子育て

梅田の都市型24時間保育園で一時預かりを利用してめっちゃ良かった件

梅田の都市型24時間保育園を利用しました

先日、梅田のとある託児所に3才の娘を預けました。

その日、妻は東京で友だちと会い、僕は梅田のホテルで『奇跡の朝食』を食すイベントに参加しました。

つまり、夫婦ともに遊びの予定があり、その間に娘を一時預かりしてもらうことになったんです。

ぶっちゃけ、色々な葛藤がありました。

「両親が遊びの用事なのに預けていいのだろうか?」
「僕がきっちり面倒を見るべきではなかろうか?」

という風に。

ですが、「これも経験だ!」「今までやったことのないことをしよう!」と、幾ばくかの罪悪感を抱きつつ、思い切って託児所を利用することにしたのです。

結果、とても良かったので、その様子をレポートしたいと思います♪

3才の娘を一時預かりしてもらいました

今回利用させていただいたのは、梅田駅の徒歩圏内にある『ミントハウス』さん。「都市型24時間保育園」とのことですが、一時預かりでも利用できます。
(『ミントハウス』さんのホームページはコチラ

梅田には他にも託児所や託児サービスがありますが、色々と検討した結果、こちらにお願いすることにしました。

※梅田駅近辺の託児所を探した様子はコチラ↓

梅田で子どもを一時預かりしてくれる託児所は?
梅田で一時預かりの託児所は?時間や料金を比較して調べてみた!梅田で一時預かりの託児所を調べました。 来週、どうしても参加したい食事会が梅田で開催されるのですが、ちょうどその日は妻が一人で外出...

ただ、この記事にも書かせていただいたのですが、「こんなに安くて大丈夫?」「ビルの一室らしいけど、どんなのだろう?」という不安がありました。

ですが、実際に預けて帰ってきた娘の様子を見る限り、とても良かったのです♪

あとで調べたのですが、梅田以外にも難波近隣の託児所を調べてみると、同様に24時間で運営されていて、30分300円くらいの料金設定のところがありました。こういった都市型の保育園は一般的なのかもしれません(僕が知らなかっただけで(^^;;)。あるいは、いま広がりつつあるのかもしれませんね。

リーズナブルな料金に大感謝!

今回、3才の娘を預かってもらったは、平日(月曜日)の朝9時30分〜昼14時30分の5時間。

料金は30分300円(税込)なので、5時間で計3,000円になります。そこに、食事450円(税込)もお願いしました。

ですので、朝からお昼すぎまで面倒を見てもらい、更にお昼ごはんまで食べさせてもらって、合計3,450円……。

「なんてリーズナブルな!!」と大感動でした。

いや、もう……他の託児所はデパート内にあったりして、1時間2,000円以上とかします。それに比べると、めっちゃくちゃ有り難い!! 本当に感謝感謝だったのです。

本当に安心して預けられるか?

「でも、そんなに安くて本当に大丈夫なのか?」と思われるかもしれません。

ぶっちゃけ言うと、若干行きづらいと言いますか……周辺の環境を見てみると、「ここに小さな子どもを連れて行っていいのかな?」「自分で男一人だったら、喜んで行くんだけど……」「少しばかり教育上の問題を考えてしまうかもしれない」といった心理的な抵抗はあります。
(この辺りのことは文章でお伝えするのが難しいので、Googleマップのストリートビューなどで調べていただくのが良いと思います)

また、託児所がある場所も、色々なテナントが入ったビルの一室なので、初めて行くと「こ……こんなところにあるの?!」とビックリするかもしれません(僕は少しビックリしました(^^;;)。

ですが、実際に利用してみると、安心できる点が沢山あったのです。

1.入り口のセキュリティ

まず一番に安心したのは、セキュリティがしっかりしているところでした。

「子ども預かる」となれば当然のことだとは思うのですが、ここがしっかりしているのはやっぱり嬉しいです。

ミントハウスさんは、ビルの一角にありますが、入り口はいつも施錠されています。ですので、中へ入るためには、インターホン越しに顔と名前を伝えます。そうやって確認が出てから、初めて中へ入れる仕組みなのです。

近所の保育園でも似たように、インターホンで顔を確認してから解錠されますが、それと同じですね。……というか、保育園の登園時間とかは人が多くてきっちり確認されないまま鍵が開けられたりするので、実はそこよりもセキュリティがしっかりしていると言えます。

2.保護者の写真を撮ってくれる

次に、子どもを預けるときに、僕と娘の写真を撮影されました。

以前に妻が利用したことがあったのですが、僕が送り迎えをするのは初めてなので、顔を確認して記録するために写真を撮って下さったのです。

こうやって、きっちり保護者の情報を把握してくださるのも安心ですね。

3.食事のメニューがしっかりしている

それと、入り口のところに、今日の食事のメニューが貼り出されていました。

献立の内容が文字でかかれているだけなので、実際の料理を見たわけではありませんが、栄養のバランスに気を遣ったメニューになっていました。

というか、大人の目から見ても美味しそう……。

ぶっちゃけ、最初は「食事450円(税込)」とHPで見ていたので、「もしかして、その辺のコンビニとかから買って来てるんじゃ……」と怪しんでしまっていたのですが、どうやらそれは僕の見当違いだったようです(^^;;(勝手に思い込んで、すみませんm(_ _)m)

後から娘に聞いたところによると、「美味しかったよー」「ぜんぶ食べたよー」とのことだったので、しっかりした食事をいただけたようです。

4.保護者は中には入れない

ただ、保護者が入れるのは入り口のところまでで、子どもたちが遊ぶスペースなどへは行けません。
(あ。でも、特別に見学をお願いすれば行けるのかも? ちゃんとはわからないです(>_<))

玄関で子どもの靴を脱がせて、先生(保育士さん?)に預けたら、そこでバイバイします。

というか、玄関より中はスタッフさんたちの聖域。保護者が立ち入るべきところではないでしょう。それは、物理的な意味だけでなく、精神的な意味も含めて……。

時間内は子どもの面倒は全面的にお任せするわけですから、スペース的な線引もきっちりされていると、逆に有り難いですね。この点でも安心できました♪

5.お迎えの10分前に電話を入れる

最後に、「お迎えに行くときは、10分前に電話を入れる」というルールがありました。

これも、保護者以外の人が行ってしまうのを防ぐことに繋がりますね。

それに、子どもが帰る準備をすることもできるので、こちらが到着するとすぐに出て来てくれました。この点でも有難かったです。

6.スタッフさんたちが好印象

そして何よりも、スタッフさん(先生? 保育士さん?)たちが、「みんないい人!」だったんです。

事前に予約の電話を入れたときもそうでしたし、送り迎えのときも丁寧に笑顔で対応してくださいました。娘も大好きになっていたようでした♪

今まで「セキュリティがどうの」とか「場所がどうの」とか書いてしまいましたが、やっぱり最後は“人”が大事だと思っています。

なので、預けている間、子どもと一緒にいてくださるスタッフさんたちがいい感じだと、やっぱり安心だし信頼できるし、「本当に有り難いなー」と思うんですよね。

最大のポイントである“人”(=スタッフさん)も、ミントハウスさんは素晴らしいと感じたのでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか? もう一度、安心ポイントを整理すると……

  1. 入り口のセキュリティ(いつも施錠されている)
  2. 保護者の写真を撮って、送り迎えする人を確認
  3. 食事のメニューがしっかりしている
  4. 子どもが遊ぶスペースに保護者は入れない
  5. お迎えの10分前に電話を入れる
  6. スタッフさんたちが好印象♪

という感じになります。

これで、30分300円(1時間600円)で一時預かりが可能となると、本当に本当に有り難いです!!

お迎えに行った後の帰り道では、娘は「こんなことして遊んだんだよー」「先生とこんなおしゃべりしたんだよー」と沢山お話しをしてくれました。

彼女も楽しんでくれたようです♪

完全に両親の都合で振り回して、利用することになった託児所の一時預かりでしたが、思い切って預けてみて本当によかったです。

また何かの用事のときには、利用させていただこうと思っています。本当にありがとうございました〜〜〜〜!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください