インターネット

情報発信ビジネスで成功する秘訣とは?これだけは絶対欠かせない!

情報発信ビジネスで成功する秘訣とは?

「情報発信ビジネスに取り組みたい!」

「インターネットで発信して仕事につなげたい!」

という人が増えました。

かく言う僕もその一人で、以前は情報発信ビジネスに没頭して、他の方のコンサルティングなどもさせていただいていました。それで、大きなお金をいただいたこともあります。

諸事情により、現在はそういった活動をしていませんが、やはり「インターネットからお金を得たい」というお声を聞きます。

そんな中で、「情報発信ビジネスに必要なことは何だろう?」と考えたところ、ある結論が出ました。

それは、「毎日 発信すること」です。

シンプルすぎるかもしれませんが、これって冷静に考えたら当然のことです。

だって、「情報発信ビジネス」って「情報の発信を仕事にする」ということですよね?

「仕事」って、日々継続して行うものですよね?

ということは、その仕事の内容である「情報の発信」は毎日やった方がいいですよね?

「情報発信」とか「インターネット」と言うから見えにくくなるだけであって、これを他の仕事に置き換えると、すごくわかりやすくなります。

例えば、「ピアニストになりたい!」「ピアノ演奏で仕事がしたい!」という人がいたら、その人は毎日ピアノを練習している印象を受けるはずです。

もし、その人に「毎日どれくらいピアノを練習してるんですか?」という質問をして、「いえ。今は他の仕事が忙しくて、しばらく弾けてないです」という回答が返って来たら、

「え? 本気でピアニストになるつもりあるの?!」

となりますよね。

これと同じことが情報発信ビジネスにも言えるのですが、どうやらこの常識は通用しないようです(^^;;

というのも、「情報発信ビジネスがしたいです」「インターネットを使って仕事がしたいです」という人に「そうなんですね! じゃあ、どんな発信をどれくらいのペースでしてるんですか?」と聞くと、

「いえ。今は仕事が忙しくて、しばらく発信できていません……」

という答えが返って来ることが多いからです。

もちろん、趣味でブログを書いたり、好きなことのためにネットを使っているのなら、それで全く問題ありません。ですが、「情報発信を仕事にしたい」という場合、かなり厳しくなります。

なぜなら、「ピアニストになりたい」という人が「全然ピアノ弾いてません」というのと同じように、

「え? 本気で仕事にする気あるの?」

「いや。無理じゃね???」

となってしまいますから。

ですので、ここで結論を言ってしまうと、情報発信ビジネスで成功するための秘訣は「毎日インターネットで発信すること」なんです。

情報発信ビジネスで欠かせないこと

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

冒頭でお伝えしたとおり、以前は情報発信ビジネスに取り組み、他の方のコンサルティングなどもさせていただいていました。現在はそういった活動はせず、主に個人事業主さんや小規模店舗さんのホームページ作成やブログ運営をお手伝いさせていただいています。

まあ、「インターネット」であるのは変わりませんし、どこが違うのかもハッキリしないので、今も「情報発信でビジネスしている」と言えばそうなります(^^;;

そんなこんなで、中途半端な僕ではありますが、曲がりなりにも経験を積んで来たこともあり、情報発信ビジネスについて確かに言えることがあります。

それは、

「情報発信でビジネスしたいなら、毎日 発信しよう!」

ということです。

発信方法は何でもいいので毎日やる!

とはいえ、「発信」と一口に言っても、色々な方法がありますよね?

  • ブログで記事を書く
  • FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに投稿する
  • SNSで繋がった人と交流する
  • メールマガジンを配信する
  • YouTubeに動画をアップする

などなどです。

今では様々なメディアや方法が登場していて、発信手段も多岐に渡るようになりました。

だから、どんな方法でも良いと思います。

ですが、絶対に欠かせないのは、その発信を毎日継続することです。

“仕事”にするために最低限必要なこと

どうして毎日の継続が必要なのか?

それは、“仕事”にするなら、毎日の継続が最低限必要だからです。

ピアニストに例えるなら

先ほどピアニストを例に出しましたが、プロのピアニストさんって毎日欠かさずピアノを練習しています。

僕の妹は音楽科の高校と大学を出たのですが、まだ“プロ志望“の段階でも、毎日ピアノを練習していました。

つまり、「ピアノを仕事にする」ということは、ピアノを毎日引く習慣が必須ということです。

プロ野球に例えるなら

ピアノでイメージが湧きづらければ、野球の話に変えてみましょう。

プロ野球選手のイチローは、毎日バットの素振りを欠かさないと言います。

少年時代からプロを目指して毎日欠かさずにバットの素振りをして、プロになっても素振りをして、メジャーリーグの第一線で活躍するようになっても、毎日素振りをしています。

つまり、野球を仕事にするために、「野球に触れること」「野球の基礎練習をすること」を絶対に欠かしていないのです。

情報発信ビジネスなら“発信”が不可欠

じゃあ、これを情報発信ビジネスの話に戻すと、どうなるのか?

その名のとおり、情報発信ビジネスは、インターネットで情報を発信して仕事にすることです。つまり、「情報を発信すること」が基本となります。

ということは、「情報を発信する」という習慣がなければ、仕事として成り立ちません

ですから、もしこれから情報発信を仕事にしたいのであれば、毎日欠かさずインターネットで発信することが最低条件となるのです。

少年時代のイチローが野球を仕事にしたくて、毎日バットの素振りを欠かさなかったように。

「毎日の発信」は“土台”

ただ、「毎日発信を継続すること」は最低条件であって、発信を継続したからと言って、それが自動的に仕事になるわけではありません。

イチローだって、バットの素振りだけをやっていたわけではなく、小さい頃から試合にも出て、高校時代には野球部で甲子園に出て、そこからプロ野球への道へ進んでいますよね?

だから、「毎日の素振り」だけでプロになったわけではありません。

ですが、野球の試合をするためやプロの選手になるために、「毎日の素振り」は必須でした。いわば、仕事をするための土台を作っていたわけです。

それは情報発信ビジネスにも言えて、「毎日発信すること」で仕事になるわけではありません。ですが、仕事をするための基礎としては欠かせないわけです。

毎日の発信が、ビジネスへの可能性を開く“土台”や“基礎”となるのです。

そして当然ながら、この“土台”がなければ、“仕事”には繋がりません。

毎日の発信がなければビジネスを考えるのは論外

よく「インターネットで発信を継続しても、それがビジネスに繋がるイメージが湧きません」というお声を聞きます。

そのお気持ちはすごくわかります。道筋の見えないものに、人は積極的に進んで行けないですものね。

ただ、毎日発信ができていないなら、ビジネスのことを考えるのは論外です。

なぜなら、それは「バットの素振りやキャッチボールが出来ないけど、野球の試合に出たい」と言っているのと同じようなものですから。

つまり、「前提条件や土台が欠けている」ということです。

“基礎”と“土台”を身につけるのが先

野球の試合に出たいのなら、まずは普通にキャッチボールができるようになって、バットの素振りを練習して、基礎力を身につけるのが先です。試合のことを考えるのは、その後です。

ピアノでも、壮大なクラシックを弾けるようになる前に、まずドレミファソラシドが弾けるようになり、指使いを覚え、簡単な曲から練習します。そして、その練習を毎日続けるところが始まりですよね?

それと同じで、情報発信でビジネスしたいなら、まず発信を継続することがスタートになるのです。

そうやって“基礎”と“土台“を築く必要があるわけです。少なくとも、毎日継続できる習慣を身に着けなければならないのです。

「1年継続する」というハードルが高ければ、まずは3ヶ月でも良いかもしれません。

ですが、とにかく「毎日継続する」という習慣が大切です。

ですので、「情報発信をしてビジネスに繋げる道筋が見えません」という問いに対しては、こうお答えします。

「まずは3ヶ月、発信を継続してください」

「ブログでもSNSでもYouTubeでも何でもいいので、毎日発信してください」

「毎日継続して、投稿を100回ほど積み重ねてください。ビジネスの話はその後です」

となります。

毎日継続するなんて無理?!

……と、こんなことを言うと、「毎日継続するなんて無理です!」となられるかもしれません。

ですが、それにお答えするは簡単です。

「え? だって、“情報発信”を仕事にしたいわけですよね?」

「“継続できない”なら、それを仕事にできる可能性ゼロじゃないですか?」

……と。

だって、情報発信で「ビジネスをする」「仕事をする」というのは、それをずっと継続することが前提ですから。

収入が発生したらゴールなの?

仮に、今から情報発信を頑張って、1年後に100万円の収入が発生したとします。そしたら、そこで発信は終わりですか? 違いますよね?

「情報発信を仕事にする」「インターネットでお金をいただく」ということは、「その先もずっと発信を続ける」ということです。

「一度大きな収入が発生したら、そこで活動を辞める」というのは、それはビジネスや仕事ではないです。ただの趣味です。悪く言えば、バクチにも似ています。

つまり、「情報を発信することで生計を立てるなら、それをずっとずっと継続するのが前提」ということです。

ですから、発信の活動は1年や2年の話ではないはずです。おそらく10年、20年のスパンで継続することになるでしょう。

1年すら継続できないなら仕事にするのは不可能

となると、「1年間も継続できません」と最初に言っていたら、10年単位で継続するのは到底ムリではないでしょうか?

ましてや、たったの3ヶ月も毎日発信できないようでは、どう考えても仕事としてやっていく素養があるとは思えません

なので、ハッキリ言いますが、「1年間も発信できそうにない」「3ヶ月、毎日継続するのも難しそうだ」という場合は、情報発信でビジネスするのは辞めた方がいいです。

てゆーか、辞めましょう。

悪いことは言いませんから(^^;;

「ビジネスしたい」のか「ラクしたい」のか

「いや。でも、情報発信でビジネスして、今の環境を変えたいんです!」

「インターネットで収入を得られるようにして、人生を豊かにしたいんです!」

というお声があるかもしれません。

ですが、ちょっと待ってくださいね。

たしかに、情報発信でビジネスできたら、現在のお仕事や家庭の環境を変えられるでしょう。インターネットで収入が生まれたら、人生が豊かになるでしょう。

でも、それって本当に「情報発信でビジネスしたい」ということですか?

本当は「ラクをしたい」んじゃないですか?

そこにあるのは、「情報発信をビジネスにしたい」「インターネットで仕事したい」という気持ちではなく、単に「楽(ラク)をしたい」という気持ちではないでしょうか?

これって、「仕事をしたい」とは程遠いです。だって、「楽をしたい」人が積極的に仕事に取り組めるわけありませんから。

もしそういった気持ちがあるなら、やはりビジネスのことを考えるのは論外なのです。

情報発信ビジネスはラクなのか?

まあ、でも、増えましたもんね……「情報発信でビジネスしよう!」とか「インターネットを使って収入につなげよう!」という情報(^^;;

  • インターネットを使えば、時間も場所も選ばないので、自由に働くことができます!
  • しかも、マーケットが世界に広がるので、収入額の可能性も高まります!
  • “情報”という目に見えないものを使うので、在庫リスクがなく、初期投資も必要ありません!
  • 情報発信ビジネスをすれば、自由で豊かな人生が開けるんです!

ということが、あちこちで言われますもんね……。

いえ。懺悔させていただくと、僕もそんな風に宣伝して、コンサルティングなどの仕事をしていました。

ですが、激しく後悔しています。

なぜなら、関わったクライアントさんたちの人生を豊かにすることが、僕には出来なかったからです。

ビジネスのコンサルをしたけれど……

もちろん、成果を出される人もいました。

中には、短期間で月収50万円以上の収益を生み、その後もずっとビジネスを継続されている人もいます。

ですが、大半のクライアントさんが、明確な成果を出せないまま終わっていかれたのです……。

それはどうしてなのか? 今から振り返ると・・・

  • 「発信を継続する」という“土台”が出来ていなかったから
  • 「ビジネスをしたい」ではなく、「ラクをしたい」という気持ちが根底にあったから

となります。

「ラクをしたい」を別の言葉で言い換えると、「現状から逃げたい」ともなります。どうやらネガティブな状況や想いを抱えている人が多く、そこから抜け出したくて情報発信ビジネスに取り組まれようとしたんですよね……。

でも、それって「仕事をしたい」ではなくて、「仕事したくない」という気持ちがベースです。

そう。つまりは、そもそも仕事やビジネスができる前提が整っていなかったのです。それ以前の問題だったのです。

ネガティブな動機でビジネスは出来ない

こういった状態であれば、情報発信ビジネスを考えることそのものが無謀です。

下手をすれば、「インターネットで稼げますよ」「情報発信で人生が豊かになりますよ」という耳障りのいい言葉に乗せられて、高額のコンサルや起業塾や情報商材に申し込み、お金は払ったけれど何の成果も得られない……という状況に陥ります。

というか、そういう人を僕は何人も見てきました。

だから、「ラクをしたい」「現状から抜け出したい」というネガティブな動機で、情報発信ビジネスを始めることは、到底おすすめできないのです。

まずは自分の力で発信してみる!

ですからまずは、ビジネスとか収入とかを考えず、とにかく情報発信を継続できるかを試してみると良いです。

「情報発信でビジネスして、今の仕事から抜け出すんだ!」

「インターネットで収入を得て、豊かな人生にするんだ!」

と思われるのであれば、最初はコンサルとか塾とかは受けず、まず自分自身の力で、発信活動に取り組まれることを強くオススメします。

それを1年継続できないのなら、すみません……情報発信でビジネスするのは明らかに向いていないので、辞めた方がいいです(^^;;

ピアニストに例えるなら

これまたピアノの話に例えると……

「コンサートホールを観客でいっぱいに出来るピアニストになりたい!」

と言っているのに、自分でピアノの練習を1年も継続できなければ、その未来は到底開けないですよね?

「いえ。今は仕事が忙しくてピアノを弾けてないだけなんです!」

「やる気だけはあるんです!」

と言い訳されても、「そんなんじゃ絶対叶わねえ!」となりませんか?

プロ野球選手に例えるなら

はたまた、プロ野球に置き換えるなら、

「野球選手って年収1,000万円以上の人が多いし、ファンもできるし、女の子にもモテモテだし、そんな憧れの生活になりたいです!」

という人が、バットの素振りもキャッチボールもできない、そもそも毎日の練習もしてない、という状態であれば、

「アホですか?」

ってなりませんか?

「それ、プロ野球選手になりたいんじゃなくて、金が欲しいだけやろ?」

「女の子にモテたいだけやろ?」

「叶わない夢を語るのは、寝てる間だけにしろ!!」

ってなりませんか?

情報発信ビジネスで言えば……

情報発信ビジネスもこれと同じ。

「情報発信でビジネスして、環境を変えたいんです!」

「インターネットで収入を得て、人生を変えたいんです!」

と言っていても、毎日何も発信していないのであれば、

「え? アホですか?」

「あ。アホですね」

と思われて終わるだけです。

そうなんです。発信の継続すらできないのに、インターネットで収入を得ようなんざ、アホ以外の何者でもないのです。

あなたは、アホになりたいですか? それとも、本当に夢を叶えたいですか?

もし本当に夢を叶えたいなら、インターネットでの発信を毎日継続できますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

めっちゃ長くなってしまいましたが、要点は一つです。

情報発信でビジネスしたいのであれば、まずは1年間、毎日の発信活動を継続すること

これが“基礎”であり“土台”であり、前提条件となります。

もしこれをクリア出来ないのであれば、もうビジネスとか収入のことを考えるのは辞めましょう

だってそれって、バットの素振りも継続できないのに「プロ野球選手になりたい!」と言っているのと同じですから。

そんな姿は痛すぎますし、もっとご自身に合った働き方や収入の方法があるはずなので、それを探してください。

けれど、もしご自身の力で情報発信を1年間継続できたなら、誰にも頼らずにコツコツ毎日欠かさずに発信し続けられたら、その先には輝かしい未来が待っていると思いますよ(^-^)

ちなみに、インターネットでの発信に取り組みたいけれど、ホームページやブログの立ち上げ方が分からないし、ITが苦手で一人では始められない……というケースもあると思います。

そういった方に向けて、情報発信の始め方やITのサポートをさせていただいています。僕はインターネットでの発信を楽しむ人が増えるように活動しているので♪

ただし、今回の記事でお伝えしたように、ビジネスのサポートやコンサルティングは一切しておりません。

あくまでも、「情報発信を始める」「発信活動を継続する」ためのお手伝いですので、その点はご了承ください。

ご興味ある方は、当ブログ内に掲載しているメールアドレスか、TwitterまたはFacebookからメッセージください(^^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!