生活習慣

春の新生活を向上させるコツは「新しいことを始めない」こと!

春の新生活のコツは「新しいことを始めないこと」

昨日は、娘の幼稚園の入園式でした。

今まで3年間、基本的に妻にベッタリで育って来たので、他の人と触れ合う場に入るというのは初めて。

ですので、娘にとっては非常に大きな変化が訪れます。

文字通り”新生活”がスタートを切るわけですが、昨日の入園式に参加してみて、僕なりに気づいたことがありました。

それは、「新生活をスムーズにするためには、新しいことを始めないほうが良い!」ということ。

一見すると矛盾のようですが、新生活を迎えたタイミングで新しいことを始めると、けっこうキツイことになるはずです・・・。

春の新生活が始まった!けど・・・

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

昨日は3才の娘の入園式。

妻と僕も一緒に幼稚園へ出かけて来ました。

たくさんの園児さんとその親御さんたちとご一緒したわけですが、暖かい春の陽気の下でこういった式典に出ると、「新しい生活が始まるんだなー」と実感します。

そして、そうやって入園式を過ごし、僕はとても大切なことに気づきました。

それは・・・

「新生活ってめっちゃ疲れる」

ということです。

新生活はめっちゃ疲れる

はい。入園式、めっちゃ疲れました( ̄▽ ̄;;

もちろん、娘の晴れ姿を見られたし、幼稚園の先生たちも良い人ばかりだったし、同じクラスのお子さんと親御さんにもお会いできたので、とても楽しくて有意義な時間でした。

ですが・・・

  • 初めての場に行く
  • 初めての人たちに会う
  • この場所と人が、これから自分たちの生活に大きく関わる

ということを踏まえると、やっぱり神経使ってしまうんですよね。

自分の持ってるアンテナをビンビンに立てて、場所や雰囲気を把握して、その情報を自分の中で整理することを、入園式の間ずっとしてました。

結果、かなりのエネルギーを消耗しました(^^;;

娘が一番疲れていた

それは僕だけでなく娘もだったようで、最近は全然していなかったお昼寝を、昨日はめっちゃしてました。

お昼過ぎにパタリと寝落ちて、そのまま夕方まで2時間以上寝てました。

きっと、僕よりずっと彼女の方が消耗していたでしょう。

新しい環境に入り、新しい人たちとこれから一緒に過ごすというのは、どうやってもエネルギーを消耗してしまいます。

どうしても、疲れてしまいます。

つまり、「新生活が始まる」というのは、それだけで膨大なエネルギーがかかることなのです。

過去の新生活で大失敗!

ここで、僕自身の過去を振り返ると、春の新生活で色々と手を出して失敗してしまったことがありました。

僕は大学時代、親元を離れ初めての一人暮らしをしたのですが、その大学入学直後、沢山の新しいことを始めてしまいました。

周りの浮き立つ雰囲気もあったのでしょうが、

  • 色々なサークルの新入生歓迎イベントに参加する
  • クラスの役員に立候補してみる
  • たくさんの友だちを作ろうとしてみる
  • たくさんの授業を取ってみる
  • バイトを探してみる
  • 初めての土地だから、どんどん出かけてみる
  • 今まで欲しかった高い買い物をしてみる

などなどです。

ですが、結果的にどれもこれも上手くいかなくなりました(^^;

色々なことに手を出しすぎて完全にキャパオーバーになり、生活が全然回らなくなったのです。

「あれ? こんなはずでは?」となり、自分自身がどんどん消耗していき、途中で投げ出してしまったり、成績が悪くなってしまったり、せっかく高いお金で買ったものを使いこなせなかったり、せっかく仲良くなった友だちと付き合いがなくなったり……という状態になりました。

つまり、「新生活だから新しいことをしよう!」と手を出しすぎた余り、結局 何の成果も得られずに終わってしまったのでした(- -;

それもそのはず、先ほどお伝えしたとおり、「新生活がスタートした」というだけで膨大なエネルギーが必要なのに、そこに加えて“新しいこと”を始めてしまっては、キャパオーバーになることは目に見えているわけです。

本当に新しいことを始めるタイミングなのか?

世間的には「春の新生活」というと、新しいことを始める絶好のタイミングのように言われます。

寒かった冬が終わって暖かくなり、花が咲き始め、虫や鳥が動き出し、新年度によって社会も人も新しく動き出します。だから、その流れに乗って、自分も新しくスタートを切りたいと思ってしまうものです。

ですが、そうやって季節の変化や社会の流れに乗って、新しいことに手を出すのはかなり危険なのです。

もちろん、確固たる意思や計画があってスタートするのは良いのですが、周りの雰囲気にのまれてしまうと、後になってしっぺ返しを食うことになります。

僕の大学時代の失敗のように・・・。

ですから、「春の新生活がスタートした」というのであれば、新たなことよりも元々やっていたことに目を向ける方が良いのです。

世間の流れとは逆を行く

いわば、「もう一度自分の足元を見つめ直す」ということですね。

  • 自分が大切にすべきことは何だろうか?
  • 今まで続けて来たことで、新生活でも継続したいことは何だろうか?
  • 食事や睡眠などどんな生活リズムにすれば、新しい環境にも対応できるだろうか?

そんな冷静な視点が大切だと思うのです。

春になって世間や周りの人たちが浮足立っている時期だからこそ、あえて逆を行って自分の足元を見つめ直すべきタイミングと言えるのです。

そうやって土台を揺るがせないことで、むしろ新生活がスムーズになっていくでしょう。

新しい変化は自然にやってくる

「えー? せっかくの春なんだから、新しいことを始めようよ!」

と思われるかもしれません。

ですが実は、自分から新しいことを始めなくても、新しい変化は自然にやって来ます

というのも、先ほども言ったように、世間や社会がどんどん新しい流れになるからです。

言い換えると、周りがどんどん新しいことをスタートして、新しい変化をしていくので、その影響が自然と自分にやって来ます。それが、就職、進学、入学、入園などなどのライフイベントと関わっていれば尚更。

周りが勝手に新しい変化を起こすので、自分自身の生活や考え方も強制的に変化させられる、というわけなのです。

となると、逆に自分自身の土台や軸がしっかりしていないと、その変化に巻き込まれ、意図しないところへ運ばれてしまう可能性があります。

そういった意味でも、春の新生活の時期は自分から変化を起こそうとせず、自分の足元を見つめ直すのが重要なのです。

新しく始めたこと辞めます

……と、こんな風にお話しして来ましたが、僕自身も「やってしまった!」と反省していることがあります(^^;;

それは、「10日ほど前に新しいことを始めちゃった……」ということ。

↑こちらのツイートにあるとおり、新しいサイトを立ち上げました。そして、これまで約10日間、毎日記事を入れ続けて来ました。

それが苦しくなって来たのです( ̄▽ ̄;;

あわせて読みたい
新しいことを始めたい!そんなときに注意したい3つのポイント
新しいことを始めたい!そんな時に注意したい3つのこと桜の花が咲く季節になりました。 こうやって暖かくなってくると、気持ちも高まっていきますね。 新年度を迎えるということで、「新...

↑こちらの記事にも書いたとおり、「新しいことを始めるときは注意!」とできる限り注意してスタートしました。ですが、いざ10日ほどやってみると、色々と違和感が出て来てしまったのです。

どうやら僕も、暖かい春の雰囲気に流されて、余計な“新しいこと”に手を出してしまったクチのようです・・・。

そんなわけで、この新しいサイトについても一旦引いて、足元を見つめ直す時間を持とうと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

娘の入園式に参加して気づいたことを、自分の体験を踏まえて書かせていただきました。

もう一度ポイントを整理すると・・・

新生活向上のコツ
  • 「春の新生活が始まる」というのは、それだけで膨大なエネルギーを消費する
  • そこに「新しいことを始める」という行為を加えると、キャパオーバーになる可能性が高い
  • だから、季節の変化や世間の雰囲気に流されないことが大切
  • むしろ、自分の大切なことや生活習慣を見つめ直し、土台固めをする方が良い
  • 社会が新年度に突入し、どうやっても周囲から変化が自然にやってくる

となります。

我が家も、娘の入園によって家族全員が新生活に突入するので、その変化に対応できるように土台を固めたいと思います!

あなたの新生活も、より良いものになりますように!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!