社会

「疲れたよパトラッシュ」の使い方をゴールデンウィークに考えてみる

疲れたよ、パトラッシュ

「疲れたよ、パトラッシュ」という名ゼリフがあります。

1975年に放映されたアニメ『フランダースの犬』の最終回で、主人公ネロが天に旅立つ前に言う言葉です。

子どもの頃に見て、今でも脳裏に焼き付いているのですが、この「疲れたよ、パトラッシュ」の言葉が時々 口をついて出ます。

ええ。わたくし、いま疲れております。

本日、2018年5月2日でございますが、

世間で言うところのゴールデンウィークの狭間にあたるところでございますが、

超絶に疲れております。

「疲れたよ、パトラッシュ!」

と声を大にして叫びたい。

世の中はゴールデンウィークで明日からお休みなのかもしれませんが、こちとら毎年そんなもんは知ったこっちゃないわけで、この季節は稲の種モミを蒔く季節だし、そのために田んぼで苗代の整備もしなくちゃいけないし、今年初めて水を引き込まなくちゃいけないし、他の諸々の作業もあるし、子育てや家事だってあるし! って感じです。

近所のご年配の人(80才超)の人に聞くと、昔からこの時期は忙しかったそうで、それを聞くと「なんでこんな時にゴールデンウィークなんか作ってん!?」って感じです。

これはきっと政治的な陰謀なのか、経済を牛耳る人たちの策略なのか、はたまた「4月から新年度スタートして疲れる人が多い時期だから、5月病の防止でお休みを沢山作っておかないとね」という気遣いなのか……。

とりあえず、真相は闇の彼方ですが、こっちにはゴールデンウィークとか全然関係ないわけで、陰謀だろうが策略だろうが田んぼで作業するちゅーねんという話で、5月病の防止なんかどうかは知らんけど、こんな長い休み作ったら余計にリズム狂って5月病になってまうぞ! という話で。

なんだかもう、よくわかりません!!

とりあえず、世間の理不尽を感じております。

って、世間がお休みになったからと言って、こっちに大きな影響はないのですが、なんだか「お休みムード」になるのは、ちょっとなんかイヤなのーーーー!!

これはもう、あれですよ。

世間の冷たさに直面して、愛犬とともに朽ちていったネロと同じ状況ですよ。

かなり昔に見たので、めっちゃアヤフヤな記憶でしゃべってますけど、一応 人生37年生きてきたので、世間の冷たさは感じるわけですよ。自分の無力さも感じるわけですよ。

時々、身も心も朽ち果ててしまうような感覚がするわけですよ。

そして、そんなときには、あの台詞が口をついて出てしまうわけですよ。

「疲れたよ、パトラッシュ」

……と。

あれ? でも、ここで気づいたのですが、先ほど書いたとおり『フランダースの犬』が放映されたのは1975年。

一方で、僕が生まれたのは1981年。

あれ? 僕、いつ『フランダースの犬』見たんやろう……???

再放送かな? 再放送しかないですよね。

そうそう。きっと再放送が何回もされるくらいの名作なのですよ。

国民的ヒットなのですよ。

だから、「疲れたよ、パトラッシュ」も国民的な台詞なのですよ!

……じ、実は、この「疲れたよ、パトラッシュ」の書き出しで始まったとき、僕の中である危惧が生まれました。

それは、「著作権に違反しないかなぁ?」というもの。

ですが、これだけ国民的に広がっていると、まあええんちゃうかな、と思ったりします。

別にいいですよね?

え? マズイんかな?

ちゃんと引用タグで囲まなきゃダメ?

えっと……ちょっと調べてみるか……。

 

・・(調査中)・・

・・・(調査中)・・・

・・・・(調査中)・・・・

・・・・・(調査完了)・・・・・

 

ん?

 

なんだって?!

 

・・・あ。

 

・・・・・・これって、

 

あー。そうなんかー

 

マジかーーー

 

しもたー

 

おれ、とんでもない勘違いしてたわーーー

 

ここに来て知る、衝撃の事実・・・

 

「疲れたよ、パトラッシュ」って、実際に劇中で使われた台詞じゃなかった!!!!

 

劇中の実際の台詞は「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだか、とても眠いんだ。」である。

ニコニコ大百科「パトラッシュ、僕はもう疲れたよ」から引用

 

うそーーーーーん

「疲れたよ、パトラッシュ」なんて全然言ってないやん!

「疲れたろう?」って先にパトラッシュのこと気遣ってるやん! 自分のことよりも他者を優先してるやん!

なんていいヤツなんだ、ネロ!!

 

そうか……。

そういうことか!!

 

「疲れたよ、パトラッシュ」という言葉は、僕が勝手に作り上げた言葉。

劇中ではそんな言葉は使われていなかった。

本当はネロは、自分のことよりもパトラッシュへの気遣いを先にしていた。

となると、この「疲れたよ、パトラッシュ」の言葉は、僕の完全なるエゴから生まれた言葉!!

 

これで、著作権違反の心配は消えた。

だが、自分がいかにヒドイ人間か? ということがわかった。

 

他の人を気遣うより前に、自分の「疲れた」を優先するだなんて、自分はなんて自己中心的な人間なんだ!?

そうさ。このゴールデンウィークには、僕よりもずっと頑張って働いている人たちがいるんだ。

全国の行楽地やサービス業や飲食店、アミューズメント施設で働く人たちに休みはないのだ!

であれば、自分のことばかりに目を向けて「疲れたよ、パトラッシュ」なんて言うなんてバカバカしいのだ。

そう。僕はここで心を入れ替えねばならない。

そして、言わなければならない。

 

「ゴールデンウィークに働く全国の皆さん、疲れたでしょう? 僕も疲れました」

 

……あ、マズイ。このままネロの台詞をなぞると、「なんだかとっても眠いんだ」につながってしまう。

そして、そのまま本当に眠りに落ちてしまう。

永遠の眠りに堕ちてしまう!

 

いけない! ゴールデンウィークに働く全国の皆さんが眠りに落ちてしまっては、日本全体の機能が麻痺してしまう!

楽しいゴールデンウィークが、闇に堕ちてしまう。

子どもたちの笑顔が消えてしまう。

 

それは防がねばならない。

 

というわけで……

ゴールデンウィークに働く全国の皆さん、疲れたでしょう?

僕も疲れました……。

でも、頑張りましょう!!

僕たちが働くことで、多くの人に笑顔を提供できるのです。

全国の子どもたちの笑顔と未来が輝くのです。

あのネロのような可哀想な子どもを生まないためにも、

パトラッシュのような悲しい動物を増やさないためにも、

ここはいっちょ頑張りましょう!!

たとえ眠くても、眠りに落ちるのはゴールデンウィークが終わった後だ!!

というのが、「疲れたよ、パトラッシュ」の本来の使い方だと思うのです。

 

ありがとう、パトラッシュ!

ありがとう、ネロ!!

おかげで僕は、このゴールデンウィーク、頑張って乗り切れそうですo(T0T)o

でも、アニメの内容、うろ覚えでごめんね。また何かの機会に見ます。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!