社会

ららぽーと和泉のカプリチョーザが家族でお気に入りな件

ららぽーと和泉のカプリチョーザが好き!

『ららぽーと和泉』にある『カプリチョーザ』さんが好きです!

こんな風に、お店のことを名指しで紹介するのは余りありません(しかも、有名チェーン店さんを……)。

それに、一応“食”に関する仕事をしているので、食べ物に関して少しこだわりもあります。

ですが、この『ららぽーと和泉』のこの店舗さん限定で、とても感動してしまったので、今日のブログに書いていきたいと思います!

食べ物に敏感です

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法のお米づくりをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

僕の「自然農法」というのは、「農薬を使わず、肥料を使わない(有機肥料も使わない)」」というスタイルです。

ですので、食べ物に関しては、そこそこ敏感だったりします。

お付き合いのある自然レストランさんに鍛えられ、化学調味料や添加物を使ったものを食べると、舌がピリピリしたりお腹が重くなったり、身体で感じるようになりました。

あ。でも、だからといって「化学調味料は絶対ダメ!」とか「添加物NO!」というわけではありません。普通にスーパーで買ったものを使ってご飯を作るし、お菓子などなども市販のものを食べます。

ちょっぴり舌が敏感で、ちょっぴり“こだわり”と関心がある程度です。

それに、3才の子どもがいるので、「100円の回転寿司(しかも、お皿を入れるとゲームできるところ)」とか、「串カツをセルフで揚げるお店」とか、「料理やデザートが食べ放題のビュッフェ」とかで外食したりもします。

ただ、正直なところ、そうやって外食すると、舌がピリピリと違和感を感じたり、お腹が重くなってしまうことが多かったのです……。

ららぽーと和泉のカプリチョーザで大感動!

ですが、最近、不思議なことがありました。

有名なチェーン店でありながら、そのお店で食べると、そんなに舌がピリピリしないのです。食べてしばらくした後も、お腹が重たくならないのです。

そのお店こそが、『ららぽーと和泉』にある『カプリチョーザ』さん

実は昨日も娘と二人で食べに行って来たのですが、やっぱり舌がピリピリしませんでした。

しかも、大感動でした!

トマトとニンニクのスパゲティ
僕が好きな「大定番!トマトとニンニクのスパゲティ」。昨日も美味しかった〜〜

灯台下暗しだった

こちらのお店には、今まで4〜5回ほど家族で食べに行っています。

ですが、この回数って、実は少ないんです(^^;;

というのも、『ららぽーと和泉』は我が家の近所だから……。

車で20分くらいで行ける距離にあり、この春から娘が幼稚園に行くまでは、妻と娘が毎日のように遊びに行っていました。

ですので、『ららぽーと和泉』で食事することも多かったのです。

ですが、『カプリチョーザ』さんにお世話になったのは、まだ4〜5回ほど……。

完全に灯台下暗しで、今まで見過ごしておりました(>_<)

もちろん、お店があることは知っていました。ですが、「どーせチェーン店だから」みたいノリで通り過ぎていました。ららぽーと和泉ができたのは3年半前で、カプリチョーザへ始めて行ったのは約半年前なので、およそ3年間、機会損失していたことになります……。もっと早くに行っておくべきでしたーーー(T0T)

外食チェーン店なのに舌に違和感がない

ですが、何かのきっかけで食事させていただいたところ、とても感動しました。

それは、先ほどお伝えしたように、食べても舌がピリピリしなかったからです。

有名な外食チェーン店って添加物や化学調味料を使っていることがほとんどなので、僕はいつも舌にピリピリした違和感を感じます。

おそらく、カプリチョーザさんも、そういったものを使っていると思うのですが、この“ピリピリの違和感”が驚くくらい少ないのです。

理由は、正直なところわかりません。

もしかしたら、僕の勘違いかもしれません( ̄▽ ̄;;

ただ、昨日もできるだけ意識を集中してお料理を味わったのですが、多少のピリピリ感はあっても、他の多くの外食店と比べて格段に違和感が少なかったのです。

不思議な安心感と温かさ

あ。ですので、正直なところ「料理がめちゃくちゃ美味しかった!」というわけではありません。

こんなことを言うと、カプリチョーザさんに失礼かもしれませんが、

  • 美味しさに感動した!
  • このメニューが忘れられない!

というわけではないのです(^^;;

なんというか……言葉にできない安心感というか、お店の雰囲気やお料理に触れると、ホッとするのです。

それは、先ほどの「舌がピリピリしない」という理由もありますが、目に見えない不思議な安心感や温かさが、このお店にはあるのです

お水を出されただけで笑顔
昨日、カプリチョーザさんに入った直後の娘。まだお水が来ただけなのに笑顔。

スタッフさんが魅力的♪

……って、何だか怪しいことを言ってしまいましたね(^^;;

でも、改めて説明させていただくと、このお店の安心感や温かさの理由は、スタッフさんによるものだと思います!

というのも、こちらのお店のスタッフさんは、いつも丁寧でにこやかだからです♪

昨日もお店に入るなり「いつもありがとうございます」と笑顔で迎えて下さいました。3才の娘にも、とても優しく接して下さいます。

また、お料理を出してくださるタイミングも絶妙で、こちらが食べるペースをきちんと見て下さっているのだな、と感じています。

そして何より、昨日はこんな嬉しいメッセージを伝票に書いてくださいました。

店員さんから嬉しいメッセージが!

娘と一緒に大喜びでした♪

昨日はまだ忙しくない時間帯(18時前くらい)だったからかもしれません。

でも、過去の記憶をさかのぼっても、こちらのお店のスタッフさんはいつも笑顔なんですよね。

というか、すごく楽しんでお仕事されているように見えます。

僕も学生時代に飲食店でバイトしていたので、きっと色々と大変なこともあると思うのですが、それでもお客のことに気を配って笑顔で接して下さる姿勢が、「すごいな!」といつも思います。

大切なのはお店を出た後の感覚

あ。ですので、このお店を僕が素晴らしいと感じるのは、全てスタッフさんの力によるものかもしれません。

要するに、“人”の魅力や雰囲気ですね。

だから、もし仮に材料に添加物が使われていたとしても、それで悪いものが吹き飛んでしまうし、お店の雰囲気全体が安心で温かく感じられるのかもしれません。

個人的には、お店の良し悪しを判断するときに大事にしているのが、お店を出た後の“余韻”だったりします。

お店の中にいる時やお料理を食べている最中ではなく、「お店を出てからしばらくして、自分がどう感じているか?」がすごく大事なのです。

なぜなら、そのタイミングの方が頭が冷静になっているし、飲食店であればお腹に入ったものを身体がどう受け止めているかがわかるからです。

で。この“余韻”が、『ららぽーと和泉』の『カプリチョーザ』さんはいつも良いんです♪

そして、それはきっとスタッフさんたちの力によるものなんだろうなー、と感じています。

最後に

……と、やはり主観的な感想になってしまいました(^^;;

それに、「お店について」や「お料理について」というよりも、「スタッフさんについて」というところに帰結してしまいました。

だから実は、今回お伝えしたいのは「カプリチョーザが素晴らしい!」ということではなくて、「カプリチョーザのららぽーと和泉店“限定で”素晴らしい!」ということです。

そして、「このお店の“人”(店員さん)が素晴らしい”!」ということだったりします。

そういったことから、「やっぱり最後の決め手は“人”なのだなぁ」と感じ、僕自身も仕事の中でそこを気をつけていけたらと思いました。

そんなこんなで、昨日は大感動させていただいたので、こちらも精一杯のお礼をしてお店を後にしました。

こちらこそ、ありがとうございます!

『ららぽーと和泉』のカプリチョーザさん、本当にありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください