インターネット

スマホ一つあれば社会に影響を与えられる!インターネットはやっぱり凄い!

スマホ一つで世界へ発信!

こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

現在、「毎日の更新」をモットーにしている当ブログですが、今日はちょっとミスをしてしまいまして……普段使っているパソコンの充電が切れるという事態になっております。

というのも、今日は家族で外出の日。出先でブログを書くつもりだったのですが、充電切れとあってはパソコンで記事を書けません(>_<)

ですが今、僕はこうやってブログを書いています。

どうやって書いているかというと、スマホです。

普通にスマホアプリのGoogle Chromeでインターネットにアクセスして、自分のブログの管理画面に入って、フリック入力でこの記事を書いています。
(僕のブログは「ワードプレス」というツールで作っていますが、一般的にワードプレスは固いイメージが強く、「パソコンで書くもの」と思われる方が多いようです。ですが、ワードプレスも普通にスマホで書けるんです♪)

んでもって、現在地はショッピングセンターのプレイスペースで、すぐそばでは3歳の娘がオモチャでゆるゆる遊んでいます。

時々こちらに話しかけてきますが、それに受け答えしながら、こうやって手軽に記事を書いているのです。

こうやって見ると、本当にスゴい時代になったと思います。

だって、スマホを持っていれば誰だって、いつでもどこでも、こんな風に世界中に向けて自分の声を発信できるのですから。

しかも、一度こうやって記事を書いて、ブログやホームページに残しておけば、その後も手間や労力をかけず、その“自分の声”を見てもらえることができます。

ブログやホームページが成長して、ある程度の数の人が見に来てくれるようになれば、自動的にずっと、自分の想いや考え方を色んな人に届けることができるわけです。

まあ、中には「ネットに商品やサービスの案内ページを作っておけば、とても楽に人を集めて販売ができる」「低コストで自動販売機が作れるんです」という言い方をするケースもありますが、それも的を射ていると思います。

ですから、インターネットの普及した今の時代って、本当にスゴいと感じるんです。

ただ、それをなかなか使いこなせない人がいることも事実……。

いえ、その可能性に気づくことすらせずに生活されている人がほとんどだと思います。

僕は、ブログやホームページの作成をお手伝いしたり、その後の記事の書き方やサイト管理をお教えしたりしていますが、ご自身だけでは上手くネットを使いこなせないという方々が多いです。

先ほど触れたインターネットの凄さや可能性をお伝えしようとするのですが、ご自身なりに腑に落ちて、スキルを習得されるところまで辿り着くのが難しいなぁ、と。

それを頑張るのが、僕の仕事だったりするんですけどね(^^;)

でも、僕自身はこうやって子育てや家事をしながら、時には農作業をしながら、ネットを活用する楽しさや喜びを感じることができているので、それを少しでもお伝えしたいと思うのです。

本当に、特別なものは必要なくて、誰でもできる環境は既に整っている時代なので……。

そんなこんなで、「新たな取り組みをしようかな?」と、この記事を書きながら思ったのでした。

具体的に言うと、インターネットを楽しく使いこなすためのメールマガジンとか、ご自宅にいながら気軽にできるレッスンサービスです。この辺り、ちょっと考えてみます!

なんにしても、インターネットを活用すれば、いつでもどこでも、家でも田んぼでも、子育てしながらでも、家事をしながらでも、世界に向けて影響を与えることができるのだ、ということをお伝えできれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^^*)

 

【2018年3月12日追記】

「メールマガジンやレッスンサービスなどを考える」と書いたのですが、この後ポツポツとサイト作成のお仕事をいただいて忙しくなったのと、現状ですとブログで手一杯だと感じましたので、いったん保留にさせてくださいm(_ _)m

もしインターネットに関するノウハウなどを提供させていただく場合も、まずはこのブログに掲載していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください