家族全員が不調?!そんなとき効果を発揮した意外な対処法!

家族全員が不調!

娘が風邪をひきました。

さらに、娘の看病を頑張っていた妻が、メランコリー(憂鬱)状態に突入。

妻がメランコリー状態に突入

↑こんな感じで、娘が寝静まった時間、ストーブの前に三角座りをし、どよーーーーーーーん……と落ち込んでいました。

一応、妻の話を聞きつつも、僕自身も昨日からの仕事があって疲れが残っている状態。どうにもこうにも事態が上手く進みませんでした。

つまり、娘の風邪に端を発して、家族全体にネガティブオーラに包まれていたわけです。

なんかもう、『プリキュアアラモード』で闇に落ちた世界のような感じです(プリキュアをご存じない方すみませんm(_ _)m)

この状態から何とか事態を打開しようとするも、妻の口からはネガティブな言葉しか出てこないし、「何を食べたい?」と聞いても「何も食べたくない」と返ってきます。

僕自身も、良いアイディアが浮かぶわけでもなく、元気を出して積極的にご飯を作ろうとするわけでもなく、ただただ妻の話を聞いていました。

完全に行き詰まりました。

どうしようか……?

ですが、打開策はありました。それは……

 

みんなで寝る

 

はい。家族みんな全滅なら、もう誰かが無理する必要はありません。

全員で倒れればよいのです。

誰かが頑張ってご飯を作ろうとするでもなく、ポジティブになろうとするでもなく、

 

とりあえず寝る。

 

これが一番だと判断しました。

そんなわけで親子三人川の字でお昼寝。でも、大人二人は布団の中で起きていたので、色々話をしたり、布団のぬくもりを楽しんだり、ただ単に休むことに集中しました。

そうやって、2〜3時間ほどダラダラすると、娘も起き、三人での会話になりました。

不思議なことに、この頃になると自然と皆の間で笑顔が生まれるようになり、話の内容もポジティブになっていきました。

「何かお話をしてー」と娘が言うので、その場で桃太郎をアレンジしたオリジナルの昔話を即興で作って、話したりしました。

すると……

「あ。数時間前より、格段に体が動く!」

ということに気づき、大人が二人どちらともなくご飯を作り始めました。

いつの間にか、風邪の娘も起きてきて、アンパンマンブロックで一人遊びを始めていました。

そして、ご飯ができると、三人で食卓を囲んで晩御飯。

当初は完全にネガティブで、

「今日の晩御飯は無いんじゃないだろうか?」
「まあ、別に一食ぐらい抜いても死なないから、いいか」

ぐらいの勢いだったのですが、家族全員でダラダラと寝ることで、自然と全員が回復していたのです。

そうして、ご飯も楽しく食べ終わり、後はお風呂に入って寝るだけです。

今回の経験を得て、僕は思ったんです。

「そうかー。家族の誰かが風邪を引くと、他の誰かが頑張らないといけないと思ってしまいがちだけど、実は全員で何もせずに休むほうが良いんだな」

……と。

もちろん、そのときの状況によって変わるでしょうが、「誰かが頑張らないと!」という状況よりも、「誰かがしんどくて、その影響が広がってるんだから、みんなで休もう」という流れの方が、結果的に自然に家族みんなが回復するように感じたのです。

まだ、娘の風邪は治っていませんが、こんなときは誰か負担がかかることなく、むしろ皆で歩調を合わせながら過ごす方が良さそうだと感じています。

風邪のおかげで娘の成長も感じられたので、ある意味、とても良い一日でした(^-^)

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

結婚するならこんな人が良い!

結婚するならこんな人と!僕が妻をずっと好きでいられる理由とは?

最高の自己投資とは?

最高の自己投資とは?自分よりも家族のためにお金を使おう!

プラシーボ効果を越えたスパシーボ効果!

薬の効能は思い込みが大事?!プラシーボ効果を超えたスパシーボ効果!

ある男が一気に不幸のドン底に落ちたので

本物の幸せはどこから来るのか?妻と子どもがいなくなって気づいたこと