生活習慣

大掃除の秘訣はクリスマスにあった?!楽しく無理せず家をキレイに!

大掃除の秘訣はクリスマスにあった?!

大掃除をしています。

今日は12月27日なので、まさにシーズンですね!(ん?でも、大掃除にシーズンとかあるのかな……?)

実は、去年までは「大掃除をしよう!」と思うのに、なかなか出来ていませんでした……。「この日に頑張ろう!」と思うのに、いつの間にかバタバタと時間が過ぎて新年を迎えてしまうのです(^^;;

ですが、今年は上手く進みそうな気配なのです♪

他のご家庭がどんな風に大掃除をしているのか知らないのですが、我が家で上手くいった大掃除の方法を備忘録的に書いていきたいと思います。

きっかけはクリスマス

今年の大掃除のきっかけは、実はクリスマスでした。

12月25日の朝、3才の娘の枕元にはプレゼントが置かれていました。ええ、我が家にもサンタクロースがやって来るようになったのです!

クリスマスの朝、枕元にプレゼントが置かれていました

が、いざ袋を開いてみると、ある問題が起こりました。

 

「でかい……」

 

そうなんです。サンタさん、娘の欲しいものを贈ってくれたのは良かったのですが、そのオモチャがかなり大きいものだったのです。おそらく『トイザらス』あたりで購入して、持って帰るのにも苦労したと思うのですが、それでもやっぱりもらってみるとデカイのです。

ですが、サンタに対して「持って帰ってください」ということはできません。

となると、方法は一つです。

今あるオモチャを捨てよ

「じゃあ、今あるオモチャのどれかを捨てよう!」

「というか、不要なものはジャンジャン捨てよう!!」

ということになりました。

今年の12月25日は偶然にもゴミの日だったこともあり、娘のオモチャ置き場を一斉に整理することにしたのです。

そうやって、「これは要る?」「要らない?」「もう使わないよね?」「あ。これは置いて置いたほうがいい?」と、娘の意向を聞きながら、どんどん捨てていったのです。

結果、元あった量の3分の1くらいになりました。

新しいモノが入ったなら捨てる!

「新しいモノを手に入れたなら、それより多くのモノを捨てる」

実はこれが充実した人生を送るための秘訣だということを、僕は以前から学んでいました。それを図らずも、娘のオモチャで実践することになったのです。

それに、やってみると、色々な葛藤も起こりました。

「あ。これって、娘が初めて歩いたときに持ってたオモチャじゃん」

「あれは、うちの母が色々と考えて贈ってくれたやつ」

「それは、ばばちゃん(=妻のお母さん)がオークションで頑張って手に入れてくれたものだけど、捨てていいのかな?」

という風に。

ただ、こんな風に過去の思い出や感情に引っ張られると、整理整頓や掃除は思うように進まなくなります。あくまでも、目指すのは未来です。過去は必要ありません。

「うん! 思い切って捨てよう!!」

もちろん、娘の意思を確認しながらですが、大人が思い出や感情に引っ張られないように、どんどんと捨てていきました。

これが、今年の大掃除の始まりだったのです。

スタートを切れればスムーズ

こうやってスタートを切れれば、大掃除の進行はスムーズになります。

いえ。これは大掃除に限らず何事にも言えることですが、やっぱり「スタートを切る」ということが大切なんですよね。

車のエンジンでも、始動のときに一番バッテリーに負荷がかかると言います。ですが、一度動き出したら、後は大きなエネルギーは必要なく走り続けることができるのです。

だから、「どうやってスタートを切るか?」「何をきっかけに始めるか?」が大掃除の最大のポイントだと言えるのです。

クリスマスを大掃除のスタートにする

で。今年の我が家は、娘のクリスマスプレゼントをきっかけに、大掃除を開始しました。

これは、あくまでも偶然に起こったことです。ですが、これからもずっと使えるスタート方法だと思うのです。

来年以降も、きっとサンタさんは娘のもとを訪れてくれるでしょうから、

「サンタさんからプレゼントもらったんなら、今までのオモチャを捨てようね!」

ということが言えるはずなのです。

そして、それを起点にして、他のモノの整理や掃除を開始することができます。

大掃除は数日間にかけて行う

あ、しまった! 肝心なことを言い忘れていました。

ここまでお読みいただければ おわかりかとは思いますが、今年の我が家の大掃除は数日かけて行っています。

先ほど「クリスマスの25日にスタートした」とお伝えしましたが、25日に大掃除を終わらせたわけではありません。今日は27日なので、この3日間少しずつ進めています。

そう。「一日に一気にやろう!」ではなく、こんな風に「大晦日まで毎日 少しずつ進めていこう」というのが、大掃除を進める最大の秘訣なのです。

大掃除を進める最大のコツ

昨年までの僕は、「この日に大掃除をしよう!」と取り組んでいました。つまり、一日で一気にやり切ってしまおうと思っていたんですね。

けれど、それだと他の予定が入ったときに対応できません。それに、年末だと何かとやることが多いので、他のスケジュールとの兼ね合いもあります。もちろんスケジュール調整が上手くいけば問題ないのですが、それがなかなかできず、結局 決めた日に大掃除はできなかったのです。

というか、大掃除って結構な作業量なので「一日でやり切る!」とすること自体が無謀だったりします(^^;;

だから、25日のクリスマスにスタートしたなら、「大晦日まで少しずつ進めていこう!」という感じで、日を分けて掃除していくのが良いと気づいたのです。

自然な流れで掃除をする

そして、もう一つのポイントは「計画を立てない」ということだったりします。

「この日はリビング」「この日はトイレや収納」という風に決めてしまうと、けっこうプレッシャーになりますし、他の予定にも影響を与えてしまいかねません。

だから、あくまでも“自然な流れ”で進めるのが良いのです。


こんな風に、いつもの朝の掃除をしていて、その流れで細かいところを掃除したり、気になったところを整理整頓したりしているです。

「無計画すぎるかなぁ?」と思っているのですが、意外なことに、かなりスムーズに進めることができています。

  • 自然な流れに任せる
  • その日の気分で掃除したいところをする

というのが、次なる秘訣なのかもしれません。

別に全部できなくてもいいや

それに、そもそもの話として、この大掃除が完璧にできるなどとは思っていません。家全体が掃除できるなどとは毛頭思っていません。

「大晦日までの間に、できるところまでできたらいいやー」

という風に考えているのです。

あくまでも、無理のないペースで無理のない範囲をキレイにしようと思っています。

で。こんな風に気楽に考えると、逆に意外と掃除が進んでしまう不思議☆

この“無計画さ”と“気楽さ”が、大掃除を進める大きな要因だと思うのです。

大掃除をスムーズにするポイント

いかがでしたでしょうか?

まだ我が家の大掃除は終わってはいませんが、現時点までスムーズに進められたポイントを書いてきました。改めて整理すると……

  • スタートを意識して、そこにエネルギーをかける
    (クリスマスきっかけが良いかも。プレゼントがやって来たのを理由に、古いモノを捨てることができるので)
  • 一日に一気にやるのではなく、日を分けて少しずつ取り組む
  • その日の気分や流れで掃除し、計画を立てたりしない
  • 「別に完璧にできなくてもいい」と考えて気楽に進める

という4点になります。

もし今まで大掃除が上手くできなかったという場合は、一度試してみてください(^^)

何かしらお役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください