インターネット

ITが苦手な人がまず押さえるべきこと!ウィンドウの使い方とは?

ITが苦手な人がまず押さえるべきこと!ウィンドウの使い方とは?

先日、「ITが苦手になる本当の原因は何か?」という記事を書かせていただきました。

あわせて読みたい
「ITが苦手」の本当の原因と解決方法
ITが苦手になる本当の原因と解決策とは?まずやるべきことはコレ!昨日は、インターネットをお手伝いするお仕事をさせていただきました。 現在、僕は「インターネットで情報発信しよう!」というオンライン...

この記事の中で、「ITが苦手」という人がよく陥る症状として

  • デスクトップ画面にアプリやファイルが大量にある
  • 未読メールが大量にある
  • アプリやウィンドウを立ち上げすぎ!

という3つのポイントをご紹介しました。

この中で、上の「デスクトップ画面」と「未読メール」の2つについては、先ほどの記事で解決法までお話ししたのですが、最後の

「アプリやウィンドウを立ち上げすぎ!」

については説明することができませんでした。

というか、そもそもの話として、「ITが苦手」という人は、この“ウィンドウ”という考え方を掴んでいらっしゃらないように思います。

この“ウィンドウ”があるからこそ、パソコンはすごく便利に使えるのですが、ここの使い方がわかっていないために つまずいていらっしゃるんですね(^^;;

そこで今回は、

  • パソコンのウィンドウとは何なのか?
  • その基本的な操作方法はどんなものか?

についてお話ししていきたいと思います!

パソコンを活用するための超基本ポイント

パソコンを使うために重要かつ超・基本的なポイント。それが“ウィンドウ”なのですが、文章だけお伝えするのが難しいので、動画を作成させていただきました!

ですので、まずはコチラ↓をご覧くださいませ(^-^)

この動画の中では、

  • さっきまで開いていた画面が見えなくなった!
  • 今どんな画面やアプリを開いているのかわからなくなった!
  • 表示する画面が重なって操作ができない!見えづらい!

という場合の対処方法をお伝えしています。

僕のMacの画面を使って説明していますが、Windowsについても考え方や使い方は同じです。

ですが、念のため、大まかなポイントをMacとWindowsに分けて、次から順番に説明していきます!

 ※Windowsの説明へすぐ飛びたい場合はコチラをクリック!

Macでのウィンドウの使い方

ではまず、Macの操作についてポイントを解説していきます!

他の画面がどこかわからない場合は?

次の画面のように「画面いっぱいに一つのアプリが表示されて、他の画面がどこに行ったのかわからない!」ということがあります。

画面いっぱいに一つのアプリが表示されちゃって、他の画面がどこなのかわからない!

こんな場合の対処はすごく簡単で、ひとまずマウスの矢印を画面の上部に持っていってください。

すると……

マウスの矢印を画面の上部に持っていくと、画面を縮小するボタンが表示されます。

こんな風に、Macの場合だと、左上に緑色のボタンが表示されます。

この緑ボタンは全画面表示を切り替えるためのボタンなので、ここでは「画面を縮小する」を意味します。表示を見ても「小さくなるよー」という矢印が出てますよね?
(アプリによっては、このボタンの位置が右上だったり、色が違ったりすることもあります。ですが、こんな感じで縮小のボタンは出てきます)

なので、この縮小ボタンを押せばOK! そうすれば……

全画面表示が終わり、画面が縮小されて、他の画面やアプリを確認できます

全画面表示が終わり、画面が縮小されて、他の画面(ウィンドウ)やアプリを確認することができます。

迷子になったときの必殺ボタン!

ですが、これでもわかりにくい場合は、キーボードに必殺のボタンがあります!!

キーボードの一番上にある「F3」のボタンを押せば、ウィンドウの一覧が表示される

キーボードの一番上にある、このボタンです!

多くの場合「F3」と書かれていて、いくつかの四角形マークが描かれていると思います。この“四角形マーク”がウィンドウを表しているんです。

つまり、このボタンを押せば、いま開いている画面(ウィンドウ)が全て、一発で表示されるんですね。

こんな感じで、いま開いているウィンドウが全部表示されます

↑こんな感じです。

こうすれば、行方不明になっていた画面がどこにあるか、一目でわかりますよね?

ですので、「画面がどこに行ったのかわからない」「さっき開いていたアプリに戻れない」という風に困った場合は、さきほどのボタン(F3)を押してください!!

そうすれば、すぐに迷子は解消されるはずですから(^^)

ウィンドウのサイズや位置は自由に変更できる

そしてそして、最も大切なポイントは、「ウィンドウのサイズは、自分の好みに変更できる」ということです。

方法はとっても簡単で、ウィンドウの端にマウスの矢印を当て、そこでクリックしたまま動かす、というだけです。

ウィンドウのサイズはマウスで掴んで動かせば、自由に変更できます。

また、サイズだけではなく、位置も変更することができます。

この方法も簡単で、ウィンドウの上部にマウスの矢印を持っていき、そこでクリックしたまま動かす、というだけ。

ウィンドウ上部をクリックしたまま動かすと、位置を変更できます

ただ、この辺りの操作は写真ではわかりにくいので、念のため、動画に戻って確認しましょう!

※下記の再生ボタンを押すと、サイズと位置変更の説明から再生されます。

以上が、Macでのウィンドウの使い方ポイントになります(^-^)

Windowsでのウィンドウの使い方

では次に、Windowsでの操作方法をご紹介していきます!

他の画面がどこかわからない場合は?

まず、「画面いっぱいに一つのアプリが表示されてしまった」という場合。これはWindowsの方がわかりやすいと思います。

単に、右上にあるボタンを押せばいいだけですから。

あるアプリが画面全体に表示された場合は、右上のボタンで縮小できます

こちらの画像のように、右上に窓を描いたマークがあるので、そこをクリックすればOK!

すると、画面が縮小表示されます。

画面が縮小されると、他のウィンドウを見つけることができます

こうすれば、他のウィンドウを見つけることができますよね?

迷子から抜け出す必殺技「タスクビュー」

ですが、これでもわかりにくいという場合は、画面下部にあるボタンの中から、一番左にあるボタンをクリックしてください。

「タスクビュー」のボタンを押すと、ウィンドウの一覧が表示されます。

この機能を「タスクビュー」と言いますが、この「タスクビュー」のボタンを押せば、今開いているウィンドウが一覧で表示されるのです。

この表示を見れば、どんなウィンドウが開いているのかが一目でわかりますし、表示させたい画面へ簡単に行くことができます。

ですので、「迷子になった場合は画面の一番下の左のボタン!」と覚えておいてください♪(できれば、「タスクビュー」という言葉と一緒に)

ウィンドウのサイズや位置は自由に変更できる

そしてそして、Macと同じく、Windowsの場合もウィンドウのサイズや位置を自由に変更できます!

ウィンドウのサイズや位置はマウスで自由に変更できます

操作方法は簡単で、ウィンドウの端っこにマウスの矢印を当てて、そこでクリックしたまま動かすだけです。

そうすれば、自分の好みのサイズにウィンドウを変更することができます!

もちろんながら、位置も変更できて……

ウィンドウ上部をクリックしたまま動かすと、ウィンドウの位置も変更できます

こんな風に、ウィンドウの上部をクリックしながら動かすと、ウィンドウ全体も移動させることができます。

つまり、サイズも位置も、自分の好みに変更できるということですね。

この機能を活用すれば……

左で動画を開きながら、右側で作業ができたりします。

こんな風に、左の画面で動画を見ながら右側で作業をする、といったことが可能になります。

要するに、画面(ウィンドウ)の配置は、パソコンが表示させるままではなく、自分の意思や好みによって自由自在にコントロールできるということです。

まずは、ここを押さえていただければと思います!!

まとめ

いかがでしたでしょうか? MacとWindows両方の使い方に説明してきましたが、そんなに難しいことではないと思います(^^)

というか、全て直感操作でできてしまうことです。

「ITが苦手」という人は、こういった基本的なことを知識として知らなかったり、「直感操作でいい」ということが感覚的にわかっていないため、「ITって難しいんだ……」という先入観が働いていることが多いです。

そして、その「難しい」という先入観のために、余計な難しいことを考えてしまって、余計な操作をし、余計な迷路にハマってしまうんですよね(^^;

もっと素直に、そのまま操作すればいいだけなのに……。

ですので、迷った場合こそ、「シンプルに操作してみる」「基本に立ち返る」ということをオススメします!

そして、その“基本”となるのが、ウィンドウの考え方と使い方ですので、今回の内容をぜひご参考になさってください。

あなたがパソコンをより便利により楽しく使えるように、少しでもお役に立てれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください