子育て

可愛い子には旅をさせよ!3才の子どもが一人でお出かけできるのか?

可愛い子には旅をさせよ!

「一人でお出かけする!」と3才の娘が言い出しました。

正直、最初は戸惑いました。まだ道順もわからずお金の使い方もわからない幼児が、どこかへ一人で行って帰って来るなんて、不可能に近いですから。

ですが、考えました。

「こうやって『自分で何かをしたい』と言うのは、大きなチャンスかもしれない」

「すごく大きな成長のきっかけになるかもしれない」

……と。

そんなわけで、娘に一人で外出させることにしました。

あ。でも、さすがに誘拐とか事故とかが怖いので、僕が“見守り隊”として後から付いていく形で。

ひとりでお出かけしたい!

こんにちは! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

現在ゴールデンウィークの真っ只中ですが、僕には農作業の予定があり、妻は風邪でダウンしてしまっておりました。

そんな中で困ったことになるのが、幼稚園がお休みを迎えてしまった3才の娘……。両親ともに仕事があったり動けない状況なので、完全にヒマを持て余しておりました。

そして遂に、こんなことを言い出したのです。

「ひとりで梅田へ行きたい!!」

……と。

大きな成長のチャンス?!

梅田というのは、言わずと知れた大阪の都会の中心地ですが、我が家は南の方の郊外にあるので、バスと電車で2時間ほどかかります。

ですから、3才児が「ひとりで行く」という距離ではないのです。

が、先ほどお伝えしたとおり、僕はチャンスだと捉えました。

なぜなら、彼女本気で梅田へ行きたそうで、その目には涙さえ浮かべていたからです。彼女の中から熱い想いが伝わって来ました。

  • 今までやったことのないことを「やりたい」と言っている
  • これは彼女が新たな成長を遂げるきっかけではないだろうか?
  • 単に「小さいから」という理由で止めるのは、親として違う気がする。
  • できれば、この娘のこの気持ちを大切にしたい

と考え、彼女が梅田へ行くことを了承したのです。

親は見守る係でついていく

とはいえ、さすがに3才児ひとりで行かせるわけにはいきません。

まだまだお金の使い方もわかっていないですし、バスや電車の乗り方も心もとないです。そもそも、こんな小さくて可愛い子が一人で歩いていたら、誘拐されてもおかしくありません!

そんなわけで、僕も一緒に行くことにしました。

ですが、いつものように「大人がリードして外出する」のではなく、今回はあくまでも「娘が主導してお出かけする」というものです。

いわば、娘が一人で進むのを僕が後から付いて見守る、という形です。

「可愛い子には旅をさせろ」と言いますが、“見守り隊”をつけながらの一人旅をしてもらうことになったのです。

僕には他の予定がありましたが、それらはキャンセルしました。後に響くので躊躇はありましたが、「娘の成長のチャンスを無駄にしたくない!」と子どもを優先することにしたのです。

でも、めっちゃ大変でした

お出かけしてみたけど……

が、結論から言うと、めっちゃ大変でした( ̄▽ ̄;;

  • 服の着替えから一人で頑張ったけど、なかなか進まない。
  • お出かけのカバン選びから、えらく時間がかかる。
  • 今回の交通費などは娘自身の貯金から出すが、その貯金箱の開け方がわからず苦戦。
  • なぜかバスタオルを持って行きたがり、荷物のカサが大きくなる。
  • いざ出かけようとしたら、庭の花や虫に気を取られて時間がかかる。

という風に、出発前からメチャクチャ時間がかかってしまいました。

そして、何とか出発できたものの……

  • カバンの中にお金をそのまま入れていたので、バス代を取り出すのに苦戦。
  • 駅前のバス停に到着したけれど、そこから駅への道順がわからず彷徨う。
  • 途中で見つけた本屋さんに寄り道。絵本を読み始める。
  • 無事に電車のホームに辿り着いたはいいが、自動販売機に興味を示し、電車に乗りそびれる。
  • 自動販売機をいじりまくっていたら、その直後に来たご家族が電子マネーを当てたときに娘がさっきボタンを押したジュースが出てきてしまう。
    (それはさすがに僕が謝って、お金をお支払しました(^^;)
  • 無事に乗換駅である難波に到着。梅田へ行くための地下鉄に乗り換える道がわからない。
  • 何を思ったかデパートに寄り道。さらに、デパート内でも道に迷い、グルグルと放浪。
  • ちょっと外へ出てみる。勢い余って、歩道から道路に落下。
    (車がいないときだったので、本当によかった)
  • さらに何を思ったか、難波近くの商店街を歩き始める。とにかく放浪。行くあてのない旅が続く。
  • どうにかこうにかして(というか、僕がヒントを出して)、地下鉄への案内板を発見。地下鉄に辿り着く。
  • そこから地下鉄に乗って、無事に梅田へ!!

という感じで、大人主導の外出では考えられないようなことが、次々に起こりました。

ただ、確実に彼女の中で得られるものは大きかったと思います。

本屋さんに寄り道。。。

親のほうが収穫が大きい!

いえ。本当は、親である僕が沢山のものを得られたのだと思います。

  • そうか。娘はこんな視点だったのか!
  • こういう行動パターンを取るのか!
  • こういうことが好きなのか!
  • まだまだ、こういうところは苦手なのだなぁ……
  • おお! 意外にこういうところが得意なのか!

という発見が沢山あったので♪

梅田のジブリショップに辿り着きました!

そして、梅田では無事に、娘の行きたかった『どんぐり共和国』(ジブリグッズのお店)に辿り着き、そこでの時間を堪能したようでした。
(結局、何も買わなかったんですけどね(^^;)

とはいえ、さすがに娘も僕も疲れてしまい、帰りの電車の中では二人揃ってグッスリ眠ってしまいましたけど……。

というか、僕は翌日まで疲れが残っております……(- -;; 昨晩は22時に寝たのにも関わらず、起きたのが7時半くらいですから。いつもは5時起床なのに、体が全然動きませんでした。

そんなわけで、お子さん主導でお出かけする場合は、大人主導で出かけるよりも消耗が激しいので、ご注意下さい!

娘の成長スイッチが入った(かも)

そんなこんなで、「可愛い子には旅をさせろ」を実際にやってみたわけですが、親子ともども沢山のものを得ることができました。

何より、娘の中で何か大きな成長のスイッチが入ったように思います。

可愛い子には旅をさせよ!

正直なところ、「旅をさせよ」「子ども主導」と言いながら、僕が手を出してしまうことが多かったです。お金を払う場面とか、道に迷ったときとか、思わず助け舟を出してしまいました(^^;;

ですが、それでも

  • 自分が責任を持ってリードして
  • 自分の頭で考えて
  • 自分の足で歩いて、目的地へ辿り着く

という経験は、娘にとって大きな自信になったようなのです。

ですので、帰宅した後は、いつもより自信と笑顔に満ち満ちて過ごしておりました。

「自分の予定をキャンセルしてでも、ついて行って良かったなー」と思っています。

いつかは本当に一人でお出かけができるように、また彼女が成長する機会を増やしていけたらと思うのです(^^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください