夫婦関係

夫婦仲が良い秘訣とは?妻が出て行った日に思うこと

妻が出て行きました

妻が出て行きました。

ケンカしたのではありません。仕事です。

妻は海外旅行専門のツアーコンダクターをしています。今ちょっとカッコよく言いましたが、いわゆる「添乗員さん」です。1ヶ月〜2ヶ月に一度のペースで、海外ツアーのお客様をご案内する仕事をしているのです。

そして今朝、オーストラリアの旅に向けて出発しました。

僕は彼女を近くの駅まで送って行って、さっき帰ってきたところです(なので、今日は寝坊しておらず早起きです( ̄▽ ̄))

朝の空気が凛としていてすごく心地が良いのですが、その反面、心が寂しく感じています。

いつも一緒にいる妻が出て行くのは、寂しい。

それが仕事であっても、やっぱり寂しい。

僕らが夫婦になってから、まもなく8年の月日が経とうとしていますが、どれだけ一緒にいても、こんな風に離れ離れになるのは寂しいです。

ですが、こうやって離れる時間って、実は大切だと思っているんです。

……ん? あれ?

今「どれだけ一緒にいても」と書いたんですが、こんな風に離れ離れになる期間は結構ありました(^^;;

というのも、彼女の実家は東京で、事あるごとに帰省していたからです(ちなみに、ツアーコンダクターの仕事を始めたのは、最近です。まだ3ヶ月くらいかな?)

それはもう、結婚したての頃から、2ヶ月に1回くらいのペースで実家の東京へ行き、大阪の我が家と行ったり来たりしていました。

友達が東京に多くて、また行きつけの美容院も東京にあったり、色々な思い入れが東京にあったらしく、その気持ちを大切にしていたみたいです。こちらも、それを無下に「ダメ」とは言わずに見守っていました。

でも、まあ。それも正直なところ、寂しかったですけど……。

そう。実は、この「寂しい」という気持ちを感じることが大事なんだと思います。

一般的に夫婦って一緒にいることが多いので、相手がいなくて「寂しい」と感じることはあまり無いと思います。ですが、僕たち夫婦は結婚したての頃から、離れ離れになることが多かったんです。「寂しい」と感じていたのは僕だけだったかもしれませんが、この「寂しい」という気持ちがあるから、彼女の大切さを定期的に確かめていました。

寂しさを感じることで、

  • 妻の存在の大切さや
  • 結婚してくれたことへの有り難さ
  • 自分の中の妻に対する愛情

をも感じることができていたんです。

つまり、寂しさは愛情の裏返しと言えるんです。

そして今、彼女は海外へ旅立つ仕事を始め、さらに距離ができてしまいました。以前は東京〜大阪の距離でしたが、今は「日本〜韓国」とか、「日本〜スリランカ」とか、今日からは「日本〜オーストラリア」の距離です。

もちろん、留学などではなくツアーなので、期間は10日ほど。以前に妻が実家へ帰省していたのと同じくらいの期間です。なので、時間的にはあまり変わりないのですが、物理的にこれだけ離れると、ちょっと以前とは違う感覚になりますね……。

  • 距離が離れるほどに、寂しい
  • だから、もっと……大切

そんな風に、妻の大切さに改めて気づいています。

だから、夫婦って離れる時間を持つことって、とてもとても大事だと思うんです。いつも一緒にいると、お互いの大切さを忘れてしまいます。だから、何かしらのタイミングで一定期間、一定の距離を取ることが必要なんです。

よく、家出とか別居が「良くないこと」という風に言われますが、僕はそうではないと思っています。もちろんケースバイケースなので、一概に「良いこと」とは言えないですが、一定の距離を取ることで

  • 相手の大切さを知る
  • 自分の気持ちを知る

ということができますから。

というか、我が家も妻が家出することがよくあります(^^;; 今までお伝えしてきた、実家への帰省や海外へ仕事に行くのとはまた別に、妻が家出してしまうことも今まで幾度なくありました。一緒にいることに疲れてしまったり、何らかのきっかけでケンカをしてしまったとき、「ちょっとしばらく出てくる」と行って、2〜3日のあいだ家を空けることがあります。そんな場合は、近所のビジネスホテルや友達の家に泊まるのだそうです。

正直、こちらとしては苦しい気持ちになりますし、さらにぶっちゃけると、世間体を気にしたりもします……。やっぱり「妻が家にいない状態」って、人に知られたらマズイんじゃないか?と思ってしまいますから。

ですが、そうやって一定期間離れる方が、結果的に夫婦仲が良くなったりします。

もちろん、家出する前は仲が悪くなっている状態ですし、家出の後もしばらくはモヤモヤとした気持ちになります。そして、妻が家出している間はやっぱり寂しいです……。

そう。やっぱり、この「寂しい」という気持ちが大事なんです。

寂しいから、妻の大切さに気づきます。それはもう痛いくらいに。

そうやって

  • 相手の大切さを知る
  • 自分の気持ちを知る

ができることで、再び関係性を構築して、夫婦仲良く過ごすことができるようになるのです。

これは持論ですが、「ずっと仲が良い」ということは有り得ないと思います。仲が悪くなったり良くなったり、ケンカしたり仲直りしたり、離れたりくっついたり……を繰り返していくものだと思います。いわば、波のように行きつ戻りつを繰り返しながら、次へ進んで行くんだと思います。

だから、逆に「ずっと同じように仲良くいよう」というのは危険です。それだと、お互いの大切さに気づいたり、自分の気持ちを見つめることができないので、余計に離れてしまう可能性が高まります。仮に仲良く過ごせていたとしても、それは見せかけの部分だけで、本心では無理をしてしまっていることだってあるのです。

ですから、夫婦仲を良く保つための秘訣は、離れる覚悟を持つことだと思います。

それは実家に帰るという形でもいいし、仕事に出る形でもいい。ケンカして家出する形だっていいと思います。そうやって、距離を取ることを恐れないことが大切なのです。

むしろ「ずっと一緒にいよう」とすると、無理が生じます。もともと違う人間なのですから、一緒に過ごしているうちに、どうしても齟齬が生じます。相手の嫌な部分や合わない部分が見えて来ます。それって、もともと同じ家族だった両親や兄妹でも起こるものなのですから、夫婦で起こるのはごくごく自然なことです。

ですが、そんな時にどうするかが大切。

その齟齬や違和感にフタをしてしまうと、危険です。無理が生じて、将来的に一緒にいることがツラくなります。そうではなく、きちんとケンカをしたり、相手との距離を取ったりすることで、逆に自分の本来の気持ちに気づいたり、相手の大切さに気づくことができるのです。

ですから、家出したくなったらした方がいいし、相手が「家出したい」と言ったら黙って送り出す方がいいんです(たぶん「喜んで」送り出すことができないでしょうから、「黙って」と書きました( ̄▽ ̄;;)

そんなわけで、今までの要点をまとめますと……

  • 夫婦仲を良くする秘訣は、離れる時間を持つこと
  • 離れる時間を持つことで、相手の大切さに気づく
  • 「寂しい」という気持ちを感じるなら、それは愛情の裏返し
  • そうやって自分の気持ちも確かめる
  • 相手が出て行くことを恐れない。認める。

となります。

つまり、「夫婦仲を良く保つには、離れる覚悟を持つことだ」ということです。

少し逆説的な考え方ではありますが、僕自身の経験でそう実感していますので、ご参考になれば嬉しいです。

さてさて。今日からしばらくは、娘と二人きりの日々です……。娘との時間はこれまた子育てという意味で大変になるのですが、妻が無事に帰ってくることを祈って、頑張って過ごしたいと思います!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください