生活習慣

インフルエンザにならない秘訣は「とにかく寝ること」なのかもしれない

インフルエンザにならない秘訣は「とにかく寝ること」なのかもしれない

昨年(2017年)、インフルエンザにかかりました。

えらくしんどかったです。

いえ、「しんどい」などというものを通り越して、身体の全てが冷たい鉛(なまり)になったような感覚でした。生きた心地がしませんでした。

本当に地獄のようでした。

※その当時の様子はコチラ↓

どうやら、インフルエンザというのは、大人になるほど、体感する辛さレベルが圧倒的に上がるらしく、本当に本当にしんどかったのです。
(昨年は当時2才の娘もかかったのですが、お医者さんにかかったら1日ほどでケロッと治っていました(^^;;)

ですから、「今年はかかりたくない!」と思っていました。

ただ、うっかり予防注射を打つタイミングを見失い、冬を迎えてしまい、日本列島をインフルエンザの猛威が襲う状況になりました。

近所では、「学級閉鎖」ならぬ「学校閉鎖」まで発生したらしく、数百人の生徒がいる中学校全体が休みになってしまうまでになっています。

けれど、現在(2018年2月19日)のところ、僕はインフルエンザにかかっていません。

本当に有り難いことに、昨年の“鉛”のような辛さは……まるでドラゴンボールの悟空が「重力100倍」の修行をしているような過酷さは、今のところ味わっていないのです。

「でも、なんで今年はインフルエンザにかからないんだろ?」

「昨年と今年の違いは何なんだろ?」

それをちょっぴり考えてみたいと思います!

寒いから頑張らない

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。大阪の郊外で無農薬のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

「農業って大変ですね」とよく言われるのですが・・・

すみません! 現在はサボってますm(_ _)m

本当はこの冬の時期に色々と頑張らないといけないと言われるのですが、ほとんど動いていません。

あ。でも、じわじわと土づくりの準備をしたり、「こんな風に栽培しようかな?」という計画は立てているのですが、実際の作業は最小限にとどめているのです。

どうしてかというと・・・寒いから。

「てめー、ふざけんな!」と言われそうですが、寒いので、この中で動くと身体に大きな負担を与えてしまいます。

そして実は、この「寒いから動かない」ことこそが、今年インフルエンザにかかっていない理由だと考えているのです。

昨年は沢山がんばっていた

インフルエンザにかかってしまった昨年。僕はけっこう頑張って動き回っていました。

昨年の初めは、色々な事情でそれまでストップしていたIT関連の仕事を再スタートしたこともあり、各地の人に会いに行ったり、新しい仕事にチャレンジしたりしていたのです。

ですが、先日、こちらの記事に書いたとおり、僕は長距離移動がめっちゃ苦手・・・

移動距離が長くなるほど収入額が上がる?!
移動距離が長くなるほど収入額が大きくなる?!真偽のほどを実経験から探ります!「収入額は移動距離に比例する」という考え方があります。 特に、インターネットを使って起業されている人の話を聞くと、「そうそう。あち...

大阪から福岡や東京へ行ったり来たりしていたため、かなりのエネルギーを消耗してしまったようなのです。

そして、そんな中で見事にインフルエンザになりました。

つまり、身体的にも精神的にも無理をして頑張った結果、そこの疲れに付け込まれてインフルエンザに感染したのではないか?ということなのです。

めっちゃ寝てます

そういった経験があったため、今年はできる限り動かないようにしています。

先日の三連休はちょっぴり頑張って、岡山→東京と移動してしまいましたが、その後でしっかり休息を取るようにしています。

というか、めっちゃ寝てます。

冬は起きられない!という症状を正当化してみた
冬は布団から出られない!起きられない!という症状を正当化してみた寒くなりました……。 2017年もあとわずか。12月に入ってから、一気に寒くなりました。どうやら今週は寒波もやってくるそうで、ます...

こちらの記事にも……

  • 夏場は4時半に普通に起きれていたのに、冬は7時過ぎになっている
  • でも、他の動物や植物と同じで、人間もやっぱり寒いと動きが鈍るので、それで良しとする

ということを書きました。

ですが、今では更に寒くなったので、もはや8時くらいに起きています。

夜寝るのは22時か23時くらいなのに、8時とか9時とかに起きちゃっています。もう10時間睡眠クラスです。

でも、だって寒いんだもん!

布団の中から出たくないんだもん!!

この歌にあるように、マジで布団の中から出たくないんス!!

体からの声をよく聞く

こんなことを言うと、

  • 「社会人失格だ」とか
  • 「もっとちゃんと頑張れよ」とか
  • 「農業やってんだから早起きしろよ」とか

色々と言われてしまいそうなんですが、そうやって

  • 社会人らしく!
  • もっとちゃんと頑張って!
  • 農業やってんだから早起きしなきゃ!!

とやっていたら、昨年はインフルエンザになりました。

そして、地獄を見ました。

さらに、お医者さんにもかかったので、余計な出費が発生しましたorz

ぶっちゃけ、今のように沢山寝ていることと、インフルエンザにかかってでも頑張ることを比較して、「費用対効果がどうなのか?」はちゃんと調べていないのでわかりません。

ですが、少なくとも、昨年のような“地獄”を見ずには済んでいます。

妻に看病の負担をかけずには済んでいます。

本当は、もっともっと仕事を頑張らなくてはいけないのでしょうが、「今の自分にとって、今のこの寒い時期は頑張るタイミングではない」。そう考えています。

そうなんです。

今は頭で考えて頑張るというよりも、体の様子を観察しながら、体からの声を聞きながら、それに従って過ごしています。

そうすると、必然的に「布団の中から出たくない!」「いっぱい寝たい!!」となるんですよね……。

結果、そうやって体の声に従って睡眠時間を確保した結果、インフルエンザにならずに済んでいます(あくまでも「今のところ」ですけれど)。

疲れを狙ってインフルエンザはやってくる

もちろん、会社に勤めていらっしゃったり、取引先とのお仕事があったりすると、時間の自由が効かないケースが多いとは思うのですが、これだけインフルエンザが蔓延するというのは、多くの人が頑張りすぎなのではないか、と思うのです。

無理をしている人が多いため、その疲れを狙ってインフルエンザがやってくる。

そんなシンプルな構図が起こっているような気がします。

ですので、インフルエンザを予防するためにこそ、できる限り無理をしない状況をつくって、できるだけ体を休める努力をすることが大切だと思うのです。

というか、冬を過ごしていて思うのですが、寒いだけで体力が奪われますよね……。

ですので、少なくとも僕自身は、冬の間はできる限り動かず、体を大切にしながら過ごしていけたらと思うのです。

昨年のようなインフルエンザの“地獄”はもう御免です……。

だから、仕事関係のことは減らせないにしても、個人的な外出や趣味はできる限り削減して、「とにかく寝ること」を優先したいと思います!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください