夫婦関係

妻に「カッコイイ」と言ってもらえる秘訣とは?夫としての魅力をアップさせよう!

妻に「かっこいい」と言ってもらう秘訣とは?

「今日はカッコイイね!」

と、妻が言ってくれました。

「ほへ? なんで? だってまだ寝グセも直してないよ?!」

と答えたら、

「ううん。そんなの気にならないよー。なんか、カッコイイよー」

と言ってくれました。

めっちゃ不思議で理由がわからず謎なのですが、めっちゃ嬉しいので良しとします。

一応、理由の心当たりはあって、昨日は僕が晩御飯を作り、妻も娘(3才)も大好きなチキンナゲットを食べてもらえたからだと思います。

家で初めてチキンナゲットを作ったら、とても喜んでくれました

というか、家でチキンナゲットを作るのは今回が初めてで、

「うちで作れるのかなー? 作ってみんなで食べたら楽しいよねー」

と、妻が言っていました。

でも、妻は揚げ物が苦手なので、「自分で作るのは無理……」と言っていたのです。

そうやって妻が「無理」と言っていたことにチャレンジしたので、「カッコイイ」と言ってもらえたのかもしれません。

そう。

妻が「できない」「難しい」と言っていることをする。

これが、「カッコイイ」と言ってもらえる秘訣なのかもしれません。

 夫婦関係について書いています!

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

そんな風に、農業とITという“二足のわらじ”な働き方をしていますが、最近のブログには農業のこともITのことも余り書いていません(^^;; どちらかというと、子育てのこととか夫婦関係のこととかを書いています。

特に、夫婦関係については需要があるらしく、ブログを訪れて下さった方がよくご覧になっているようです。

そんなわけで、今日も夫婦関係のことについて書いていきたいのですが、本日のテーマは……

妻に「カッコイイ」と言ってもらえる秘訣

です。

でも、冒頭でお伝えしたとおり、すでに答えは出ていて、妻が「やりたいけど、できない」ということを、代わりにチャレンジして実現することだと思います。

もっとシンプルに言えば、“妻が喜んでくれることをする”ということでしょうか。

 “当たり前”のことを大切にする

「なーんや。“秘訣”でもなんでもないやん」
「そんなん、誰だって出来るんちゃうん?」

と思われるかもしれません。

はい。本当にその通りだと思います。

ですが、夫婦って一緒に過ごしていると、こういう当たり前のことを疎かにしてしまうんですよね……。

僕はめちゃくちゃ怠け者なので、いつの間にか「妻がいてくれること」や「妻が何かしてくれること」が当たり前になってしまって、自分が妻のために努力するのを忘れてしまいます。

でも、そういう状態って客観的に見ても「カッコ悪い」ですよね(^^;;

ぜんぜん「カッコイイ」とは思ってもらえなくなります。

だから、「カッコイイ」と言ってもらうためには、

  • 一緒にいてくれることを「当たり前」とは思わない
  • 妻がしてくれることを「当たり前」と思わない
  • 「自分から妻にできることは何かな?」を常に考える
  • 妻が喜んでくれることを見つけたら、進んでチャレンジする

ということになるかと思います。

実際、今回こんな風に思って、初めてのチキンナゲット作りにチャレンジしたら、翌朝「カッコイイ」と言ってもらうことができました。

リスクを引き受けてチャレンジする

あ。でも、肝心なのは、「カッコイイ」と言ってもらうことを目的にしないことだと思います。

「『カッコイイ』って言ってもらうために頑張る!」なんて考えていたら、それだけでダサいしカッコ悪いし、逆にウザがられてしまいそうです……。

それに、「カッコよく見せる」とか「何かを成功させる」というのも違うと思います。

大切なのは、「チャレンジすること」かなと考えています。

妻が「これをしたいなー」「でも、無理だろうなー」と思っていることを聞いて、それをこちらの手でチャレンジしてみる。

それは、もちろんながら失敗するかもしれません。むしろ、失敗する確率の方が高いでしょう。

ですが、そうやって「妻の代わりにリスクを引き受けること」で、夫としての魅力が高まるのかも?と思ったのです。

 実際にやってみると意外と簡単

でも、「できないかも……」と思うことでも、チャレンジして実際にやってみると、意外と上手くいったりします。


先日も、妻のリクエストで初めてティラミスを作ったのですが、予想外に簡単に作ることができました。

というか、特別なことは全然なくて、クックパッドさんで調べたレシピをそのまま使っただけです。

ツイッターでレシピを聞いて下さった方には、「つじばやしアレンジじゃなかった」とガッカリされてしまいましたが、それでもいいんです!

だって、「チャレンジすること」が大事なんですから!!

それに、ティラミスの作り方は本当に簡単で……

  1. 深めの容器にパンをちぎって敷き詰める
    (我が家では、妻がホームベーカリーでよくパンを焼くので、その残りを使いました)
  2. そこにブラックコーヒーを適量かけて染み渡らす
  3. つぶした絹ごし豆腐とクリームチーズ(マスカルポーネ)を1:1の割合で混ぜ合わせる
    (豆腐は事前に、キッチンペーパーに包んで重しを載せ、2時間ほど水抜きしておきます)
  4. 混ぜ合わせて出来上がったクリームに砂糖を適量混ぜて、容器に敷き詰められたパンの上に塗る
  5. これを繰り返して、何層かのパンとクリームの層を作っていく
  6. 一番上にカカオパウダーをまぶす
  7. 食べるときに甘さが足りなければ、砂糖や蜂蜜などを添える

という手順だけで出来ました。

包丁で材料を切ったり、火加減を気にしながら焼いたり、といったことが無く、ただたんに混ぜ合わせて重ねるだけなので、とっても簡単なんです。

今回のチキンナゲットも、予想以上に簡単に作ることができました♪

チキンナゲットづくりも意外と簡単にできました!

ですから、「難しい」「無理かも」ということでも、きちんと調べて手順通りにすれば、成功させるのは実は難しくないのです。

これは推測ですが、「情報を検索して、その手順に従って作業を進める」というのは、女性よりも男性の方が向いているのかもしれません。ですので、女性が感覚的に「難しい」と言っていることでも、男性が論理的に調べて作業すれば、成功確率は大きく上がるかもしれません。

普段から話をよく聞くこと

……と、こんな風に、妻が「できない」「でも、やってみたい」と言っていることを、代わりにやってみる。そうやって、夫が失敗のリスクを取ってチャレンジすること。

すると、妻から「カッコイイ」と言ってもらえる!

……かもしれません。

そう、あくまでも「かもしれない」んですよね(^^;;

今回の話は個人的な推測であって、他で検証したわけでは全然ないので。

ただ、相手が「やってみたいなー」「でも、自分では難しいなー」と言っていることを代わりにチャレンジすると、それによって喜んでもらえる確率は確実に上がるので、夫としての魅力はUPだと思います!

そしてそして、更なる前提として、こんな風に妻の希望や要望を把握するためには、普段から妻の話をよく聞いておく必要があります。

話を聞いていなければ、「妻が何を求めているのか?」「何をしたいのか?」が全くわからなくなりますから。

ですから、普段からよく話を聞くこと、こちらからもよく話をすることが、とっても大事なことですね!

本当に、身近にいると、そういった普段の会話も軽視しがちですから、「一緒にいてくれることは当たり前ではない」ということを心に留めて、これからも過ごしていきたいと思います(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください