子育て

ぐでたまカフェ梅田店へ!休日なのに意外と混雑してなかった!

ぐでたまカフェの梅田店へ!

妻と娘が東京の実家へ帰省しているとき、池袋でぐでたまのカフェを見かけたそう。

ぐでたまが好きな3才の娘は「行きたい!」と主張するも、混雑のためにあきらめました……。

その後、大阪の我が家へ戻って来たのですが、ずっと「ぐでたまカフェ行きたいー」と呟いています。

「うーーん……この近くで行けるのかなぁ?」

と調べてみたところ、ありました!!

梅田に!!

しかも、常設のお店が!!!!

池袋で見かけたお店はどうやら期間限定のよう。ですが、大阪の『ぐでたまかふぇ』はいつでもやっているお店なのです。

「そうか! ぐでたまカフェの本拠地は大阪か!」

「やったぜ、ぐでたま!! グッジョブ、うめだ!!!!」

と訳の分からない心の叫びをあげ、僕は娘を連れて梅田へ乗り込みました。

勢いあまって、1月3日というお正月休みの真っ最中に行ってしまったのですが、意外なことに混雑していませんでした♪

そんな、娘との“ぐでたまかふぇデート”をレポートしたいと思います!

いざ『ぐでたまかふぇ』へ!!

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。大阪の郊外で自然農法のお米づくりをしながら、インターネットの仕事をしています。

「大阪の郊外」というのは、大阪の中でもかなり南に位置し、中心部に出ようと思ったら1時間以上かかります。ぐでたまカフェのある梅田へ行くのにも、1時間半かかりました。

なので、こういう外出は結構エネルギーを使います。しかも、今日は2018年1月3日。お正月三が日の真っ只中です。かなりの混雑が予想されます。ですから、本当は出かけるつもりはありませんでした。

けれど、「ぐでたまかふぇ、いきたいーーーーーー!」という娘の声に負けて、出かけることになったのです。

意外と空いてる!

「こんなお正月の日に行ったら、めっちゃ混んでるんじゃ……」

という心配があったのですが、朝11時台の電車に乗ったら予想外に空いており、しかも、大阪の中心部へ出てもかなり人が少なかったのです。

「あれ? お正月の3日になったら、みんな帰省するか空いてるのかなぁ?」

と思いながら、梅田へ向かいます。

そして、ぐでたまカフェへ到着しても、意外と空いていたのです!!

僕たちがお店に入ったのは、お昼の12時過ぎ。事前にGoogleで調べたところ、この時間帯が一番混んでいるようでした。

ですが、実際には、お店の前に行列はなく、到着したらすぐに席に通してもらえました♪

同じ施設内の他の飲食店には、お昼ごはんのための行列ができていたので、このぐでたまカフェは穴場なのかもしれません。他の休日に行ったことがないので、まだわかりませんが、

「お正月の1月3日の12時の時間帯は、すぐに入れる!」

というデータを取得することはできました( ̄▽ ̄)
(でも、他の休日に行かれて、めっちゃ混んでたらすみませんm(_ _)m)

ちなみに、帰宅してからネットで調べたところ、「普段の休日でもそこまで混雑していない」「待ったとしても30分くらい」という情報がありました。もちろん確証はありませんが、『ぐてたま』らしくゆるっと営業していて、そこまで混雑していないのが、ぐてたまカフェの特徴なのかもしれませんね。

ぐでたまカフェ梅田店へのアクセスは?

あ。ここで肝心のアクセス方法をお伝えしておきますね。

梅田のぐでたまカフェは、『HEP FIVE(ヘップファイブ)』の7階にあります。

これだけ覚えておけばOKです!

もしご遠方から来られる方は、JRの「大阪駅」または地下鉄の「梅田駅」で降りられてから、駅員さんに「ヘップファイブどこですか?」と道順を聞くのが一番確実だと思います。

念のためお伝えしておくと、JRの「大阪駅」と、地下鉄や阪急や阪神の「梅田駅」はほとんど同じ場所にあります。駅名は違いますが、大阪人にとっては「大阪駅=梅田」なので、惑わされないようにご注意ください〜〜〜

人に聞くのが苦手な場合は……

ただ、「人に道を聞くのが苦手だ」という方もいらっしゃると思います。まさに僕がその一人ですが、そういう場合は「HEP FIVE(ヘップファイブ)」または「HEP(ヘップ)」の表示を頼りに進んでください。

大概の地図や案内板に、『HEP FIVE』のことは書かれていますから。

あるいは、もし地上を歩かれる場合は、赤い観覧車を目印にされてください。赤い観覧車を屋上に載せているビル、それがヘップファイブですので!!

ぐでたまかふぇの営業時間は?

そうやってヘップファイブの7階に到着すれば、確実に ぐでたまカフェにたどり着けるでしょう。

ぐでたまカフェの梅田店へ!

けっこう奥まったところにありますが、フロアガイドを見れば、たぶんお子さんでも探し当てることができると思います!!

そうそう。更に肝心の営業時間ですが、朝11時から夜の22時30分までです (ラストオーダーは22時00分)。

このあたりは、『ぐでたまかふぇ』の公式ページを確認されてくださいね。

この公式ページを見るとわかるのですが、ぐでたまカフェの正式名称は「ぐでたまかふぇ」のようです(^^;; ですが、Googleさんで検索してみると「ぐでたまカフェではありませんか?」と出たり、実際に出てくるブログなどのページも「ぐでたまカフェ」となっているのが多いです。なので、この記事では「ぐでたまかふぇ」と「ぐでたまカフェ」を混在させて書かせていただいております( ̄▽ ̄)

メニューも美味しかった!!

そうやって辿り着いた梅田のぐでたまカフェでしたが、更に意外なことに、お料理も美味しかったのです!

ぐでたまカフェのメニュー
※メニューの種類と値段は公式ページで公開されています

……いや。そりゃあ、料理を専門にしているお店には敵わないのですが、よくあるキャラクターをテーマにした飲食店だと、味がいまいちだったりします(^^;;

でも、梅田のぐでたまカフェは、料理にしっかりと『ぐでたま』の世界観が再現されつつ、味もきちんと美味しかったのです♪

フードとデザートの両方に挑戦!

今回、ちょうどお昼時に入った僕たちですが、娘が「デザートが食べたい!」と言ったので、普通の食事(フードメニュー)とデザートメニューからそれぞれ一品ずつ注文しました。

僕たちが食べたのは、『ぐでホワイトカレー』と『フルーツいっぱい ぐで目玉焼きパンケーキ』。

ホワイトカレーが美味しかった!

ぐでホワイトカレー

最初はデザート目当ての娘でしたが、「カレーも一口どう?」と勧めたところ、「もっと!」と言って、カレーもバクバク食べました。

それはもう半分くらい取られてしまったので、「てめー! 俺の食べようとしてた分が無くなったやろうがーーー!!」となるくらい食べていました。それだけ美味しかったということですね♪

ぐでたまパンケーキはクリームが危険

ぐでたまパンケーキ

そして、デザートの『フルーツいっぱい ぐで目玉焼きパンケーキ』ですが、これは危険でした……。

一番上にホイップクリームがたんまり載っていて(「たっぷり」じゃないです。それを越える「たんまり」です!!)、それをバクバクバクバクーーーーーっと娘がむさぼりついたのです。

「ちょ、ちょちょちょ! そんなに食べたら、脂肪分と糖分 摂り過ぎになるやろがーーーーー!!」と止める間もなく、一気に食べていました(- -;; なので、身体のことがかなり心配になってしまう危険なパンケーキですが、味は確かなようです。

僕も少し分けてもらいましたが、フルーツがたっぷりで美味しかったです!

店内には ぐでたまがいっぱい!

そんなこんなでお腹いっぱい♪ 心も満たされました。

そして何より、店内には ぐでたまがいっぱいで、ぐでたまの世界観を存分に楽しめました。

ぐでたまカフェの店内

……と言っても、僕自身は ぐでたまの番組を見たことがなく、娘に言われるがままに行ったので、世界観のことはぶっちゃけわかりません(^^;;

ただ、

  • 壁には一面ぐでたまのイラストが描かれ
  • 店内には ぐでたまのテレビが流れており
  • 料理や飲み物には全て ぐでたまがいて
  • ランチマットにもぐでたまが描かれている
  • 椅子にもこっそり ぐでたまがぶら下がっている

という徹底ぶりでした。

椅子にぶら下がるぐでたま

グッズコーナーもある

レジ前にはちゃっかりとグッズ販売コーナーがあり、「これ欲しい!」という娘のおねだりに負けて、キーホルダーを買ってしまった親バカでございます( ̄▽ ̄)

とにもかくにも、『ぐでたまかふぇ』の中は、大阪の喧騒から離れた異世界のようで、しっかりと“ぐでたまワールド”が展開されていたのでした。

初めての僕にも、とっても楽しい場所でした☆

ぐでたまカフェのグッズ販売コーナー

梅田『ぐでたまかふぇ』レポートまとめ

いかがでしたでしょうか?

こういうキャラクターのお店の本拠地って、てっきり東京だと思っていたので、大阪に『ぐでたまかふぇ』の常設店舗があるというのは、驚きであり大きな喜びでもありました。

それに、実際に娘と一緒に行ってみると……

  • 意外に空いていて
  • 意外に美味しくって
  • 意外に色々なクオリティが高くって

とても楽しい一時を過ごすことができました。

娘もかなり楽しくて興奮したらしく、帰りはスヤスヤと眠りに落ちていました(抱っこしながら帰るの大変だったけど……)。

そんなわけで、ぐでたまのファンなら……いえ、ぐでたまのファンでなくても、梅田の『ぐでたまかふぇ』、ぜひぜひ行かれてみてください!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください