失敗しない仮想通貨の選び方とは?僕がc0ban(コバン)を始めた理由

失敗しない仮想通貨の選び方とは?

先日、仮想通貨に関するイベント(セミナー+座談会+交流会)に行ってきました。

そのときに、「そうか! 仮想通貨って、こういう風に選べば良いのか!」と気づいたのです。

あ。でも、今から書く内容は、仮想通貨に興味を持たれている方のほとんどにとって、役に立たないものだと思います(^^;;

なぜなら、僕の考えは「お金を儲けること」は完全に度外視だから。

ですので、「仮想通貨で稼ぎたい」「美味しい通貨を知りたい」という方は、ここでページを閉じてくださいm(_ _)m

ただ、今回お伝えすることを踏まえることで、“結果的に”お金がやってくる可能性はあります。

そのことを踏まえた上で、お読みいただけたら幸いです。

 仮想通貨には詳しくないけれど……

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で無農薬のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

そんな感じで、「古き良きものを大切にしながら、新しいことも取り入れていこう!」というのが僕のライフスタイルなのですが、先日は仮想通貨に関連したイベントに行ってきました。


こちらにある『これからの緩やかなお金の流れ~VALUと仮想通貨』というイベントです。

ぶっちゃけ、僕は仮想通貨(暗号通貨)に全然詳しくありません(^^;;

今まで使ったことがあるのは、『VALU』というSNSのためにビットコインを購入したくらいで、「仮想通貨のトレードで儲ける」とか「保有し続けて値上がりを狙う」とかには取り組んだことがないのです。

というか、興味がありません。

それよりも、自分の仕事をして、誰かに喜んでもらってお金をもらう方が、よっぽど楽しいですから(それに何より、リスクも少ないですし)。

ですが、今回のイベントに参加して、

「おお! 仮想通貨って面白い!!」
「こういう仮想通貨なら持ってみたい!!」

と思うことができたんです(^-^)

仮想通貨を選ぶポイントとは?

では、今回のイベントで気づいた、仮想通貨を選ぶポイントとは何なのか?

それは、「その仮想通貨をつくった人の理念に共感するかどうか?」ということです。

「理念? は? 意味わからん」
「そんなの、持つ理由に全然ならへんやろ?」
「理想論ばっかりで、金が儲からんかったら意味ないやん!」

と思われるかもしれません。

そういうことであれば、ここからの話はお役に立てないので、どうぞページを閉じてくださいm(_ _)m さっきもお伝えしたとおり、僕は仮想通貨のことを全然知らないですし、これから思いっきり“シロウトの理想論”を語っていきますので。

ですが、少しでも興味を持ってくださったり、「どういうこと?」と思ってくださったのであれば、この先もお付き合いください(^-^)

インパクトを受けた仮想通貨の話

さて。今回のイベントでは、主にお2人の方のセミナーが目玉になっていました。

お一人目は、『VALU』を立ち上げられた小川代表。そして、もうお一人は『c0ban』という日本発の仮想通貨を生み出された、株式会社Last Rootsの代表取締役 小林慎和氏でした。

最初の小川さんの話については、こちらの記事にまとめました↓

VALUイベントに参加して学んだVALUを活用する最大のポイント
昨日、梅田で開催されたVALUのイベントに行ってきました。 『VALU』というのは、2017年に開始された、ビットコインを使って個人の価値...

ですので、今回は小林さんのお話について書かせていただきます!

 お恥ずかしながら・・・

……が、お恥ずかしいことに、僕は『c0ban』のことも小林さんのことも、イベントまで存じ上げなかったんです(^^;;

このイベントには、あくまで「VALUで繋がった人に会えるから〜♪」という軽い気持ちで参加していたんです。

ですが、個人的には、小林さんのお話が一番インパクトが大きかったです。

 ブロックチェーンを日常に

どんなことにインパクトを受けたかというと、『c0ban』を生み出された目的でした。

ブロックチェーンを日常に

これが、小林社長が『c0ban』という仮想通貨を作り出した理由であり、現在 普及を進めていらっしゃる目的だという話をしてくださったのです。

「理由」とか「目的」というより、「理念」とか「想い」と受け取った方がいいかもしれません。

つまり、『c0ban』という仮想通貨はあくまでも“手段”であり、その根底にある“理念”(目的、想い、動機)は、「ブロックチェーンという技術を、一般の人に広げること」になるのです。

ブロックチェーンとは?

……と、ここで「ブロックチェーンとは何か?」という話をしないといけないですね(^^;;

「ブロックチェーン」という言葉を聞くと、現実にある鎖(チェーン)とか、工事現場にあるブロックを思い浮かべられるかもしれません。

ですが、全然違います。

ブロックチェーンというのは、コンピュータ世界の用語で、インターネット上の世界で稼働する ある仕組みを指します。

ブロックチェーンは、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである。

Wikipedia「ブロックチェーン」から引用

と、Wikipediaには書かれています。

初めて聞く方には意味不明だと思いますが(ぶっちゃけ、僕も理解できたわけではないですが)、まずは「インターネットやコンピュータを使った革新的な技術」というところを押さえていただければ良いかと思います。

いま話題になっているビットコインなどの仮想通貨も、このブロックチェーン技術を元にして動いています。

 ブロックチェーンは革命を起こす

小林さんの会社『LastRoots』のホームページにも、

「ブロックチェーン技術」とは、難しい言葉で言うと分散型台帳技術または、分散ネットワークによる相互承認機能と表現できます。

もう少しわかりやすく解説すると、取引台帳をみんなで共有し、互いに監視しあうことによって、不正なやり取りを防ぐ技術です。1つの取引が発生すれば、世界中で台帳を保管しているすべてのコンピューター(ノードと呼ばれます)で、情報の更新が行われます。それらが、相互に通信し、その取引を記録し、正しいものであるかどうかを判定します。 台帳を保存しているコンピューターは、皆さんでも買えるような普通のコンピューターですが、それがネットワーク上に数万台、数十万台、いえ、数百万台と繋がることで、極めて強固で安全な取引システムが構築されるのです。

https://www.lastroots.com/message/より引用

という説明があります。

そして、今回のイベントで小林さんは、

「このブロックチェーン技術は、農業革命→産業革命→インターネット革命の次に来る大きな革命」

と語っていらっしゃいました。

つまり、ブロックチェーンという革新的な技術は、僕たちの生活や価値観を一変させるものということなのです。

ブロックチェーン技術を実感できる形に

ですが、先ほどのWikipediaの説明を見ても、おそらく小林さんの説明を見ても、何がどう革命なのか?多くの人はわからないでしょう。

少なくとも、「ブロックチェーンは革命だ!」と実感とともに理解できている人は、ごくごく少数のはずです。

僕も、さっぱりわかりません( ̄▽ ̄;;;

ですが、小林さんはホームページで、こう語っていらっしゃいます。

例えば、
お金を送金するときに手数料が今の10分の1になったらどうでしょうか?
お金を友達に手渡すときに、スマートフォンをお互いが振るだけで出来たらどうでしょうか?
災害の時にちょっとした気持ちを送りたい。1円を今すぐに、その現場に送ることが出来たらどうでしょうか?
しかも、これらが日本国内だけでなく、世界中どこにいても、瞬時に行えるとしたら、どうでしょうか?

今よりもっと便利に、もっと自由に。

https://www.lastroots.com/message/より引用

つまり、小林さんにとっては、ブロックチェーン技術が世界に革命を起こすという確信があり、人々の暮らしをもっと便利に、もっと自由にする流れを作りたい、と考えていらっしゃるのです。

そして、その“手段“として、『c0ban』という仮想通貨を開発しスタートさせた、とのことでした。

実際に『c0ban』を始めてみた

この話を聞いて、僕は感動しました。

ブロックチェーン、それは、新しい技術であり、新しい世界です。まだ制度が未整備な部分も多くあるでしょう。しかし、私達が目指すものは、制度の抜け穴を突くことではなく、この革命的な技術を活用して、便利で、利用者の方に感動を与えるサービスを開発することです。 この技術が利活用される社会的な仕組み作りにも積極的に参画していきたいと思っています。

私達は、安心安全で、便利な「ブロックチェーン技術」を活用した新・仮想通貨を構築・運営し、私達のお客様に感動を与えたいと思っています。

https://www.lastroots.com/message/より引用

とホームページにあるとおり、小林さんの話を聞くだけで、僕は感動してしまったのです。

  • 「ブロックチェーンを日常に」という理念が好き!
  • その活動に、自分も関わってみたい!
  • だから、この『c0ban』という仮想通貨を持ってみたい!

と思い、さっそく『c0ban』の取引所に登録しました。

でも、『c0ban』へのリンクは張りません

あ。でも、ここではc0ban取引所へのリンクは張りません。

正直なところ、まだ『c0ban』がどんなものか自分ではよくわかっていないですし、今回 僕が『c0ban』に登録した経緯は、あくまでも僕自身の個人的なケースだからです。

なので、ご興味を持たれた場合は、ご自身で検索して調べてください。

選ぶ動機や基準は人それぞれ

おそらく、何か新しいことを始めるときって、ひとりひとり動機や根拠が違うと思います。

仮想通貨を始めるにしても、僕のように「話を聞いて感動したから」という人もいれば、やっぱり「将来的に儲かりそうだから」という理由の人もいるでしょう。だから、選択するときの経緯や理由や手順は、ひとりひとり異なるはずなのです。

ただ、今回 僕がお伝えしたいのは、

「仮想通貨を選ぶにしても、その根底に流れる理念(目的、想い、動機)を知ることが大事なのではないか?」

ということです。

根底にある理念を共有しておく

で。実際に『c0ban』を始めて感じているのは、「うわー。なんか地味……」というものです(←オイオイ(^^;;)。

こちらの動画にあるとおり、『c0ban』には専用の広告動画ページがあり、そこにある動画を見ることで、保有額を少額ずつ増やしていくことができます。

もちろん、他の仮想通貨のようにトレードが出来たりもするようなのですが、前面に出ているのは、「動画を見ることで稼げる(少額だけど)」というものなのです。

ぶっちゃけ、他の仮想通貨に比べて地味です(^^;; ビットコインなんかは、一日の間に何十万円単位で値段の変動があったり、一ヶ月の間に2倍になったり半額になったりと、めちゃくちゃダイナミックですから。

理念が反映された仕組みになっている

ただ、こうやって「動画広告と仮想通貨を結びつける」というところにも、理念が貫かれているように感じました。

先ほどあったように、小林さんの理念は「ブロックチェーンを日常に」であり、そのために“動画”という媒体と結びつけるのは非常に有効だと感じたのです。YouTubeに代表されるように、動画は今や、人々の日常生活に深く浸透していますから。

「そうかー。『動画を見れば稼げる』って一見地味だけど、『日常に広める』っていう理念を反映しているだなー」

という風に感じたのです。

つまり、何が言いたいかというと、

「根底にある理念を共有していれば、表に見える手段や数字に振り回されない」

ということです。

他の仮想通貨も同じなのでは?

これは、他の仮想通貨に関しても同じだと思います。

詳しく調べていないので確かではないですが、今ある数々の仮想通貨にも、それが生み出された目的や動機や経緯があったはずです。『c0ban』の「ブロックチェーンを日常に」と同じように、何らかの理念が根底に流れているはずなのです。
(もしかしたら、そういったものが無い通貨もあるかもしれませんが……)

であれば、その理念(目的、動機、想いなど)を知った上で選ぶのが、一番 失敗が少ない方法なのではないでしょうか?

ぶっちゃけ、素人目で見ていても、どんな仮想通貨も値段が大きく変動します。そして、ずっと存続するという保証もありません。いつか消える可能性だってあるわけです。

また、先ほどの『c0ban』のように、「動画と連動している」という特殊な仕組みだったり、まだまだ世の中に広まっていないケースもあります。

ですが、

  • その仮想通貨が、どんな動機と経緯で生み出されたのか?
  • その仮想通貨が広まることで、世界にどんなことが起きるのか?
  • その仮想通貨は、将来的に何を実現することを目的にしているのか?

といった根底の部分がわかれば、表に出てくる手段や値動きはどうだってよくなります。

収益ではなく「理念に合致するか?」が価値基準

むしろ、そういった値段の変動は些細なことになり、その仮想通貨を持つのが「きちんと理念を実現する方向へ向かっているかどうか?」だけが判断基準になります。

まあ、要するに、めっちゃわかりやすく言ってしまうと、

  • お金儲けを目的にしたら、失敗する
  • それよりも、根底にある理念や目的に目を向けた方が、失敗が少ない

ということです。

むしろ「失敗か?成功か?」という概念すら無くなるでしょう。

だから僕は、未だ制度や事例が確率していない仮想通貨の世界では、「根底にある理念を判断基準にすべき」だと考えるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たぶん、ここまで読まれた方はごく少数なのではないかと思います。だって、「仮想通貨」と言えば、「稼ぐため」とか「どれだけ値上がりするか?」にフォーカスする人がとても多いので(^^;;

ですので、ここまでお読みくださって、本当にありがとうございます!!

もう一度、この記事でお話ししてきたことをまとめると……

  • 仮想通貨を選ぶポイントは、仮想通貨をつくった人の理念に共感できるかどうか?
  • その仮想通貨が生み出された動機や経緯を知ることが大事
  • そして、そこに自分が共感できるかが大事
  • 実際に、仮想通貨を保有したなら、表面上に現れる値動きや手段には振り回されない
  • あくまでも、「理念に合致する方向へ向かっているかどうか?」で価値を判断する

ということになります。

これから仮想通貨はどんどん広がっていくと思いますが、こういった自分を軸とした判断基準を持っておくのが良いと思います。そうすれば、大きな失敗をすることなく、自分の人生により良い形で、仮想通貨と付き合っていくことができるでしょう。

あなたにとって、この考え方が少しでもご参考になれば幸いです(^-^)

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!!

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

ツクヨミノミコトの謎に迫る!

月読命(ツクヨミノミコト)の謎に迫る!古事記に登場が少ない真の理由とは?

VALUと仮想通貨の所得計算を頑張ってみた!

VALUと仮想通貨の所得計算を頑張ってみた!大切なのは日本円を基準にすること

『HUGっと!プリキュア』を大人が楽しむ方法

『HUGっと!プリキュア』を大人が楽しむ方法!時代の変化をキャッチしよう!

ビットコインの値動きの真相とは?

ビットコインの値動きの真相とは?急激な騰落のウラにあるもの

蛍光灯の色の種類は?

蛍光灯の色の種類って?失敗しない選び方と意外に楽しい裏ワザとは?

ケンタッキーフライドチキンは好きだけど油のベタベタが嫌なのをどうすべきか?