家族

本物の幸せはどこから来るのか?妻と子どもがいなくなって気づいたこと

ある男が一気に不幸のドン底に落ちたので

妻と娘が出ていきました。めっちゃピンチです。

あ。でも、ケンカしたわけではありません。単に、泊りがけで遊びに出ているのです。

ですが、こうやって他の家族が出て行って、家に一人ぽつんといると、かなりツライですね……。めちゃくちゃ寂しいです。寂しいを通り越して、発狂しそうです。

ここ最近のブログでは、

  • 妻が子どもを外出したらどうなるか?
  • 男が小さな子どもと過ごすにはどうすればいいか?

といったことを書いて来ました。

あわせて読みたい
妻が子どもを置いて外泊
子どもを置いて妻が外出すると夫はどうなるのか?有効な解決策も考えます!今日から妻が一泊二日でお出かけです。 「お出かけ」と言っても実家へ帰るだけですが、その間、我が家では3才の娘と僕の二人暮らしになり...
あわせて読みたい
男性が一人で子どもの面倒を見るためには?
男性が一人で子どもの面倒を見るためには?たった2つの秘訣を押さえよう!「男性が小さな子どもと一緒にいると、激しく消耗してしまう……」 と、昨日の記事で書きました。 https://tsujiba...

こういった流れの中で、

「妻が泊りがけで出て行っても大丈夫!」
「僕一人でも子どもと楽しく過ごせる!」

という状態になっていたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

それが、「妻も子どもも両方出ていくと、すぐにダメになる」ということです。

今回は、そのことについて考察を進めていこうと思います。

 妻と娘がいないと不幸のドン底

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。

大阪の郊外で無農薬のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をさせていただき、家族とも楽しく幸せに暮らさせていただいています。

ですが、今の僕は不幸です。

もう、不幸のドン底です。

冒頭で書かせていただいたとおり、今日は妻と娘が遊びに出ていきました。明日まで帰って来ません。

その遊びに行くときに、僕は車で駅まで送っていきました。旅立つ彼女たちを笑顔で手を振って見送りました。

その時は、幸せでした。

ですが、その後 数時間と経たずして、ドン底にまで落ち切ってしまったのです。。。orz

早くも発狂しそうです

先日の記事『子どもを置いて妻が外出すると夫はどうなるのか?』では、こんな風に書きました。

妻の不在が3日以上続くと、気分がとても落ち込んだり、仕事のパフォーマンスが落ちたりします。普段1時間でできていることが、3〜4時間かかったりするくらいです。時には、発狂しそうにもなります。

そう。“妻”という存在は大きくて、数日間 留守が続くと、発狂しそうになるのです。

それがどうでしょうか?

今の僕は、もう発狂しそうです……。

今朝には楽しく過ごしていたはずなのに、妻と子どもが家からいないだけで、一日と経たずに発狂してしまいそうなのです。

あ。この「発狂」という表現はわかりにくいかもしれませんね。もう少し具体的に言うと……

  • 家にあるお菓子を全て食い散らかしてしまいたい
  • 冷凍庫にあるアイスボール60個入りパックを全部食べ尽くしてしまいたい
  • 家族の衣類ダンスを全部ひっくり返してしまいたい
  • パソコンを放り投げてぶち壊してしまいたい
  • ついでに仕事も趣味も全部放り出してしまいたい
  • 家の窓ガラスに石ころを投げつけて全部ぶち割ってしまいたい
  • バイク運転できないのに盗んだバイクで走り出したい

という、尾崎豊も真っ青な心理状態です。

妻が一人いない状態であれば数日もっていたはずの心が、妻も娘も両方いなくなると瞬く間に“発狂”寸前の状態へと落ち込んでしまったのでした。

本物の幸せは誰かから届けられる

ここで思い出したのは、ある人の言葉です。

ここに書かれてあるように、本物の幸せは誰かから届けられるもの。そのことをめちゃくちゃ痛感しています。

妻と娘がいないと、僕は全く幸せを感じられない!

つまり、逆に言えば、僕はいつも妻と娘から幸せを届けてもらっていた!ということなのです。

だから、彼女たちがいないと、短時間で一気にドン底に落ちてしまったのでした。

ですが、このことによって、「普段の幸せが誰から届けてもらっていたものなのか?」をハッキリ気付くことができたのです。

一人で自由に過ごせるはずが……

ただ、正直なところ、妻と娘が出かける前は、こんなことになるとは思っていませんでした。

「ふふふふふふ。彼女たちが出かければ俺は自由だ」
「一人で自由な時間を満喫することができる!」

と、逆に楽しみにすらしていたくらいです。そして、溜まっていた仕事や確定申告の準備をしようと思っていました。

ですが、その予想や期待に完全に反して、気持ちはだだ下がり。意欲が全く湧かず、仕事も確定申告も全然進んでいません。

もう、なーーーーーーーんにも できません!

「男って……こんなに弱いものなのね?」と、自分の弱さを突きつけられております。

特に、晩御飯などは地獄のようで、いつもは妻と娘とあれこれ話をしながら、時には好き嫌いの多い娘を叱ったりしながら過ごす食事の時間が、見事に「シーーーーン・・・」としていて、その静寂が心に襲って来ました。

食事の時間が、まるで拷問のようでした。

あわせて読みたい
妻が子どもを置いて外泊
子どもを置いて妻が外出すると夫はどうなるのか?有効な解決策も考えます!今日から妻が一泊二日でお出かけです。 「お出かけ」と言っても実家へ帰るだけですが、その間、我が家では3才の娘と僕の二人暮らしになり...

ある意味、↑こちらの記事に書いたことを再確認したのですが、妻と娘がいないことによる喪失感を「これでもか!」と感じている日なのです。

まとめ

……と、これまでツラツラと書いてきてしまいましたが、一体何を言いたいのか、自分で全くわかりません。

「つれづれなるままに」という書き出しで始まる古典『徒然草(つれづれぐさ)』を知ったとき、

「何で目的もなく文章を書けるねん?」
「それが何で名作になっとんねん?」

と意味がわからなくて、憤りに似たものを感じたものでしたが、今の僕はまさに“つれづれぐさ”状態です。

完全に無目的に、心に浮かぶままに、この文章を書かせていただいています。

ただ、『徒然草』と違って、絶対に“名作”となることはない文章なのは確実です。

ですが、それでも今日の記事に何らかの目的を持たせようと思うので、無理やりにまとめると……

  • 今までの訓練によって、妻の外出は平気になった
  • 3才の娘と二人きりで過ごすことも楽しくなった
  • だが、妻と娘が同時にいなくなると、かなり大きなビッグバンインパクト
  • 妻がいなくなると発狂するまで数日かかったが、二人がいなくなると数時間で発狂
  • 「一人になれて自由だ〜♪」ということにはならず、逆にめちゃくちゃ落ち込む
  • これはつまり、普段から妻と娘に幸せを届けてもらっているということ
  • 要するに「家族に感謝しましょう!」ということ

になります。

あなたのご家庭でも、誰かが泊りがけで外出されるときは、十二分にご注意くださいませ!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください