ライフスタイル

苦手なことには徹底的に向き合おう!克服した先に開ける未来とは?

苦手なことに向き合おう!

僕にはやりたいことが沢山あります。

でも、それに取り組むことに躊躇していたんです。

なぜかと言うと、苦手なことに向き合わないといけないから。

「やりたいことはあるけど、これをやり始めたら、自分の苦手なこともしないといけないな……」

「それってツライし苦しいな……」

「だから、やりたいことにフタをして、見ないようにしよう」

こんな感じで、“苦手なこと”を理由に、本当にやりたいことから逃げていたんです。

けれど、今、本当にやりたいことに取り組むことに決めました。

そして、苦手なことにも徹底的に向き合うことにしました。

すると、そこから思わぬ展開が起こりました。

  • 自分はどうしてそれが苦手だったのか?
  • その苦手を克服すると、どういったことが起こるのか?

が見えて、人生全体が良くなりそうなのです!

やりたいことがあります!

ブログへのご来訪、ありがとうございます。「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

いま熱心に取り組んでいるのは、WordPressのテンプレート作成。

ワードプレスのテンプレートを初作成!考える前にやってみる!
ワードプレスのテンプレートを初作成!考える前にやってみる!ワードプレスのテンプレート作成を始めました! 先日、「テンプレートを作りたい」という記事を書いたのですが、実際に動き始めました。 ...

WordPress(ワードプレス)というのは、ホームページやブログを作るためのツールですが、それを活用するためのデザインデータを作りたいのです。

わかりやすく言えば、「プログラミングのようなもの」です。(正確に言うとプログラミングではないのですが、そういうイメージで捉えて下さい(^^))

そんなわけで、今は毎日、プログラミングのための英数字に向き合ったり、専用のコードを覚えたり、それを打ち込む練習をしています。

やりたいけど出来ない?

ただ、僕は今まで、この“やりたいこと”を躊躇してきました。

「やりたいけれど、自分にはきっと出来ない」

と考えて、一歩を踏み出すことを恐れていたのです。

でも、どうして「できない」と考えていたのか? 冷静に振り返ると、

「あんなに沢山のアルファベットや記号を書くなんて出来ない!」

「テレビで見るプログラマーさんのように、速く書くことなんてできない!」

ということが原因でした。

自分の“苦手”はどこにある?

でも、ここで「あれ?」と思いませんか?

なぜなら、これは「テンプレートを作ること」や「プログラミングの知識」そのものではなくて、「文字を打つこと」が苦手ということだからです。

「自分はワードプレスのテンプレートを作るなんて出来ない」という中には論点のすり替えが起こっていて、本当は「テンプレートが作れない」のではなく、「アルファベットや記号を打つことができない」ということだったのです。

つまり、僕が本当に苦手なのは「テンプレート作成」でも「プログラミング」でもなく、「タイピング」です。

「タイピング」という基本的なことが苦手なため、それによって他のことまで“苦手”だと思いこんでいたのでした。

“苦手なこと”から目を背けない

この「タイピングが苦手」と分かった経緯は、こちらの記事に書かせていただきました。

学びに停滞したら基礎以前のことを見直そう!
学びが上手く進まないときは?基礎より更に基礎を見直そう!新しいことを学び始めました! ですが、思わぬ壁にぶち当たってしまいました……。 今回僕が学び始めたのはプログラミングのような...

ここでは、「新しい学びを始めたけれど壁にぶつかり、それが基本以前の問題だった」という視点からお話ししています。ただ、今から振り返ると、テンプレート作成に取り組む前にも「タイピングが苦手」という認識はあったと思います。

でも、その“苦手なこと”から目を背けていたんですよね……。

“やりたいこと”からも逃げてしまった

実は、ワードプレスのテンプレート作成に挑戦したのは、今回が初めてではありません。一年ほど前にも書籍を買って、少し勉強していました。

そのときも、作成のための知識や方法を知るのは楽しくて、「こんな風に作るのか!」と感動したものです。また、内部のプログラムの仕組みも知って、「こういう考え方スゴイなー!」とワクワクしました。

だから僕は、「ワードプレスのテンプレート作成」の知識や「プログラミング」の理論そのものは大好きなのです。

ですが、その時は「なんとなく躊躇してしまう」という理由で、実践に移しませんでした。

そして今から思うと、躊躇した原因は明らかに「タイピングができない」ということでした。

そう。「タイピングが苦手」という凄くシンプルな理由で、“本当にやりたいこと”にフタをして逃げていたのです。

本当の“苦手”を見つけて向き合う!

ですが、今回は、

「自分って、タイピングが苦手なんだ」

「タイピングが苦手なことで、今まで躊躇してきたんだ」

「今の歩みを止めているのも、タイピングに原因がある」

と気づき、そこにしっかりと向き合うことに決めました。

なので、今はプログラミングの知識を学ぶことよりも、まず徹底的にタイピングの練習をしています。

というか、自分のタイピングをゼロから見直しました。

“苦手なこと”に向き合って見えたもの

タイピングを練習できるサイトで徹底的に訓練したり、タイピングの基本を解説しているブログも見て回りました。

すると、驚愕の事実がわかったのです。それは、、、

自分って日本語のタイピングすら、まともに出来ていなかった

ということ。

僕は毎日パソコンで文章を書いています。おかげさまで、このブログも240日間書き続けることができました。というか、このブログの以前からも、インターネットで文章を書いています。

ですから、「これだけの経験があれば、自分はきっとタイピングが出来ているだろう」と思い込んでいたのです。

ですが、タイピングの基本的な方法を見直したところ、僕は全くできていないことが判明したのでした。

やりたいことを躊躇した原因が見えた!

「そうか! 原因はこれだったのか!」

と、一気に目の前が開けました。

「タイピングが出来ていなかった」という事実はショックでしたが、同時に自分の中でモヤモヤとしていたことが紐解けたのです。

だから、今までワードプレスのテンプレート作成をやりたいと思いながら躊躇していた原因は、タイピングが出来ていなかったことにある、とハッキリわかりました。

それだけではありません。

他にも様々な問題が紐解けて来たのです。

“苦手”はあらゆることを妨げる

僕は毎日パソコンで文章を書いていますが、長いこと肩こりに悩まされてきました。いえ、肩こりだけでなく、腰や足まで重くなるような感覚がしていたのです。

しかも、右半身ばかり……。

「どうしてなのだろう?」と、今まで椅子を変えたり、キーボードを変えたり、マウスを持つのを左手にしたり、と色々なことを試してきました。でも、解決には至らなかったのです。

けれど昨日、タイピングの方法を基本から見直してみたところ、驚くべきことが起こりました。

「あれ? 右肩が凝らない!」

いつもなら1時間もパソコンの前に座ると右肩が痛くなってしまうのですが、何時間経っても痛くならないのです。

というか、タイピングの練習に明け暮れて、昨日は一日中キーボードを打っていたのですが、ビックリするくらい体が疲れなかったのでした。

どうやら、今までの僕のタイピングは、右手の動かし方を間違えており、それによって右半身全体に大きな負担をかけていたようなのです。

「そうか! 今までの僕の行動を阻んでいたのは、コレだったのか!」

と、大きな発見をすることになりました

つまり、「タイピングができていない」というのは、「新しくやりたいことの妨げになる」だけではなく、仕事全般の足を引っ張っていたというわけです。

“苦手なこと”が見えたら徹底的に克服すべし!

となると、やるべきことは一つです。

「タイピングが苦手」という状態を、徹底的に克服するのみです!

そして、この“苦手”が克服できれば、あらゆる可能性が開けて来ます。

あらゆる可能性が開ける!

ワードプレスのテンプレートを作れることはもちろん、普段のブログの発信が楽(ラク)になります。

また、今までは、肩コリのせいで沢山の文章を書けませんでしたが、疲れないタイピング方法を身につければ、この問題も解消します。もっと沢山の文章を毎日書けるようになります。

それに、僕には他にもやりたいことがあって、ネット上で動くプログラムとか人工知能とかも自分で作ってみたいんです! これはまだまだ“夢”の段階ですが、「まずタイピングスキルを身につける」ことで拓けてくる未来ですよね。

つまり、今まで目を背けてきた「タイピング」とう苦手分野を克服することで、あらゆることがスムーズに進む可能性があるのです。

一時的には苦しくても……

「これはもう、とことんタイピングをやらなあかんやろ!」

ということで、今は徹底的にタイピングの練習をしています。

ただ、今までのタイピング方法を捨てるので、一時的には停滞して苦しい期間を経ねばなりません……。(実際、今日のブログもいつもより時間がかかってます(^^;)

ですが、この“苦手”を克服した先には、明らかにハッピーな未来しか待っていないので、とにかく苦手なことに向き合って全力でぶち破りたいと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 苦手なことに向き合うメリットと、そこから広がる可能性についてお話してきました。

ですが、僕の個人的な例に沿ってお話したので、わかりにくかったかもしれません。

ですので、改めてポイントを整理すると……

苦手なことに向き合うメリット
  • “やりたいこと”に躊躇する場合、そこに“苦手なこと”が潜んでいる可能性がある
  • しかも、“苦手なこと”に向き合うと、ショックなこともある
  • だが、自分の“苦手なこと”と丁寧に向き合うことで、“やりたいこと”への道が拓ける
  • また、“苦手”を克服できれば、他のあらゆることを含めて人生全般が良くなる可能性が開ける

となります。

“苦手なこと”って向き合うのが怖いし、それを克服するには相当なエネルギーが必要です。

ですが、そこを乗り越えないと本当に望む場所へは行けないので、“苦手なこと”から目を背けず、徹底的に向き合いたいと思うのです。

そんなわけで、僕はしばらくタイピングに取り組みます!

もしあなたにも“苦手なこと”があるとしたら、思い切って向き合ってみられてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください