ブログ運営法

ブログで本音を発信するには?実は守破離に沿うのがコツ?!

ブログで本音を発信するには?

「ブログで本音を発信するには、どうしたらいいのかなぁ?」

妻とそんな話になりました。

僕は、インターネットでの情報発信をサポートする活動をさせていただいているのですが、その中でなかなか発信に踏み切れない人がいるからです。

ただ、ぶっちゃけ“本音”を言ってしまうと、「発信できない」「本音を言えない」ということが僕にはサッパリわかりません( ̄▽ ̄)

だって、リアルの世界で本音をなかなか言えないからこそ、インターネットの世界があるわけだし、ネットの世界なら匿名でだって発信できます。それに、僕がオススメしているのはWordPress(ワードプレス)というシステムを使ったブログですが、ワードプレスだと初期の頃は見に来てくれる人なんていなくて、何を言ってもほぼリスクがないからです。

「こんなに楽しいのに、ネットで発信せーへんとか意味がわからへんなぁ」
「本音が言われへんとか、誰も見らへんのに何を恥ずかしがってんねやろ?」

と、かなりダークな僕が出てしまったのですが、

「いやいや。これではいかん」
「他の人の視点も入れねば」

と思って、妻の意見も聞いてみたのです。

すると、妻いわく

「そんなの、いきなり本音を言えるわけないじゃん!」
「ネットに出すってことは、誰かに見られる可能性はやっぱりあるよね?」
「本音を発信するって、いきなり誰でも見える屋外にパンツ干すみたいなものじゃん!」

という意見が返って来たのです。

「パンツかよ……」と少し苦笑してしまったのですが、妻の話を聞くに納得はできます。

そして、そこから「じゃあ、ブログで本音を発信するには、どうすればいいのか?」を妻と話し合いましたので、その結果を書いていきたいと思います!

 自分での発信が大前提!

当ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連のお仕事をさせていただいています。

「インターネット関連の仕事」というのは、ホームページやブログなどウェブサイトの作成や、その運営のサポート、そして、サイトを持たれた人が発信するためのお手伝いなどです。

ただ、サイトを持つというところまではできても、その先にある

  • 自分の考えをホームページにまとめる
  • 日々感じることをブログに書いていく

ということが出来ない方が、結構いらっしゃったりします。

ホームページにしてもブログにしても、実はここが最も大切な部分です。ぶっちゃけ、見た目とかは副次的なものであって、こういった“中身”(コンテンツ)によって、サイトの質が決まるといっても過言ではありません。

なぜなら、サイトを訪れる読者さんは、何かしらの情報を求めていたり、自分と共感する人との出会いを求めているからです。ですので、どれだけ綺麗なウェブサイトであっても、中身が書かれていなければ意味を為しません。

そして、何より重要なのは、これはサイト所有者さん本人にしかできないということです。

逆にこれは、ジレンマでもあります。どれだけお手伝いしたくても、ホームページに表現する内容をまとめたり、日々のブログを書くことは、僕にはできないですから(^^;;

ただ、サイト作成のお手伝いをしても、そうやって継続的な発信ができないケースが一定数あるのです。

 本音を発信すると目標に近づく!

さらに、もっと言うと、「本音を書けない」という人が結構いらっしゃったりします……。

どうして本音が大切なのか? 身も蓋もなく言ってしまうと、本音の発信なしで成功してる人なんていないから、です。

インターネット上で有名になられた人だったり、ブログで収益を得られるようになった人だったり、ネットを活用してビジネスをされている人は結構いらっしゃいますが、その多くの方が自分自身の本音をどんどん発信していらっしゃいます。

もちろん、それによって批判もあったり、アンチと呼ばれる人も現れるケースもありますが、自分が本当に言いたいことを包み隠さず言うことによって、それに共感してくれる人と出会うことができ、それによって活動を加速させているのです。

あるいは、「自分はこれがしたい!」と素直に発信することで、目標達成の手伝いをしてくれる人と出会えたりもします。

実際、Twitterでつながった方が、ブログで夢を語ることで実現しやすくなったと話されていました。

こんな風に、「本音を発信する」というのは、自分の望む出会いを呼んだり、自分の夢への進度を加速させてくれるものなのです。

 本音を発信する鍵はテンプレート?!

ですが、冒頭でお伝えしたとおり、本音をなかなか出すことができないケースがあります。

僕の妻も、躊躇してしまうそうです。

ですが、妻と話し合って、本音を徐々に出していく方法を見つけました。それは……

まずはテンプレートに従って書く

というもの。

「へ? テンプレート?」「それって全然、本音じゃないやん!」と妻に突っ込んだのですが、実は、こういった

  • どんなことを書けばいいのか形式的に決まっていること
  • どんな風に書けば、見栄えが良くなるのかがわかっていること
  • それに従って書けば、批判や恥になる可能性が少ないもの

があると安心する、ということなのです。

「いやいや。でもさ、そんな安心はできても、尖った発信にならへんから、共感してくれる人が集まらへんやん?」と僕は聞きました。

ですが、それでいいのだそうです。なぜなら、

「だって、最初にそうやって形式にハマったものを書いていって、それがブログの中に貯まれば、自信がついてくるじゃん?」

「そして、そうやって外堀が埋まった状態になれば、安心感と自信を持って本音を言えるようになると思う」

「土台や環境が整った状態になって、パンツ干せると思う!!」

ということだからだそうです。

「なるほどー。つまりは、いきなり本音を発信しようとするのが間違ってるんやね?」と、僕の中でも納得できました。

つまりは、「本音を発信する」というのは一足飛びにできるものではなく、きっちり段階を追うことで出来るようになるものなのです。

 型を守るからこそ個性や本音が出せる

そういえば、僕の今までの経験でも思い当たることがありました。

僕は以前、ブログでの書き方を学ぶコミュニティに参加していたことがあります。そこでは、ブログ内に広告を掲載してお金を稼げるようになることを目指していたのですが、そのときの一番のポイントは「個性を発揮すること」でした。

他の人にはない自分だけのキャラクターや主張を発信していくことで、ファンが増えてアクセス数が伸びます。また、検索エンジンも「これは他にはない情報だ」と評価してくれ、検索上位に上げてくれる確率が上がります。結果、広告収入も上がるという理論だったのです。

つまり、アクセス数やお金を稼ぐ秘訣も、「個性を出すこと」「本音を発信すること」だったんですね。

いきなり本音や個性は出せない

ですが、そこで他のメンバーさんの様子を見ていると、やはり

  • いきなり本音は出せない
  • 最初から個性を出すことは難しい

という状況だったのです。

じゃあ、どうやって本音を出せるようになっていたかというと、

最初は型にハマった方法で書いていく

というものでした。

先ほどの妻が「テンプレートが欲しい」と言ったのと同じように、

  • こういうテーマを選んで
  • こういう情報を集めて
  • こういう順番で並べて
  • その中に、自分の意見も入れましょう

という、ある一定の形式があることで、ブログに取り組みやすくなっていたのです。

そうやって型にハマった記事をどんどん書いていければ、自信や実績がつきます。

自信や実績がつけば、自分の個性や本音も出しやすくなります。

また、仮に最初はテンプレートに沿った書き方をしていたとしても、それを継続していれば人間誰しも飽きてしまうので、いつの間にかオリジナルの書き方に移行していくんですよね。

いわゆる「守・破・離」というやつですが、最初は型(テンプレート)を守って取り組んでいても、数をこなしていくうちに その型を破り、いつしか型から離れてオリジナリティを発揮できるようになるのです。

 本音を発信するコツ(まとめ)

つまり、まとめるとこうです。

  • 本音を発信することを、多くの人はいきなりは出来ない
  • だから、その前段階が必要になる
  • 「守・破・離」の原則に則り、最初はまず「型を守る」から入る方が、結果的に本音を出すことにつながる

「なるほどーーーー!!」

妻と話しながら、僕も納得がいったのです。

そういえば、僕自身の経験を振り返ってもそうでした。

僕も最初は「守」から入った

今では、自分の本音は自由に書けますし、本音を出すことに抵抗はありません。

ブログを読んでくださった人から、なかなか言いづらいことを率直に書いていらして感心してしまいましたというお声を先日もいただいたのですが、僕としては「言いづらい」とは余り感じていないのです(^^;;

ですが、そこに至るまでには、「型を守って書く」ということを かなりやって来たように思います。

以前は、自分の個性を押し殺して、「とにかくアクセスが集まる記事を」「稼げるブログを」とやっていた時期がありましたから。

不労所得を生むブログを閉鎖した理由とは?
不労所得を生むブログを閉鎖した理由とは?より大きな豊かさを目指して3年ほど続けていたブログを閉鎖しました。 そのブログからは広告収入が発生していました。ですが、記事の更新は1年以上していなくって、...

そして、そんな風に型にハマって書いていたブログが嫌になり、↑こちらの記事にあるように捨てることになったのです。

いわば「守破離」の“離”をしたわけですが、そうやって元々の型から“離れる”ことで、自分の本音を発信できるようになったのだと思います。

となると、本音を発信するためには、“離れる”前提である「守」が必要になるということ。何らかのテンプレートや型が必要になる、ということなんですよね。

そんなことを、妻との会話から学ぶことができました。

これを、ホームページやブログのサポートにどう活かすかは まだ見えていませんが、これをヒントにこれからの活動に取り組んでいきたいと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください