること」だと思っています。それは毎日というわけではなく、2〜3日に1度の更新でもいいし、1週間に1度でもいい。あるいは、1ヶ月に1記事の更新でもいいと思います。

ただ、「定期的にでも更新する」ということが無くなると、そのブログの価値がなくなってしまうと思うんですよね。

書いている人の存在感を感じられないブログって、どんなに良いことを書いてあっても、読者としては価値を受け取りづらいですし、そもそも管理をしていないと責任の放棄とも言えます。何より、書く人も読む人も楽しくないと思うんですよね。

……って言いながら、現在、僕も長い期間 更新せずにいるブログがあるので、それを何とかせねばなー、と思ってます。(今の段階では、今年中に思い切って削除しようと計画中です)

なんというか……やっぱ楽しくずっと続けられる形を作るのがいいと思うんですよね。

こうやってクリスマスイブの日に、家族と一緒に過ごしながらでも、ゆるっと書けるような。でも、時にはガッツリ内容の濃いものも書いたり。

イメージで言うと、インターネット上に自分の分身を作るような感じです。

情報提供とか集客とか収益ではなくて、“自分自身”を表現するもの。僕はそんな風にブログやホームページを捉えたいなー、と思っています。

もちろん、そうやって表現して、必要な人と接点を作るために、検索エンジンへのテクニックであったり、役に立つ内容だったりを意識するといいですよね。

でも、基本的には、

  • 自分自身をありのままに表現すること
  • 自分のスタイルで長いこと継続すること

この二つが根底にあるのが良いと思うのです。

今この記事を書いている間も、娘がちょこちょこ話しかけてくれていましたが、そんな風に自分の生活の一部として、ブログを書いていきたいと思うのです。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!