家族

自分の好きなことをするためには?実は家族を優先すると良い流れが起こる!

「自分の好きなことをするためには、家族を優先することが大事なんだ」

そんなことに気づきました。

妻がいなくて心配で

ブログにご来訪いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。大阪の郊外でお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

現在、午前3時22分。

要するにまだ深夜なのですが、この時間に起き出して活動を始めています。というのも、昨夜(というか、今夜?)は全然眠れなかったから・・・(^^;;

2日前から妻が海外へ旅立ちました。

あわせて読みたい
妻がいなくて寂しいのでウザいくらいに君が好きだと叫びたい!
妻が家にいなくて寂しいのでウザいくらいに君が好きだと叫びたい!さびしい、です。 昨日、妻が家を出ていきました。 あ。でも、ケンカしたわけではなくて、仕事です。 妻は海外旅行の添乗員...

詳しくはコチラの記事に書いたのですが、妻は海外旅行の添乗員をしているので、ツアーでしばらく家を空けるのです。

で。昨日のうちにマレーシアに到着の予定でした。

今は海外でもインターネットが繋がるので、妻が出張中でもフツーにLINEでやり取りをしています。ただ、ツアー中の妻は24時間営業みたいな状態なので、連絡がつかないことが多いのです。

ですから、昨日もマレーシアに無事に到着したのかどうかもわからず、こちらからLINEを送っても返事がないままでした。

「きっと忙しいんだろうなー」

とは思っていたのですが、やっぱり気になってしまいます。というか、僕自身がもともとネガティブで超・心配性なのです( ̄▽ ̄;;

なので、「無事に到着したかな?」「もしかして飛行機落ちてないかな?」「海外で物騒なことに巻き込まれてないかな?」とネガティブ妄想が浮かび、なかなか眠れなかったのです。

自分の好きなことは家族が土台

ですが、夜0時過ぎにLINEに返事があって、無事を確認できました。

めっちゃホッとしました。

そこから、安心して眠りにつきました。

まあ、そこから3時間半で今このブログを書いているわけですが、娘を寝かしつけた20時半から布団の中にいたので、そこそこ体は休んでいます。「眠れない」とは言いつつも布団の中でウトウトはしていましたし。

そして、昨日は娘と二人きりで、娘にかかりきりで、自分のやりたいことが出来なかったので、今こうやって起きているわけです。

たとえ深夜であろうとも、自分の好きなことをする時間が欲しいですから!

ただ、今回のことで気づいたのは、「自分の好きなことをするには、家族が土台になるんだなぁ」ということでした。

もし妻の返事がなければ……

おそらくですが、今のこの時点でも妻からの返事がなければ、僕はモヤモヤとしていたと思います(^^;;

心配で仕方なくて、こうやってブログを書くことができていなかったと思います。

好きなことに取り組めていなかったと思います。

そもそも、心配で眠れずに布団の中でウトウトするだけで、体を休められていなかったでしょう。好きなことをするためのエネルギーを、回復させることもできていなかったはずなのです。

家族が無事でいてくれて、元気に過ごしてくれているから、自分の好きなことができる。

そのことを今、実感しているのです。

自分を優先してはダメなのか?

最近ではよく、

  • 家族よりも自分を優先しよう!
  • まず自分自身を満たすのが大事!

という情報を目にします。

それは一理あると思います。やはり、自分自身が良い状態でないと、家族のために何かすることも出来ないし、家族のことを考える余裕すらなくなってしまうからです。

だから、家族より自分を優先して、自分を満たすことは大事!

ただし、これはあくまでも、「自分のエネルギー状態を100%まで回復させる」ということ。言い換えると、「自分が家族を思いやれる状態にまで整える」ということです。

そういった最低限の条件が整うことで、家族を優先することができ、そして自分の好きなことができるようになるのです。

自分を満たすことは最低条件

この考え方は少しわかりにくいかもしれません。ですので、図で示すと・・・

自分のエネルギー状態と家族

こんなイメージになります。

1.エネルギー不足の状態(100%未満)

一番左側は、自分が満たされておらずエネルギーが不足している状態です。

これでは、家族を思いやることもできないですし、仕事や日常生活にも支障をきたしてしまいます。

ですので、こういった“枯渇状態”であれば、家族よりも自分を優先し、自分自身を満たすことが必須となります。

2.エネルギーが満たされた状態(100%)

真ん中は自分のエネルギーが100%の状態です。RPGで言えば、HP(ヒットポイント)が回復しきっているイメージです。

この状態であれば、仕事や日常生活を円滑にこなすことができ、家族を思いやる余裕ができます。

ですので、100%を越えてくると「自分よりも家族を優先するのが良い!」となるのです。

3.エネルギーの余剰がある状態(100%超)

そして、一番右側の状態ですが、これは100%を越えた状態。

こんな風に100%以上のエネルギーがあると、そこから「自分の好きなこと」ができます。

仕事や日常生活がスムーズに送れていて、家族を思いやることもできていると、それ以上のことに取り組む土台が整うので、「好きなこと」や「やりたいこと」がどんどん出来るようになるのです。

だから、「自分の好きなことをしたい!」という場合は、エネルギーの余剰がある状態を作り出す必要があるわけです。

家族のおかげで100%以上になる

ですが、ここで疑問が起こるかもしれません。

「100%を越えるエネルギーって、どこからやってくるの?」

……と。

そうなんです。「100%」ということは、その時点で自分のエネルギータンクは満タンです。いわば「器(うつわ)がいっぱいになっていて、それ以上は入らない」という状態なのです。

ですから、この100%を越えるというのは、一見 不自然に思えるかもしれません。

けれど、違うのです。

この100%を越える余剰分は、ごくごく自然にやって来ます。なぜなら、この“余剰分”は家族が運んでくれるから。

家族が余剰分を運んでくれる

そう。この余剰分のエネルギーは、自分の中から生み出されるものではなく、他人からやって来るものです。そして、その相手は、自分の一番身近にいる家族です。

自分のエネルギータンクは満タンだけれど、家族からエネルギーが随時 送られてくるので、自分の余剰分としてエネルギーを使うことができるのです。

もう少し具体的に言うと・・・

  • 自分が満たされた状態になって
  • 自分が家族を思いやれるようになると
  • 家族からエネルギーが自分にやって来て
  • そのエネルギーを自分の好きなことのために使える

という流れになります。

いわば、家族の間をグルグルとエネルギーが駆け巡って、それを家族みんなで共有しつつ、それぞれの好きなことのために使えるようになるのです。

家族でエネルギー循環が起きると

家族間のエネルギーの流れ方については、こちらの記事に書きました↓

あわせて読みたい
家庭円満の秘訣とは?
家庭円満の秘訣とは?愛情の方向を間違ってませんか?妻が海外出張から帰って来ました。 妻は海外旅行ツアーの添乗員をしているのですが、オーストラリアへ9日間出かけていたのです。 ...

この中で使った図を改めて掲載すると・・・

家庭内のエネルギー循環

こんな風に、家族の中をグルグルと常にエネルギーが循環し続ける状態になるのです。

つまり、自分の視点から見れば、家族から常にエネルギーが巡ってくる状態になり、自分の器(うつわ)を越えたエネルギーを使えるというわけです。

もちろん、自分からもエネルギーを流さないといけないので、流れを止めてはいけないんですけどね。

まとめ

……と、何やら込み入った話になってしまいましたが、何を言いたいのかというと、

「自分の好きなことをするためにも、家族を思いやりましょう!」

ということです。

  1. 家族を思いやって、そこに自分のエネルギーを流す
  2. そうすることで、家族内の循環が起き自分にも返ってくる
  3. 送られてきたエネルギーで、自分の好きなことができる!

という流れが起こるのです。
(ただし、そのためには自分自信が満たされている状態が必要です!)

今回 僕は、海外に旅立った妻が無事だと知れたことで、すごく安心しました。そうすることで土台が整い、自分の好きなことであるブログを書けています。

もし妻の無事を確認できないままだったら、心配ばかりしてしまって、そこでエネルギーが漏れて、自分の好きなことに取り組めていなかったはずです。

ですので、「“家族”という土台があって初めて、自分の好きなことができる」ということに改めて気づいたのでした。

かなり感覚的で抽象的な話になってしまいましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

そして、あなたとご家族の皆さまが、少しでも笑顔になれるお手伝いができたら、本当にうれしいです。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください