働き方

成功の秘訣は自分自身を知ること!情報やノウハウよりも大切なこととは?

成功の秘訣は自分自身を知ること

自分自身を知るって大事だなー、と痛感しています。

「自分自身を知る」って何やねん?と思われかもしれませんが、少し具体的に言うと

  • 自分の性格や好み
  • 自分に合った方法
  • 自分の調子の良いときと悪いとき
  • その調子の変化のパターン

といった感じです。

それらを把握することが、何かに取り組むときに非常に大事だと思うのです。

僕自身はこれまでインターネットで情報発信したり、そこからビジネスにつなげることに取り組んできました。

以前は「数ヶ月で月収○○万円!」とか「好きなことを仕事にしよう!」みたいなことにも手を出したことがありました。

ですが、ことごとく上手く行きませんでした(^^;;

ただ、そういった方法が全て間違っていたわけではなく、中には大きな収入を得られる人もいました。

ですので、そういったノウハウや情報を否定するつもりは全くありませんし、きちんと成果の出るものもあると考えています。

けれど、本当に重要なのは何かというと、提供されている情報やノウハウが「間違っているかどうか?」ではなく、「自分に合っているかどうか?」なのです。

しかも、それは知名度が高かったり、有名な人が紹介しているから、という理由ではなくて、あくまでも自分自身の視点と基準で判断すべき、ということです。

今回は、自分自身を知り、より良き未来を選択する方法について書いていきたいと思います。

 自分に合ったスタイルで働く

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で無農薬のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

一般的に見ると少し変わった働き方かもしれません。「お米づくりとネットって対極ですね?!」と言われることがありますから。

ですが、自分の中ではこの2つには共通点が沢山あって、対極のことをしているとは考えていません。むしろ「この2つの仕事をすることで最適なバランスを取れる」と思っています。農とITとを行き来しながら日々を暮らすのが、とても心地良いのです。

ですが、これは僕にだけ当てはまるものだと思います。

きっと、他の人には“最適”ではありません。むしろ、合っていない可能性の方が高いです。

時々、「すごく理想的な働き方ですね!」と言っていただけるのですが、「よかったらコツを教えましょうか?」てなことはしていません。ネット上ではよく、こういったユニークなライフスタイルを売りにして、「あなたもこんな生活を送りましょう!」みたいに口座へ誘う手法がありますが、僕はそれをしていません。

だって、きっと他の人には向かないことだから。

あくまでも、僕自身にあった働き方だから、たまたま偶然にこんなスタイルになっているだけで、これを他の人にも勧めようとは全然思わないのです。

 他の人のライフスタイルに憧れて失敗

というか、僕自身が他の人のライフスタイルに憧れて、それを真似ようとして見事に失敗して来ました。

先ほど、「好きなことを仕事にしよう!」といった方法を学んだと書きましたが、少し抽象的な視点で言えば、その情報を提供している人のライフスタイルに憧れたからです。

「ライフスタイルに憧れる」という動機があるから、情報やノウハウに手を出したくなるんですね。

ですが、そういった“憧れ“の気持ちでは、多くの場合うまくいきません(^^;;

あ。うまくいく場合もあるでしょうが、一時的なものであったり、あるいは自分の個性を押し殺して無理をしてしまうことが多いんです。

僕自身も、そうやって無理をして、何とか成果を出したことがありました。ですが、それは自分に合わない不自然な状態で、結局長続きせず一時的なもので終わってしまいました。

つまり、“憧れ”をベースにした行動は、実は上手くいかないのです。

 “憧れ”から気づく大切なこと

ただ、「“憧れ”が良くない」と言っているわけではありません。誰かのライフスタイルに憧れて何かを学ぶことで、貴重なものを得ることができます。

それは何かというと、「あ。この方法は、自分には合っていないんだな」という気づきです。

  1. 誰かのライフスタイルに憧れて、情報やノウハウを学び始める
  2. 無理をして、めっちゃ頑張る
  3. でも、上手くいかない(あるいは、一時的に終わる)
  4. 「あ。これは自分に合っていない」と気づく

という感じの流れです。

つまり、“憧れ”から始まった頑張りは、最終的に

  • 「これは自分には合っていない」
  • 「自分が本当にやりたかったことじゃない」
  • 「単に、他の人に“憧れた”だった」

と気づくことが多いのです。

“憧れ”から始まって、「これは単に“憧れ”で、自分のものではないんだ」と気づくというのは、矛盾のようでいて少し滑稽でもあります。

ですが、こういうケースは非常に多いんです。僕自身もそうでしたし。

そして、そうやって「“憧れ”ではダメだ」と気づいたとき、本当の自分のストーリーが始まります。

 自分のスタイルを見つける

「単なる“憧れ”だと気づいた」
「自分には合っていないことがわかった」

それを痛感すると、次にどうなるかというと

  • 自分自身が本当に望むライフスタイルは何だろうか?
  • 自分自身に本当に合った方法は何だろうか?

という問いが生まれます。

そして、必死に考えるのです。

「今まで“憧れ”で頑張ってきたけど、その中で残せるものは何だろうか?」

ということを。

つまり、これまで“憧れ”を原動力に取り組んできた情報やノウハウの中から、「自分に合ったエッセンス」を抽出するのです。

そうやって、「自分に合ったもの」だけを残して他を捨て、自分のスタイルを構築していくのです。

矛盾かもしれない

そう。実は、「自分に合ったものを見つける」「自分の特性を知る」ということのためには、まず“憧れ”によって何かに取り組むことが必要なのです。

これは大きなる矛盾かもしれません。他人への“憧れ”で得たことから、自分自身のスタイルを見つける、というのは。

けれど、「自分に合ったもの」や「自分の特性」というのは、自分だけでは見つけることができません。

鏡がなければ自分の姿を見ることができないように、人との対話がないと自分の長所や短所が見えないように、他の人のライフスタイルを真似してみないと、自分に合ったスタイルも見つけることができないのです。

だから実は、“憧れ”で何かを始めることは全く悪いことではありません。むしろ推奨されるべきことだと思います。

ただ、良くないのは、そこで結果を出せなかったことで自己嫌悪に陥ってしまうことです。

 悪いのは自信を無くすこと

よくある最大の失敗パターンは、何かの方法を試してそれで成果が得られなかったことで、自分の自信をなくしてしまうということです。

  • がんばったのに成果が出なかったから、自分はダメな奴だ
  • 他の人は成果が出ているのに自分は出せないということは、自分が悪いのだ
  • そもそも取り組みを継続できなかった……。自分ってダメダメだ。

という感じですね。

こうやって自分を卑下して、セルフイメージを下げて、落ち込んでいかれるケースが結構多いのです。

ですが、違います。

それは「自分が悪かった」のではなく、その情報やノウハウが「自分の特性に合っていなかった」というだけなのです。

もちろん、何らの行動を起こさずにチャレンジをせずにいたのだとしたら、それは「自分に合う合わない」の判断すらできません。

けれど、もし自分なりに一生懸命に学んだのなら、継続して行動を起こして取り組んだのなら、それでも上手くいかないのだとしたら、それは単に「自分に合っていないだけ」という可能性が高いのです。

ですから、その場合は「自分に合っていない方法を発見した」ということになります。

そして、「自分自身を更に深く知る機会になった」とも言えます。

そうすれば、自分の特性を把握するヒントが多くなり、次に何かを取り組むときは、成功確率の高い選択ができるようになるのです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し堂々巡りのような話になってしまいましたが、一言で言うと、「情報やノウハウよりも、自分自身を知ることが大事!」ということになります。

もう一度、ポイントを整理すると・・・

  • 多くの人が新たなチャレンジをするとき、誰かのライフスタイルに憧れて、情報やノウハウを学び始める
  • だが、“憧れ”を動機とした取り組みは、自分の特性をベースにしていないので、どこかで無理が生じて失敗してしまうことが多い
  • だからといって“憧れ”が悪いことではない。何かに憧れて頑張ることで、自分に合わない方法だと気づいたり、自分の特性に気づくきっかけになるから。
  • 悪いには、失敗したときに自分を卑下して自信を無くしてしまうこと
  • 何かに憧れて成功したり失敗したりを繰り返すことで、自分の特性がわかっていき、次からの成功確率がどんどん上がっていく
  • 大切なのは、失敗を失敗として捉えるのではなく、「自分自身を知るきっかけ」として捉えること

となります。

本当は、事前に自分の特性に当たりをつける方法もあるのですが、今回は省略させていただきます。仮に事前にわかったとしても、失敗というのは起こってしまうものですから。

今回の話が、あなたの未来にとって少しでも有益なものになれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください