メンタルマネジメント

悩みは夢や理想へ向かう貴重なきっかけ!弱い自分に負けずに進む!

悩みは夢や理想へ向かう貴重なきっかけ!

「自分のレベルって低いな」と感じています。

先日、『ブログの方向性に迷った!』という記事を書かせていただいたのですが、最近の新たな出会いによって、自分の今までやこれからを振り返っていました。

それによって、悩みに陥ったりしたのですが、その中で一番感じたのが自分の未熟さだったのです。

でも、これはネガティブな現象ではなく、とてもポジティブなことです。なぜなら、「自分の未熟さに気づく」ということは、「これから改善する点が見つかった」ということですから。

そもそも「悩む」という行為自体が、

  • 自分の状態を改善したい
  • より良い未来のために進みたい

という動機によって生まれるものです。

向上心や目標や理想や夢がなければ、「悩む」ということそのものが湧き起こりませんから。

つまり、「悩む」ということは、自分のより良い未来に向かって、新たな一歩を踏み出す機会なのです。

自分はダメダメだと気づく

ブログをご覧いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で無農薬の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

今、この「インターネット関連」のことで、僕は岐路に差し掛かっているようです。

繰り返しになりますが、先日こんな記事を書かせていただきました↓

ブログの方向性に迷った!
ブログの方向性に迷った!好きなことばかり書いて意味はあったのか?迷っています。 これからどうすべきか、激しく迷っています。 「何をやねん?」という話ですが、このブログについてです。 ...

この中で、ブロガーさんやアフィリエイターさんの情報を見て、「自分のスキルは全然ダメだ」と気づいたことを書きました。

ただ、「僕はブロガーでもアフィリエイターでもなく、農マドワーカー!」「俺は俺自身なのだ!」とも考えて、自分の方向性については逆にしっかりとしたように思います。

ですが、これはあくまでも方向性の話。スキルや知識については、世間の人たちに全然追いついていません。

やっぱりダメダメなのです。

自分の現状を問い直す

僕は現在、ホームページやブログの作成をお手伝いしたり、立ち上げ後の運営についてアドバイスする活動をさせていただいています。

なので、インターネット関連のことについて、少しは知識やスキルがあると思っていたのです。

ですが、全然違いました。

世の中には、もっと知識を持っている人がいるし、スキルの高い人がいる。僕より何倍も試行錯誤をして経験も豊富な人が沢山いる、ということに気づきました。

しかも、衝撃だったのは、「レベルが高いな」と感じたのは、自分より若い世代の方々ばかりだったのです。

井の中の蛙だった

正直、ここ1年〜2年ほどは、自分のマインドや方向性を固める目的で、そういった他の人の動きを見ないようにしていました。変に情報を取りに行くと、比較して自己嫌悪になって、潰れてしまう性格なので(^^;;

ですが、今回、改めて外の世界に触れてみて、「こんなにも時代は進んでいたのか!」ということでした。

というのも、以前には有料でしか手に入らなかった情報が、無料でどんどん広まっていたからです。

しかも、それらを流しているのは、僕より若い世代の方々。

そして何より、彼らは有料の情報を学んで成果や経験を積んでいたのではなく、自分自身の試行錯誤とネット上での交流によって、それを成し遂げていました。そうやって得た経験と情報を、無料で公開していました。

ハッキリ言って驚愕でした。

というか、愕然としました。

自分の中にあった既存の価値観が崩壊しました。

  • 若い人たちは軟弱になったとか言われるけど、全くそんなことはない!
  • なんてたくましいのだろう・・・!
  • 生きる力が無くなってると言われたりもするけど、全然そんなことない!
  • むしろ、20代〜30代前半の若い人たちの方が、断然に生きる力がある!
  • 自分の手で試行錯誤して、自らの未来を切り拓く力がある!!

ということに気づいたのです。(あ。ちなみに、僕は現在37才です)

今までの僕は、完全に「井の中の蛙」状態だったのです。

僕がやっていたことは何だったのか・・・

だから、思いました。

「僕がやっていたことは何だったのだろう?」と。

曲がりなりにも、ITサポートとかブログの書き方とか発信を継続するコツとかをお伝えする身分だったのに、それが全く不十分だったことに気づいたのです。

というか、レベルが低すぎる!!

僕がやっていたことは、本当に“井の中の蛙”で、仲良しこよしさんだけが集まって、ワイワイ楽しくお遊戯会をしているような、幼稚園とか保育園のレベルのことだったのです。世間で通用するようなことは何もできていないし、活躍している人たちの歯牙にもかからない。相手にすらされないような状態だと気づいたのです。

だから、自分のことがめちゃくちゃ恥ずかしくなりました。

偉そうに人に教えたりサポートしていた僕が、本当に馬鹿らしくなりました。

「アホなのか?」と。

僕が今まで持っていた知識も経験も自信もプライドも、全てガラガラと崩れ去りました。

そして、悩みに陥りました。

あ。このブログは、オンラインサロンのメンバーさんも見に来て下さっているかもしれないので、念のためお伝えしておくと、サロンのことは否定していませんー!!あそこには抽象度の高い目的があったり、ヨコの繋がりを重視しているので、サロンの価値が低いわけではないのです。

ただ、主に僕が担当しているスキル面のことについては、やっぱりレベルが低いと思います。てゆーか、僕のレベルが低いので、そうなってしまいますよね(^^;; でも、これもサロンの価値を低くするものではなく、「現状のメンバーさんや要望に合わせて提供する」という意味合いでは高いクオリティだと考えています。

ですので、この記事で話しているのは、サロン内のことではなく、あくまでも僕個人のことについてです!

負けたくねえ!

『ブログの方向性に迷った!』の記事でも書きましたが、こんな風に悩みに陥って、自分の今までの経験や価値観が崩壊することを「アイデンティティ・クライシス」と言います。

で。ここ数日、アイデンティティ・クライシスに陥っていた僕ですが、ひとしきり悩んだり落ち込んだりした結果、次の感情が湧いてきました。

それは何かというと、

「負けたくねぇ」

というものです。

若い人を見習って自分を変えたい!

そう。僕は負けたくないのです。

先ほど「若い人たちがスゴイ!」と書きましたが、その人たちに負けたくありません。

ちょっとぬるま湯に漬かって、時代に取り残されてしまいましたが、このままで終わりたくありません。

いま若い世代の人たちがどんどん成長しているなら、それに負けないように自分も成長したいのです。

あ。でも、よくある「若い奴らにはまだまだ負けん」的な、老害になってしまうような考えではなく、むしろ「今の若い人たちを見習って、自分自身を変えていこう!」という感覚です。

どうやら僕も、30代の後半に突入して、新しいものを取り込む感覚が薄れてしまったようです。今の自分のままでいることが心地よかったり、近くにいる人の考え方ばかりに触れて、刺激を求めることを怠ってしまっていたようです。

過去の実績や今いる人たちの厚意にすがってばかりで、自分自身を高めることを見失っていたようです。

だから、若い世代で活躍されている方々をリスペクトして、そこから色々なものを取り入れていきたいのです。

そうやって、その人たちに追いつきたい! 負けたくないのです!!

自分自身に負けたくない!

いえ。何より、僕が負けたくないのは自分自身です。

ともすると、自らを甘やかし成長を止めてしまう自分に、負けたくないのです。

  • 「あなたはスゴイよ」「そのままでいいよ」という周囲の声に踊らされる自分
  • 「まずは自分を満たすことが大事」と自分ばかりを優先して、他人を見ようとしない自分
  • 過去の実績や経験にすがり、新しいものを取り入れようとしない自分
  • 自分の価値観が壊れることを恐れ、現実の変化から目を背けようとする自分
  • 何より、自分の未熟さを認めたがらない自分

こういった“弱い自分”に負けたくないのです。

もっともっと知識を学びたいし、スキルを磨きたいし、経験を積みたいのです。

「自分に負けたくない」
「だから、次へ進む」

そんな気持ちに駆られています。

悩みをきっかけにして、本当になりたい自分に気づき、恐れずに次の一歩を踏み出す。

このタイミングに、今の僕は来ているように思います。

まとめ

……と、長々と自分の話ばかりしてしまいましたが、お伝えしたいのはシンプルです。

それは、「悩みやアイデンティティ・クライシスは悪いものではなく、次の成長へ進むための貴重なきっかけ」ということです。

ただ、この時に注意したいのは、恐れや不安に飲み込まれないこと。

次の成長へ進むためには、今までの自分を否定したり、やってきたことを無駄に感じてしまう可能性があります。だから、不安だし怖いし、何より自分を傷つけることになります。

よく「自分を大事に」と言ったりしますが、こういうときは敢えて傷つけることが必要なんですよね。そうやって傷を乗り越えないと、本当の成長にはつながらないので。

だから、多くの場合、悩みが襲ってきたときにそれを上手く利用できず、元の場所へ戻ってしまいます。

ですが、自分が本当に目指したい未来へ進むためには、たとえ自分が傷ついてでも、自分の過去を否定してでも、不安や恐怖の方向へ進まなければならない。

僕はそう感じています。

要するに、やっぱり「自分に負けない」ということですね!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください