夫婦関係

「女性は家にいるべき」なんて古い!海外を飛び回る“本家のヨメ”

海外を飛び回る“本家のヨメ”

妻がもうすぐ、いなくなります。

あ。べつに別れるわけではなく、病気で死んでしまいそう、というわけでもありません。

単に仕事で家を空けるだけです。

妻は海外旅行専門の添乗員をしているのですが、あと一週間ほどで長期の出張に出るのです。

今までも月1回ペースで10日間ほど海外出張で家を空けていたのですが、今回は約14日間。

要するに、月の半分、いなくなってしまうということです。

ですが、その姿を見て、「外で働く妻って、本当に素敵だな♡」と感じています。

インドアな夫とアウトドアな妻

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で無農薬・無肥料のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

なので、仕事は基本的に田んぼか家の中という、超絶に“インドア”な生活を送っております。

ですが、一方の妻は“アウトドア”派

キャンプなどが好きというわけではないのですが、とにかく外へ出かけていくことが好きです。

子どもの頃から海外旅行へよく行っていたり、大学時代はメキシコに留学していたり、ヒマを見つけては興味のある場所へ出かけたり、僕と付き合っていた頃も一ヶ月ほど海外を放浪する、ということをしていました。

そんなこんなな事情から、今は海外旅行のツアーコンダクターをしています。

実は“本家のヨメ”なんです

でも、これってよく考えると、我が家にとっては結構スゴイだったりします。というのも、我が家は江戸時代から続く古ーーーい家だからです。

僕は400年続く旧家の跡取りです
好きなことをやってはダメ!?旧家の跡継ぎが見つけた新時代の生き方とは?僕の家は400年続く旧家です。 記録によれば、江戸時代が始まる直前、1600年ごろ、大阪の郊外のこの地に居を構えたとされています。...

↑コチラの記事に詳しく書いたのですが、400年くらい続いていて、僕は“本家の跡取り”だったりします。

なので、妻はいわゆる“本家のヨメ”というやつなのです。

で。“本家のヨメ”と言えば、、、

  • 夫の日常や仕事を支え
  • 夫の両親の言うことを良く聞き
  • 家にいて家事と子育てをする

みたいなイメージがあります。

ですが、妻は、そこには完全にハマらない生活をしているのです。

長年の慣習を破った結婚

というか、そもそも僕らの結婚も、我が家にとっては画期的なことだったのかもしれません。

僕は小さい頃から「結婚はお見合いで」と言われて育ちました。ですが、妻とは完全なる恋愛結婚。

バイト先で知り合い、そこから学校の関係で遠距離恋愛になったり、最初は僕の親に結婚を反対されつつ、色々な経緯を経て、東京の実家から大阪の我が家へ来てくれました。

敷地内には両親も同居しているのですが(二世帯住宅みたいな感じです)、揉め事があるわけでもなく、平穏に過ごさせていただいています。

妻が離婚しない理由とは?
妻が離婚しない理由とは?実は夫の母(姑)にポイントがあった?!「離婚しない理由は?」と妻に聞くと、決まって「お母さんがいるから」と返ってきます。 “お母さん”というのは、妻のお母さんのことでは...

というか、↑こちらの記事に書いたように、「お義母さんがいるから離婚しない」と妻は言うくらいです。

そんなこんなで、かなりユニークというか、長年の“本家”の慣習をぶち壊して、今に至っております

海外を飛び回る“本家のヨメ”

そして更に、昨年から妻は海外添乗員の仕事を始めました。

もともと結婚前にその仕事をしていたのですが、ご縁あって復職することができたのです。

ですが、

  • 夫は田んぼと家で仕事をしていて……
  • 家が江戸時代から続く古い家で……
  • 両親と同居していて……

という状況で、長期で家を空けるのは、けっこうスゴイことかもしれません。

いわゆる“本家のヨメ”であれば、「家で家庭内のことを守るべし!」というイメージが強いですから。

実際、「あなたの家柄なら、奥さんが外へ働きに出るのは辞めたほうがいい」と言われたこともあります(^^;;

女性は家にいるべき?

というか、そもそも、フツーのご家庭でも「奥さんが家を空ける」って、なかなか出来ないらしいですね……。(「フツー」の基準って何かわかりませんが(^^;)

知り合いの女性の話を聞いていると、「1泊2日でも家を空けようとすると、旦那さんに反対される」そうなので。

どうしても、

  • 女性は家にいるべし
  • 家事と子育ては女性の担当

という考え方が、根強く残っているように思います。

ですので、我が家のように「およそ半月 家を空ける」というのは、あまり無いことなのかもしれません。

外へ出て働く女性は素敵!

ですが、妻を見ていて、つくづく思うのです。

「家の外へ出て頑張る姿、素敵だなー」

……と。

もともと好きだった海外へ行けて、今まで身につけてきた語学力を駆使し、お客さんを未知の世界を案内するって、すごく素敵なことだと思います。

きっと家にばかりいたら、彼女のその能力は発揮されることはなかったでしょう。

外へ出て働くことで、彼女自身が生き生きするし、それによってお客さんたちにも喜んでもらえます。

そう。妻は家から出て働くことで、自分のためだけでなく、社会にも貢献できているのです。

一人一人に合った生き方・働き方を

あ。もちろん「外へ出て働くのが苦手」という場合は、家にいるのが良いと思います。

家事や子育てが好きだったり、在宅ワークが得意な人であれば、外へ出て働くのは苦手でしょう。逆に、本来持っている能力を発揮できないと思います。

つまり、何が言いたいのかというと、

女性だって、男性だって、一人一人に合った能力の活かし方があり、それぞれのスタイルで暮らせたらいいよね!

ということです。

ですから、

  • 女性だから家にいるべき、とか
  • 男性だから外で頑張って働くべき、とか

ましてや

  • “本家のヨメ”だから家を守るべし

というのは、ちゃんちゃらおかしいです。

そんなの、もはや人権侵害だし、その個人の持っている能力が社会で発揮されないので、経済的な損失とも言えます。

既存の価値観に縛られず、“その人自身”にあった生き方や働き方を見つけること

これが、個人にとっても社会にとっても大切なことだと思うのです。

最後に(さみしくたって……)

……と言いつつ、正直なところ、妻が家を空けるのはツライです。

だって、寂しいですもん(T-T)

好きだから、一緒にいたいし・・・。

でも、こんな風に寂しさや切なさを感じられるのも、僕にとっては貴重です。こうやって離れる期間があると、また恋愛時代の新鮮な気持ちを取り戻すことができるので。

だから、妻がいない寂しい状況も含めて、僕たち二人なりの生き方・働き方を築いていきたいと思っています。

  • 妻の能力や可能性がもっと開かれていくように
  • 同時に僕自身の能力も発揮されるように

海外を飛び回る妻にトキメキながら、試行錯誤していきます!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください