WordPress

WordPressのこれからの形とは?テンプレートを自分で作りたい!と思った理由

これからのWordPressテンプレートの形とは?自分で作りたい!

「WordPressのテンプレートを作りたい!」と思いました。

先日導入した『JIN』というテンプレートが本当に素晴らしくて、「僕もこういうのを作りたい!」と思ってしまったんですよね。

いえ。いきなり『JIN』レベルのものを作るのは無謀ですね(^^; 最初は簡単なところから一歩一歩進めたいと思います。

ただ、僕は今、WordPressでのサイト作成や発信をサポートするオンラインサロンの運営に関わっていまして、そこのメンバーさんのために良いテンプレートを作れないかな、と思ったんです。

いえ。実は以前から考えていました。

そのオンラインサロンには、どちらかというとITが苦手な方が多く、複雑な設定とかで足を取られてしまうケースが多いです。また、カスタマイズの自由度がいるかというと、それも求められてなさそうです。

できれば、簡単に設定ができてしまって、かつスタイリッシュなもの。そして、書きやすいもの。

そういったWordPressのテンプレートを作れないかな?と思ったんです。

でも、WordPressの立ち上げは出来ても、僕自身はプラグラミングを学んだこともなく、テンプレート作りはズブの素人……。

なので、ハッキリ言って無謀かもしれません。

ですが、「それでも挑戦したい!」「きっと意義がある!」と感じているので、それを整理しながら書いていきたいと思います。

WordPressが大好き!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

その「インターネット関連の仕事」というのは、ホームページやブログの作成をお手伝いすることなのですが、そのほとんどをWordPressを使ってさせていただいています。

あ。「WordPressって何?」という場合は、こちらの記事をご覧ください↓

あわせて読みたい
ワードプレスのブログを書くのは何のため?
WordPressのブログは何のため?収益化よりももっと楽しいことがあるんです!「WordPressのブログって、やっぱり楽しい!!」 と、つくづく感じています(*^^*) 昨日は「テンプレートを良い形で...

一言で言えば、「ウェブサイトを作成するツール」なのですが、これが信頼性も自由度も高いので、よく使わせていただいているんですね。

というか、「僕がWordPress大好き!」というのが一番の理由です。

僕は元々インターネットで表現することが好きで、大学時代から趣味でホームページ作成をしていました。ですが、当時はソフトを買うお金もなく、コードを手打ちで書いて非常に時間と手間をかかることをしていました。

ですが、数年前にWordPress(ワードプレス)に出会って感動したんです!

ワードプレスはシステムそのものは無料で使えますし、何よりすごく簡単にホームページやブログが作れてしまうのです。しかも、自分の気に入ったデザインを選ぶこともできる。

「これは本当にスゴイ!」

と、ワードプレスのことが大好きになったんです。

テンプレートが重要!

んでもって、WordPressの機能やデザインの根幹をなすのが、テンプレートです。

正式には「テーマ」と言いますが、世間では「WordPressのテンプレート」という言い方もされるので、この記事では「テンプレート」と言っています。

テンプレートというのは、人間でいえば「ファッション」のようなものです。自分に合った服やアクセサリーの一式があって、自分に合ったものを選んで装着するのです。いわば“着せ替え”ができるわけです。

で。WordPressは、この“着せ替え”が簡単にできるので、特別な知識がなくても綺麗なホームページやブログを作ることができます。また、便利な機能も実装することができます。

だから、WordPressを上手く使っていくためには、「どんなテンプレートを選ぶか?」が非常に重要になるわけです。

テンプレート選びは難しい……

ただ、逆に、このテンプレートには欠点もあります。それは、種類が星の数ほどあって、選ぶのがめちゃくちゃ大変ということ。

WordPressは世界規模で使われているので、それはもう世界中でテンプレートが作られているんですね。なので、その中から自分に合ったものを選ぶのは、めちゃくちゃ大変なのです。

もちろん、評判になっているテンプレートというのもあります。「ブログならこれが良いよ!」「会社のホームページなら、このテンプレートが便利」といったように。

ですが、世間で評判になっているからと言って、自分に合っているとは限りません。

あわせて読みたい
ワードプレスのテンプレート変更の注意点!
ワードプレスのテンプレート選びの注意点!有名なのが良いとは限らない?!ワードプレスのテンプレートを変えたいと思っています。 ブログのテンプレートを変えたいなー、と思い始めた。 色々調べてみたら、これ...

↑こちらの記事にも書いたとおり、自分の作りたいサイトの方向性だったり、自分のスキルによって“合うもの”は変わります。

そして実際、僕自身も最近 失敗してしまいました……(^^;;

あわせて読みたい
WordPressテンプレートをSANGOに変更!したら大失敗だった件・・・ワードプレスのテンプレートを『SANGO』(サンゴ)に変更しました。 そうしたら、見事に失敗しました。 あ。でも、最初に言っ...

この後、僕は本当に良いテンプレートに出会えましたが、それでもやっぱり、全ての人が自分に合ったものに出会えるかはわからないのです。

というか、ITが苦手な人は、そもそも「自分に合っているかどうか?」すらわからないでしょう。

身近な人たちの様子を見ていると……

冒頭でお伝えしましたが、僕は今WordPressでサイトを立ち上げて発信することをサポートするオンラインサロンの運営に関わっています。

んで、ぶっちゃけて言うと、サロンのメンバーさんはITが苦手な方が多いのです……。

おそらくですが、「カスタマイズって何?」「できれば面倒なことはしたくない」という人の方が多いと思います。そもそも「テンプレート」や「テーマ」という言葉自体も、なんのこっちゃよくわからん状態かな、と。

僕自身はカスタマイズ大好きで、世間に数あるテンプレートをいじるのは大好きなのですが、メンバーさんの視点から見ると、それはどうやら求められていないようです(^^;

  • できれば、面倒なことはショートカットしたい!
  • でも、オシャレなデザインにしたい!
  • そして、記事を書きやすいものがいい!

というのが本音だと思います。

もちろん、すでに販売されているテンプレートの中にも、余計な設定の手間を省いたものもあります。かなり簡単に、オシャレなサイトが出来上がってしまうものがあります。

ですが、それを使っても、「よくわからない」「上手くいかない」というケースがあるんですよね。

となると、どうすればいいのか?

限定された人たち向けに作る!

僕の中で出た結論は、「オンラインサロン専用のテンプレートを作る」ということでした。

つまり、そのグループやコミュニティの人たちの様子を見たり声を拾うことで、そのメンバーさんたちに合った形を作る、ということです。

世間で販売されているテンプレートは、どうしても「多くの人に広まるように」「できるだけ数が売れるように」という目的で作られています。そうでないと、採算が取れないですからね。

でも、「できるだけ多くの人に」となると、そこから外れてしまう人が出るのも事実。特に、ITが苦手な人ほど追いつけなくなってしまいます。

IT苦手な人が使えないのは悲しい

けれど、これって非常に悲しいことなんです。

聞いた話ですが、WordPressって元々は「ITが苦手な人でも簡単にウェブサイトを作れるように」という趣旨で始まったそうです。なのに、「IT苦手な人が使えない」となると、本来の趣旨から外れてしまいます。

というか、WordPressの趣旨すら置いておいて、少なくとも僕自身は

「ITが苦手な人にもWordPressを使いこなして欲しい!」

「自分で自由に表現する喜びを味わって欲しい!」

と強く思います。

だから、自分の関わるオンラインサロン専用のテンプレートを作れたらと思ったんです。

これからのWordPressの形

これは、かなり無謀なことかもしれません。

僕は「WordPressを使う」とか「ウェブサイトを作る」ということはできても、プログラミングを学んだりしたことはないので(^^;;

また、そもそもの話として、「オンラインサロン専用のテンプレート」となると、届けられる範囲が限定されてしまい、採算が取れなくなってしまう可能性も高いです。

たぶん、こういうことを考えるのは、おバカです( ̄▽ ̄;;

でも、やりたい。

  • 自分で声の聞ける範囲で要望を聞いて
  • 自分の手の届く範囲で、できるだけ満足できるものを作り
  • 使う人たちの様子を実際に見ながら、徐々に成長していく

そんなテンプレートを作りたいな、と思ったんです。

てゆーか、こうやって書いてる時点で、無謀でおバカとしか言えないのですが……。でも、こうやってユーザーさんと蜜に関わりながら、発信の環境や機能やデザインを整えていけるのは、これからのテンプレートの新しい形だと思うんですよね。

多くの人には広まらないかもしれない。
けれど、自分の関われる範囲の人には、最大限の利便性と満足を届ける。

WordPressのテンプレート作成だけじゃなく、これからのビジネス全般にも言えるスタイルだと思うのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 整理して書くつもりが、個人の想いを熱く語る形になってしまいました。

ですが、もう一度振り返って整理すると……

POINT
  • 世間で販売されているWordPressのテンプレートには素晴らしいものが多い
  • けれど、それを使いこなせない人や不得意な人もいる
  • であれば、その人たちと直接対話しながら、テンプレートを作るスタイルがあってもいいはず
  • できれば、ITが苦手な人にも、自由に表現できる環境を整備したい
  • こうやってユーザーと蜜に触れ合いながら、デザインや機能を作っていくスタイルが、これからのWordPressに必要かもしれない

となります。

あくまでも個人的な考えになりますが、それでも「WordPressを使う人」が増えるだけではなくて、「WordPressの使い方をサポートできる人」「テンプレートを作れる人」が増えるといいだろうなー、と考えます。

何かしらご参考になるところがあれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!