子育て

幼稚園に入園したら子どもより親の方が大変だった!という話

幼稚園に入園したら子どもより親の方が大変だった!

今週から、娘の幼稚園が始まりました。

おかげさまで、娘も3才。晴れて幼稚園に入園することができました!

ただ、子どもの成長は嬉しいのですが、こうやって新しい環境に入ると、心配も大きいです……。

  • 今までほとんど家にいたから、外の生活に対応できるのか?
  • 一人っ子で特にお友達もおらず過ごして来たから、同じクラスのお子さんと仲良くできるのか?
  • そもそも、先生たちに迷惑をかけないのか?
  • 給食をきちんと食べられるのか?
  • トイレにはきちんと行けるのか?

……と、様々な心配が湧いて来ます。

一応、トイレトレーニングは終わっていて、お漏らしの心配はほぼ無いのですが、お箸はまだ上手く使えていないので、給食の食べ方には不安があります。

また、もともと寂しがり屋で甘えん坊でもあるので、親元を離れての集団生活ができるのかどうか……?

心配で心配でたまりません!!

……と、そんなこんなで一週間過ごした結果、大変なことになりました。

いえ。子どもに何かあったわけではなく、親である僕の消耗が激しかったのですorz

幼稚園入園で苦難が訪れた!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

4月の第2週目に入り、いよいよ新年度がスタートしました!

今年は娘が新しく幼稚園に入園するとあって、家族みんなが大変革。期待と不安が激しく入り混じりながらの新生活です。

春の新生活のコツは「新しいことを始めないこと」
春の新生活を向上させるコツは「新しいことを始めない」こと!昨日は、娘の幼稚園の入園式でした。 今まで3年間、基本的に妻にベッタリで育って来たので、他の人と触れ合う場に入るというのは初めて。...

↑こちらの記事で入園式のことを書かせていただき、「新生活ってめっちゃ疲れる」「特に何か新しいことを始めない方がいい」というお話をしていたのですが、まさにその通りでした。

実際に幼稚園生活が始まると、様々な苦難が待っていたのです!!

子どもではなく親の方が・・・

あ。でも、子どもに何かあったわけではありません。

娘は予想外にあっけらかんとしていて、通園バスに素直に乗り、ご機嫌で帰って来てくれています。幼稚園での出来事も楽しそうに話してくれます(まだ意味はよくわからないですけど……)。

「甘えん坊だから、きっと泣くかな?」

「集団生活に慣れなくて、暗い顔で帰って来るかな?」

と思っていたのですが、そんな親の心配などはどこ吹く風で、ビックリするくらいスムーズに通園してくれています(この先、色々あるのかもしれませんけど……)。

じゃあ、大変なのは何だったかと言うと、冒頭でお伝えしたとおり、親への負担でした。

しかも、何か具体的な出来事や事件があったわけではなく、精神的な消耗です……。

親の精神消耗がハンパない

始業式の朝、僕の精神はこんな状態でした↑

でも、あくまでも始業式だけで短縮授業だったので、お昼過ぎにはすぐ帰って来ました。

帰っては来たのですが、、、

激しく消耗してしまいました。。。orz

Twitterのフォロワーさんにもご心配をおかけしてしまったらしく、「親子登園だったのですか?」というリプをいただいてしまうくらいでした。

けれど、もちろん通園バスで行って帰って来たので、僕は幼稚園には出かけておりません。家で待っておりました。

じっと待っておりました。

娘のことを想い、何もできず、じっとずっと待っておりました。

なんかもう、“幽体離脱”したかのようだったのです。

まるで“幽体離脱”現象

はあ……。ここまで心配するのは僕だけなんでしょうかね。

考えすぎてしまう性格を直したい!
考えすぎてしまう性格を直したい!僕が実際に成功した3つのステップとは?僕は考えすぎる性格です。 そして、考えすぎて思うように行動できなくて、結果的に自分自身を苦しめてしまいます。 こんな風に考え...

↑こちらの記事にあるように、僕はめっちゃ考えすぎる性格です。これはもう昔からずっとなので、変えようがないと思ってます。むしろ「これは自分の長所なのだ!」と思い込むようにしているくらいです。

ですが、今回は考えすぎる性格が災いして、めちゃくちゃ疲れてしまいました。

  • 幼稚園で無事に過ごせてるかな?
  • お友達とケンカしてないかな?
  • 先生にイタズラしてないかな?
  • バスが事故したりしないかな?

みたいな思考がグルグルと働いて、めっちゃ疲れてしまったのです。「考えすぎてしまう性格を直す3ステップ」をブログに書いていたにも関わらず……。

ですが、結果としては何もなく、娘は元気にご機嫌で帰って来てくれました♪

こうやって始業式の日は、ホッとして無事に終えることが出来ました。

続く苦難の日々

……が、

悲劇(?)はこれで終わりませんでした。

むしろ、始業式の翌日からの方が大変だったのです。

理由はぶっちゃけわかりません。何か事件が起こったわけでもないし、娘がケガをしたわけでもないし、お友達とトラブルを起こしたわけでも無いのですが、やっぱりどうしても心配してしまうのです。

気になって気になって仕方ないのです。

仕事すら手につかなくなってしまうのです。

いつの間にか、リビングでボーーーーっと過ごしてしまうのです。

時間がいつの間にか過ぎていく……かと思いきや、なかなか時間が経過せず、「何じゃこの蛇の生殺し状態は!?」みたいな苦行が続くのです。

始業式が終わり、検尿の提出日があったり、給食のお試し日があったり、給食の本格スタートがあったり、小さいようで大きなイベントが続きました。

まだ短縮授業ではありますが、それでもやっぱり新しい生活に慣れていないのもあって、こちらの頭で考えることと、精神エネルギーの消耗はハンパなかったようです。

結果、リビングでボーーっと過ごして、まさに“幽体離脱”状態になることが増えてしまったのでした。

親が消耗するほど子どもは元気?

一方で、娘の方が元気とご機嫌そのもの。

今日はとある事情で幼稚園をお休みするのですが、その“とある事情”よりも「幼稚園へ行きたい!」と言うくらいです。

どうやら、娘自身はスムーズに幼稚園生活に慣れてくれた模様。

それであれば、こちらがどれだけ心配しようと、どれだけ消耗しようと「まあいいかな?」と思えてしまいますね。

子どもが楽しく笑顔でいるのが一番なので。

「お? これはもしかしたら、娘の不安とか心配とか負担が、全部こっちにやって来ているのかも?」

と非現実な妄想を抱いてしまいますが、こう考えると僕もポジティブになるので、こんな風に考えることにします。

そう。

親がめちゃくちゃ心配になったり精神的に疲れるということは、それだけ子どもの不安や負担を肩代わりしているということで、子どもはスムーズに幼稚園に慣れることが出来るのだ!

そんな根拠のない仮説を、ここで提唱したいと思います。

妻も子育てから解放されて元気!

あ、そうそう。

今まで僕の話ばかりしてしまいましたが、肝心の妻はどうだったのかというと、今週は仕事で出ていることが多かったです。

なので、娘の幼稚園については心配もしつつ、寂しくも感じつつ、でも、自分の仕事に集中していた感じ。

僕のように消耗しているようには見受けられませんでした。

むしろ、幼稚園が始まったことに対して、かなりルンルンです。

「これで、一人で自由に過ごす時間が増える!」

今まで3年半。ほとんどの時間を娘と一緒に過ごしてくれたので、その想いが強いようです。

こちらとしても、今まで本当に感謝ですし、これからは自分の好きなことをして過ごして欲しいなー、と思ってます。

まとめ

そんなこんなで、まとまりのない、何を言いたいのかわからないブログになってしまいましたが、無理やりポイントを整理すると……

幼稚園の入園で気づいたこと
  • 無事に幼稚園が始まりました!
  • 親が心配するほど、子どもは寂しさや不安を感じていないようです!
  • むしろ、親の方が“幽体離脱”するくらい、激しく消耗しています!
  • でも、こちらが消耗するのは、子どもの不安や負担を肩代わりしているのだと考えてます!
  • 今まで子育てをしてくれていた妻は、幼稚園のおかげで解放され、これから自由な時間が増えます!
  • 幼稚園、素晴らしい!!

となります。

同じように、心配や消耗や“幽体離脱”を経験していらっしゃる親御さんがいるかなー?と思い、こんな風に書かせていただきました。

もしあなたがそうだとしたら、子どもの幼稚園生活のサポート、一緒に頑張りましょう!!

この記事が、ほんの少しでもお役に立てたら嬉しいです(*^^*)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください