ライフスタイル

ありのままの自分でいいわけがない!自己受容の先のステップへ!

“ありのままの自分”でいいはずがない!

以前、『ありのままで』という曲が流行しました。

2013年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』で使われた挿入歌ですね。

当時は爆発的大ヒットで、映画そのものよりもこの曲の方が広まりました。小さな子どもが口ずさんでしまうくらい、社会現象となったのです。

そして、この曲のタイトル『Let It Go 〜ありのままで〜』のとおり、

  • ありのままでいいんだよ
  • そのままの自分を認めよう
  • 無理して頑張らなくてもいい

といった発信が多く見られるようになりました。

ですが、正直に言うと、僕はこういう考えには違和感がありました。「ありのままの自分でいい」としてしまうと、そこから成長しなくなってしまうからです。

というか、映画を見てもわかります。

この『ありのままで』を歌ったエルサが、その後どうなったか?

自分で作った氷の城に引きこもってしまいました。しかも、その結果、国全体が氷に包まれてしまいました。

そう。「ありのままの自分」でいると、世界が悲劇に陥ってしまうのです。

あ。でも、「ありのままでいること」を否定するわけではありません。「ありのままの自分」を認めることも、もちろん大切です。

けれど、「ありのまま」だけで止まっていてはいけないということですね。

「ありのままの自分」を受け入れられたのなら、きちんと次のステップへ進む。

これが、非常に大切なのです。

“ありのまま”から抜け出したい!

ブログを訪れていただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

現在、ウェブサイト作成用のデータを作れるようになりたくて、プログラミングの勉強をしています。

そして、そのために、今まで苦手だったタイピングの練習をしています。

あわせて読みたい
苦手なことに向き合おう!
苦手なことには徹底的に向き合おう!克服した先に開ける未来とは?僕にはやりたいことが沢山あります。 でも、それに取り組むことに躊躇していたんです。 なぜかと言うと、苦手なことに向き合わない...

↑こちらの記事に詳しく書いたのですが、苦手なタイピングを克服することで、沢山の可能性が開けると思っています。ですので、暇を見つけてはタイピングに明け暮れているのです。

もともと苦手なことなので、最初はあまり楽しくありませんでした。

ですが、自分のできていないところを丁寧に見つけて改善し、とにかくコツコツ続けていると、だんだん楽しくなって来ました。

今までの自分から脱皮するようで、すごく楽しいのです!

自分を甘やかしていた

正直にお伝えすると、僕は自分を甘やかしていたんだと思います。

  • 今の自分のままでいいや
  • 苦手なことを無理して頑張らなくてもいいや
  • 今までも何とかやって来てるから、これからも何とかなるさ
  • “ありのまま”でいいや

と思っていたんです。

けれど、違いました。

本当の楽しさや嬉しさは、“ありのまま”から抜け出した先にあるのです。

“ありのままの自分”から勇気を持って踏み出した先に、本当の幸せが待っているのです。

“ありのまま”だけでは幸せになれない

これは『アナと雪の女王』の映画を見てもわかります。

先ほどお伝えしたとおり、『ありのままで』を歌った後、女王エルサは山奥に氷の城を建て閉じこもってしまいました。

それまでは、悩みやコンプレックスを抱えながら、それを見せないように無理して頑張っていましたが、「もう無理するのは嫌だ!」「自分は自由になるんだ!」と人から離れて暮らすようになります。

いわば、“引きこもり”になってしまうわけです。

『Let It Go 〜ありのままで〜』の歌だけを聞くと、すごく前向きな内容に思えてしまいますが、映画のストーリーを客観的に見ると、非常にイタイ悲劇的な状態になっています。

しかも、その直後、エルサが奥に引きこもってしまったことで、国全体が雪と氷に覆われてしまいました。

つまり、「ありのままの自分でいいんだ!」となったのは良いものの、それだけでは世界に大迷惑をかけてしまう、ということなのです。

“ありのまま”を認めることは必要!

こういった視点で見ると、あの映画はかなり残酷なことを言っているなぁ、と思えてしまいます。このストーリー展開を見る限り、「“ありのまま”だけではダメだよ」と言っているようなものですから。

ただ、「ありのままの自分を認めること」がダメと言っているわけではありません。

“ありのまま”の自分を受け入れ、無理せずに自分の自由に生きようとすることは、エルサには絶対に必要なことでした。

なぜなら、「ありのままの自分でいい」と認めて引きこもる状態がなければ、彼女はずっと自分のコンプレックスを抱え、女王として無理をして生きなければなりませんでしたから。

それは、超絶に不幸です。

つまり、幸せになる第一ステップとして「ありのままの自分でいい」と認めることは、最低限必要なのです。

“ありのまま”の次のステップへ

いま「最低限必要」と言いました。

ですので、「ありのままの自分」を認めることができたら、次のステップが待っています。

“ありのまま”の自分を認めることは第一ステップとしては必要だけれど、本当の幸せを得るためには次のステップへ進まなければならない

ということです。

“次のステップ”とは何かというと、本当に人を愛することです。

誰かのために生きよう!

あ。でも、ここからは映画のネタバレになってしまうかもしれません。なので、そのことをご了承いただいた上でお読み下さいm(_ _)m
(あと、僕自身が映画の後半のストーリーがうろ覚えなので、間違いがあったらすみません)

「ありのままでいいんだ!」となって引きこもったエルサですが、それで自分の能力をコントロールできるようになったわけではありません。

彼女には生まれつき周囲を凍らせてしまう魔力がありますが、「ありのままの自分」を認めても、その力を制御できませんでした。むしろ、国全体を凍らせるくらいに暴走し、果ては妹のアナまでをも傷つけてしまうことになります。

“ありのまま”だけでは、自分の力を本当に活かすことは出来なかったのです。

とはいえ、結末にはその魔力をもコントロールできるようになるわけですが、どうやって出来るようになったのか?

それは、本当に人を愛することができたから、です。

エルサの中に眠る強大な魔力を操るカギは、相手を心から思いやる“真実の愛”でした。

映画のクライマックスで、妹のアナを心から思うことができ、エルサは自分の魔力を制御できるようになったのでした。

つまり、ここから紐解けることは、“ありのままの自分”を認めるだけではダメで、その上で大切な人を本当に愛しましょう、ということです。

シンプルで言えば、「自分のためだけではなく、人のためにも生きよう!」ということですね。

大切なのはステップを踏むこと

ただ、何でもかんでも「人のため」が良いかというと、そうではありません。

エルサのストーリーを見ても分かる通り、いきなり「人のため」に生きることはできません。むしろ、以前の彼女は「人のため」ばかりを考えて、自分を押し殺すことで不幸な人生を歩んでいました。

ですから、“ありのままの自分”を認めることが、どうしても必要だったのです。

ですが、それもあくまでも通過点。次に“誰かのため”という想いを抱くことが、自分の本当の能力を活かすポイントになりました。

ですので、エルサの歩んできたステップを整理すると、

  1. 自分の魔力が暴走して周りに迷惑をかけないよう、自室にこもる。
    人と接することから離れ、自分の自由も押し殺し、引きこもって生きる。
  2. 両親の死により、自分が女王にならざるを得ない。
    “人のため”に自分を押し殺して頑張ろうとする。
  3. 自分の魔力の秘密が露見し、山奥に逃げる。
    “ありのままの自分”(=自分のため)に自由に生きることを決める
  4. 妹のアナのことを心から愛する。
    その“人のため”という想いが、自身の魔力をもコントロールする

という流れになります。

つまり、

  1. “自分のため”でも“人のため”でもない状態
  2. “人のため”だけの状態
  3. “自分のため”だけの状態
    (=ありのままの自分を認めた)
  4. “自分のため”と“人のため”が両立した状態
    (=真実の愛に目覚めた)

という4ステップを経て、ハッピーエンドに辿り着いたのです。

ですから、「ありのままの自分を認めること」はすごく大事なことです。

ですが、そこだけで終わるのではなく、そこを踏み台にして「誰かのために頑張る」という段階へ進むのが、非常に大事だと思うのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長々とお話ししてしまいましたが、もっとシンプルに整理すると……

まずは、“ありのままの自分”を認めよう!

その上で、“誰かのため”に頑張ろう!

となります。

僕も今まで「そのままの自分でいいやー」と思っていましたが、「この先へ行ったら、もっと人のお役に立てるかもしれない」と思い、苦手なことにも取り組むようになりました。

“ありのままの自分”を受け入れることができたなら、次はその先へ!!

自分もそこを目指して頑張っていきたいと思います(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください