幸せのカギは“何をするか”ではなく“誰といるか”?やっぱり妻を大切にしたい!

幸せのカギは“何を”ではなく“誰と”?

「幸せになる鍵は、“何をするか”ではなく“誰といるか”にある」

こう書かれた本を読みました。

かなり衝撃でした。

なぜなら、今までの人生で、僕は“何をするか?”ばかりを追いかけてきたら。

  • 小学校ではテストで100点を
  • 中学校では部活で良い成績を
  • 高校では良い大学を目指して
  • 大学では良い会社に就職を
  • でも、優等生のレールは嫌だから、声優を目指して
  • その夢が破れたら、次は資格を・・・

という風に、「“何か”を得ること」や「“何か”になること」ばかりを考えていたんです。

ですが、正直なところ、それでは幸せにはなれませんでした。

たしかに、その目標を達成して、充実感と満足感を得ることはできます。でも、それはあくまでも一時的なもので、「本当に幸せだったか?」というと、全くそうではありませんでした。

むしろ、その“何か”を得たあと、虚無感や徒労感が襲ってくることの方が多かったです。

「なんで、僕はそれを求めてたんだろう?」
「確かに望むものは手に入ったけど、結局何をしたかったんだろう?」
「この“何か”を得ることに、何の意味があったんだろう?」

当時はこんな風に言葉では考えませんでしたが、心のどこかでぼんやりとこう感じていたのです。

そして、今回ハッキリとわかりました。

  • 「“何かを得ること”では幸せになれないんだ」
  • 「“誰といるか”が一番の鍵なのだ」
  • 「そして、その“誰か”にどうなってもらいたいのかが、本当に大切だ」

ということが。

 「誰といるか?」が本当に大事!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をさせていただいています。

昨日までは確定申告の準備のためにバタバタしていましたが、それも一段落したので、今日は妻と娘(3才)と一緒にショッピングセンターへお出かけしています。

今は、妻と娘がオモチャ屋さんへ行き、僕は一人でカフェにいて このブログを書いているのですが、こうやって家族と過ごしていると、

「“誰といるか?”が本当に大事だなー」

と実感します。

教えてくれたのは神社の本

冒頭でご紹介した、この「誰といるかが大事」というのを教えてくれたのは、こちらの本です。

『神社ノート』というタイトルのとおり、メインテーマは「神社について」なのですが、本編の最初の部分に、「“誰といるか”が幸せのカギ」ということが書かれてあったのです。

ぶっちゃけて言ってしまうと、僕はまだ この本の途中までしか読んでいません(^^;;

ですが、この最初のメッセージだけで、めちゃくちゃ大事なことを学ばせてもらったと思うのです。これだけで、もうお腹いっぱいなくらいに。

“何か”では幸せになれなかった

先ほどお伝えしたように、僕はずっと“何かを得ること”ばかりを求めて生きてきました。

そして、学生時代はもちろんながら、大人になってからも、会社に勤めてからも、会社を辞めて自分で事業をするようになってからも、“何か”を得ることばかり考えて来ました。

それは、知識であったりスキルであったり、モノであったりお金だったり、経験だったり学びだったり、何か自分の手元に残る(と思われる)ものです。

どうやら僕は昔から頑張り屋さんなようで、“何か”を得ようとすると、その目標に向かって夢中で頑張ってしまいます。時には、寝食を忘れてしまって、妻に嫌な顔をされてしまうくらいです(^^;;

でも、それでは全然幸せになれませんでした。

“誰と”を蔑ろにしていた

知識やノウハウを得ても、お金やモノを得ても、経験や学びを得ても、本当に幸福感を感じられるようにはならなかったのです。

その原因は、本に書かれていたとおり、“誰と“を大切にしていなかったからです。

というか、いま「妻に嫌な顔をされるくらい、“何か”を得ようと頑張った」というのは、完全に“誰と”を蔑ろにしていますよね?(^^;;

一番近くにいる存在の妻の気持ちを、無視してしまっているのですから。

「そうか。だから、僕は本当の幸せを感じられなかったのか!」

そんな風に気づいたのです。

自分が大切にしたい人は?

実は、この本に出会う前から、「今年は家族と一緒に過ごす時間を大切にしよう!」と思っていました。

「“誰といるか”が大切」と言っても、一緒にいる相手はもちろながら人それぞれです。

ですが、僕にとっては「やっぱり家族が大切!」という感覚があったので、

「僕にとって一緒にいたい相手は、妻と娘!」

と思っていました。

特に今年は、妻が喜んでくれるように動いていきたいなー、と思っています。

というのも、ここ数年、妻のおかげで僕は、たくさん成長することができたからです。

妻のおかげで

先ほど、「僕は“何を得るか”ばかりを求めていた」という話をしましたが、ここ数年は特に、インターネット関連の知識やノウハウを身につけることを頑張って来ました。

以前から取り組んでいた農業だけでは上手くいかなかったため、自分が好きなインターネットを通じて仕事ができるようになりたい、と色々なことを学んだのです。

具体的には、アフィリエイトだったり、メルマガだったり、ビジネスのコンサルティングだったり、コミュニティ運営だったり、ネットでビジネスするためのあらゆることです。

そして、そういった学びを後押ししてくれたのは、他でもない妻でした。

最初、僕が「インターネットを使った仕事のノウハウを学びたい」と言ったとき、妻がスタートの資金を出してくれたのです。

“何か”は“誰と”があって効果を発揮する

この記事では「幸せの秘訣は“何か”ではない。“誰と”が大切だ!」ということをお伝えしていますが、“何か”が全く無意味だということではありません。

ここ数年で、“何かを得ること”を頑張ったおかげで、僕自身は成長できたと思っています。

そして、自分なりの仕事のスタイルも見つけられるようにもなりました。

だから、“何か”を身につけることを否定しているわけではないのです。

ただ、“何か”を身に着けたのであれば、それを“誰か”のために使うことが非常に大切だと思っています。

“何か”(知識や経験やノウハウやモノ)を得られたとしても、それを自分の中だけで留めていれば、自己満足に過ぎません。それでは幸福感は感じられません。

そうではなく、“何か”を身に着けたのであれば、それを“誰か”のために使うことで、その相手に喜んでもらうことができ、それが社会のためにもなり、結果的に自分自身にも幸福をもたらしてくれるのです。

そして、僕にとって“何か”を使う相手は、妻なのです。

“誰と”を大切にした結果

先ほどお伝えしたように、妻は僕が“何か”を身につけるための最初の一歩を後押ししてくれました。

あれからもう3年以上の月日が経ってしまいましたが、彼女のおかげで僕は沢山のものを得られたので、そのお返しをしたいと思うのです。

それに、僕にとって妻と一緒にいることがとても心地が良く、幸せを感じられる瞬間でもあるので、彼女の笑った顔をもっと見ていたいと思うのです。

だから、僕にとっての“誰といるか”は、まず妻であり、その次に娘が来て、そしてその後あたりに両親がやってくるような感じなので、妻に喜んでもらうことを最優先にしています。

そして、そうやって実際に動いてみたところ、今年に入ってから色々な良いことがありました(^-^)

仕事がスムーズに進むようになったり、新しい出会いがあったり、自分のブログを評価してもらえたり……今まで“何か”ばかりを追いかけていたときには叶わなかったことが叶っていたりします。

だから、人生にとって大切なのは“誰と”であり、自分にとって大切な人が喜ぶことを最優先にすることが大切なのだと感じるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後は僕の個人的な話になってしまいましたが、「あなたにとって大切な人は誰か?」を考えながら読んでいただけたら嬉しいです(^-^)

もう一度、ポイントをまとめると……

  • 人生にとって大切なのは、“何を得るか”ではなく“誰といるか”
  • “何か”を得ることばかりを頑張っても虚しいだけ
  • 「誰と一緒にいたいのか?」「その人にどうなってもらいたいのか?」を明確にすることが、自分にとっても幸せのカギ
  • だからといって、“何か“が無意味ということではなく、身につけた“何か“を“誰か”のために使うことで、より効果的になる
  • 自分にとって一番大切な人が喜ぶことをしよう!

となります。

今の時代はどうやら“何かを得ること“に疲れた人が多いように思います。

過去は“何か”が重視されて、それで幸せになることもできたのでしょうが、時代の変化によって、それが通用しなくなりました。

ですから今こそ、「自分が誰と一緒にいたいのか?」「その人にどうなってもらいたいのか?」という“誰と”に、目を向けるべきだと思うのです。

そのことを気づかせてくれた『神社ノート』にはめっちゃ感謝ですし、あなたにとっても少しでもご参考になるところがあれば幸いです。

あ。『神社ノート』、最後まで読まなきゃーーーーー

農マドのSNSをチェック!

辻林秀一プロフィール
日々の出来事や考えはTwitter・Facebookでも発信しています。
よかったらつながりませんか?

Twitterもチェック Facebookもチェック
※Facebookのお友達申請は「ブログ見ました」とメッセージいただけるとスムーズです。

関連記事

手をつなごう

夢や目標は持たない方がいい!人によって異なる幸福のタイプとは?

人に教える効果的な方法

人に教える効果的な方法は自分の○○を見せること

「お金が好き」というのは悪

金銭を愛するのは悪いこと?!「お金が好き」の本当の意味とは?

値段の安いものを買ってはいけない?

値段の安いものを買ってはいけない?購入を決断するためのポイントとは?

個性を大切さをプリキュアが教えてくれた

自分の本当の個性を見つけるには?プリキュアが教えてくれたこと

個性を発揮する時代へ

個性を発揮する時代へ!暗い社会に光を照らす方法とは?