WordPress

ワードプレスのテンプレートを初作成!考える前にやってみる!

ワードプレスのテンプレートを初作成!考える前にやってみる!

ワードプレスのテンプレート作成を始めました!

先日、「テンプレートを作りたい」という記事を書いたのですが、実際に動き始めました。

そして、最初のテンプレートが昨日できあがりました!

正直なところ、自分でもビックリです。ワードプレスのテンプレート作成って、すごく難しいと思っていましたから。

もちろん、今回作ったのは非常にシンプルな構造で、デザインも機能も全然充実していないのですが、「とにかく形にしてみた」ということだけでも大きな成果なのです。

「できるかな?」「難しいんじゃないかな?」と考えるより前に、やりたいと思ったらまずやってみる。

これがすごく大切だなと思ったんです。

ワードプレスのテンプレート作成に挑戦!

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです(^^) 大阪の郊外で無農薬の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

インターネット関連の仕事では、主にワードプレス(WordPress)を使ったサイト作成をさせていただいていて、その後の運営などもお手伝いしています。

あ。「ワードプレス」をご存じない場合は、「ホームページやブログを作るための道具」と思っていただければいいと思います!

で。その“道具”を使いこなすためには、専用のテンプレートが必要になるのですが、その作成に今回チャレンジしたのです。

ワードプレスのテンプレートを作るには

テンプレートというのをもう少しわかりやすく言うと、ウェブサイトのデザインや機能を決めるものです。

このブログもワードプレスで作っていて、有料で購入したテンプレートを使っているのですが、そのテンプレートのおかげで

  • ページ全体の色合いやレイアウトが綺麗になったり
  • 文章がスタイリッシュになったり
  • 記事の右側(スマホだと下側)に、プロフィールなどの案内を配置できたり
  • 記事の下に関連する記事を表示できたり

色々なことができるようになっています。

つまり、ワードプレスで作ったホームページやブログを、より綺麗により使いやすくするためのものが、この「テンプレート」なのです
(正式には「テーマ」と言うのですが、「テーマ」というと「記事内容の話題」という意味になったりするので、ここでは敢えて「テンプレート」という言い方をしています)

テンプレート作成には知識が必要?

ただ、このテンプレートを作るためには、様々な知識が必要になります。

ザックリとですが、

  • サイト内の構造を決めるHTML
  • サイト内の色や見た目を決めるCSS
  • それを状況に合わせて変形させるPHP

などです。(他にもJavaScriptなども必要ですが、わけわからなくなるので省略します(^^;;)

「なんのこっちゃ?」って感じだと思います。

はい。僕も最初は「なんのこっちゃ!?」って感じでしたし、今でも全然よくわかっていません……。

でも、「なんのこっちゃ?」状態でも、「ワードプレスのテンプレートを作りたい!」と思ってしまったのでした。

「作りたい!」けど躊躇していた

そんな風に思った経緯は、こちらの記事で書かせていただきました。

あわせて読みたい
これからのWordPressテンプレートの形とは?自分で作りたい!
WordPressのこれからの形とは?テンプレートを自分で作りたい!と思った理由「WordPressのテンプレートを作りたい!」と思いました。 先日導入した『JIN』というテンプレートが本当に素晴らしくて、「僕...

いま僕は、ワードプレスを使って情報発信するオンラインサロンに関わらせていただいているので、そちらのメンバーさんが使いやすいテンプレートを作りたいと思ったのです。

そのオンラインサロンには、どちらかと言うとIT関係が苦手な人が多く、複雑な機能や設定がなくても、手間と時間をかけずに発信できる形を作りたいと思ったんですよね。

でも、そう強く思っても、躊躇していました

先ほども触れたように、ワードプレスのテンプレートには様々な知識が必要になりますから。

一週間勉強したけど……

なので、一週間ほど前から、テンプレート作成のための知識を勉強していました。

こんなツイートをするくらい、それはそれで楽しかったのですが、昨日あたりからある想いが芽生えて来ました。

「なんかもう、かったるい!」

「さっさと作りたい!」

と思ったのです。

そして、そんな想いのまま突っ走ったら、できちゃいました♪

やってみたらできちゃった!

初めて作ったWordPressテンプレート

実際に作ったのは、こんな感じのデザインです。

とはいえ、めちゃくちゃシンプルだし、プログラミングを学べるサイトさんに載っていたことを、そのままやっただけです(^^;;

ですが、あんなに難しく考えて躊躇していたのに、実際にやってみたら「とにかく作る」ということは達成できたのでした。

しかも、たったの1日で。

ちなみに、作り方を学ばせていただいたのは、『ドットインストール』というサイトです。


WordPressやウェブサイト作成以外にも、様々なプログラミングが動画で解説されていて、しかも一つの解説動画が3分以内と短いので、とても学びやすいのです。

WordPressの解説は古くなっていますが、それでも分かりやすさは半端ないと思います! これから始められる方はぜひ☆

大きな自信につながった!

これは、僕の中で大きな自信になりました。

「今まで“出来ない”と思っていたことが出来た!」

「え? 自分って、こんなに出来る能力あったの?!」

と思わず感じてしまいましたから( ̄▽ ̄)

まあ、これは思い上がりの感があり、プログラミング学習サイトさんが素晴らしかったのもあり、色んな偶然が重なってのことではありますけど……。

でも、それでも、自分が「やりたい」と思ったことが出来たというのは、子どもが初めて自転車に乗れたときの達成感のような、半端ない喜びをもたらしてくれました。

そして、そのためには、考えるより前にやってみるのが大事!と痛感したのです。

頭よりも手を動かす方が大事!

もともと僕は考えて過ぎてしまう性格です。

あわせて読みたい
考えすぎてしまう性格を直したい!
考えすぎてしまう性格を直したい!僕が実際に成功した3つのステップとは?僕は考えすぎる性格です。 そして、考えすぎて思うように行動できなくて、結果的に自分自身を苦しめてしまいます。 こんな風に考え...

ですので、今回も「先にCSSを身に着けなくては」「実際にWordPressに落とし込む前にHTMLでコードを書けなくては」などなどと考えていました。

あ。言葉が意味不明な場合はスルーしてください(^^; とにかく「実際に手を動かす前に、頭ばかりをゴチャゴチャと動かしてしまっていた」ということです。

でも、この「頭だけで考える」とか「必要な知識を勉強するだけ」というのは、かなりムダな時間だなと思ったんです。

だって、実際に手を動かして進んだ方が、成果に辿り着くまでの時間が短いし、知識も身につきますから。

そして何より、「確実に自信ができあがる」というのが非常に大きいです。

そんなこんなで、「やりたい」と思ったことはまずやってみるのが大事、と学んだのでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか? WordPressのテンプレートという専門的な題材でお話ししたので、わかりにくかったかもしれません(^^;

ですが、こうやって「考えるより前にまずやってみる」というのは、どんなことにも有効だと思うんですよね。

ですので、もう一度ポイントを整理すると……

考える前に行動するのが良い理由
  • 何かを「やりたい」と思ったら、素直にそのままやってみる
  • 必要な知識や準備があるかもしれないけれど、それを考えるのは後。
  • 知識を勉強したり考えたりするのは、実は余計な時間がかかる。
  • とにかくやってみて、そこから考えたり勉強したりする方が効率的。
  • 何より、自分の中に自信が積み上がる

となります。

ぜひぜひ、あなたの「やりたい」ことにチャレンジしてくださいね! 今すぐに!!

僕もWordPressのテンプレート作成、がんばりますo(^-^)o

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!