メンタルマネジメント

自分に絶望することって大切!絶望と落胆の先にこそ本当の成長がある

自分に絶望することの大切さ

自分に絶望しています。

  • 「自分はなんて無力なんだろう?」とか
  • 「なんでこんなに出来ないんだろう?」とか

そんな風に感じています。

でも、これは非常にいい流れです。

なぜならば、絶望した分だけ成長できるから。

自分に絶望しています

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

ですが、農業にしろネットの仕事にしろ、「いつも順風満帆」というわけではなく、失敗や落ち込む出来事が時々やって来ます。

いえ。しょっちゅうやってきます。

そして、メンタルの弱い僕は、その度に自分に絶望するのです……orz

絶望と落胆は成長のチャンス

ですが、先ほども書いたとおり、絶望や落胆は悪いものではありません。

むしろ、非常に良いものだと思っています。

なぜならば、その絶望や落胆によって、自分の未熟な部分に気づき、そこを改善することで次のステップへ進めるからです。

「失敗は成功の母」と言ったりしますが、「絶望は成長の母」なのです。

もちろん自分から積極的に絶望しにいく必要はないですが、絶望することは豊かな人生にとって歓迎すべきものだと考えています。

絶望を恐れる人たち

ですが、ふと周りを見てみると、どうやら絶望することを恐れて動けなくなっている人が多いように思います。

以前に僕は、他の人のビジネスをお手伝いする仕事をしていました(いわゆる「コンサル」と呼ばれるヤツです)。その中で、みるみる結果を出して下さる方もいらっしゃいましたが、どうしても結果を出せない方もいました。

で。結果を出せない方をよく見ていると、その特徴に「絶望することを恐れている」というものがあったのです。

もう少し具体的に言うと、

  • 絶望や落胆が怖くて行動を起こせない

という状態です。

ですが、これだけではなく、もっと厄介なケースがあります……。

絶望を恐れて“努力するフリ”だけの人たち

もっと厄介なケース……。それは、

  • 行動してるように見せかけて、自分ができる範囲だけで行動している
  • 自分の絶望や落胆しない範囲だけで頑張っている
  • 自分の本当に痛いところから目をそむけて、努力するフリをしている

という状態です。

これは一見すると、行動を起こせているので、ちゃんと努力しているように見えます。ちゃんと前へ進んでいるように見えます。

おそらく本人も、「自分は前進している」「このまま成長できる」と感じるでしょう。

ですが、この状態って、全く前進しておらず、ほぼ成長もできていません(^^;;

旅行に例えるなら……

イメージで言うと、車で大阪から東京へ行きたいのに、余計な回り道をして石川県あたりへ向かっているような感じです。

あるいは、「東京へ行きます!」と言いつつ、大阪の周辺をグルグル回っているだけだったりします。

「一直線に高速道路で行けよ!」と言いたくなるのですが、そこへ行くと激しい車の流れがあったり、自分が体験したことのない領域に踏み込むので、怖くて行けないのです……。

そしてきっと、そういった慣れない状況に身を置くと、絶望や落胆が襲ってくるので、それを避けてしまうのです。

ですが、これでは改善も成長も全くありません。

パッと見は、行動しているように見えますが、無駄にガソリンを消費しているだけで、目的地へは一向にたどり着けないのです。

ちっぽけなプライドを捨てろ!

つまり、どういうことかというと、

  • 自分の慣れない領域に飛び込むこと
  • 自分が目を背けていたところに向き合うこと
  • 自分の痛いところから逃げないこと
  • そして、そこに向き合って絶望することを覚悟すること

これらがあって、本当の改善や成長があるということです。

どうやら、多くの人が今までの人生で作り上げた見栄やプライドがあったり、過去に傷ついた経験から「また傷つきたくない」と思ってしまったりして、絶望や落胆から逃げているようです。

ですが……

「そんなちっぽけなプライドなんて、捨ててしまえ!」

「本当に自分が望む生き方をしたいなら、多少の傷は覚悟しろや!」

と言いたくなります。

そう。自分自身が本当に望む人生に向かうためや、自分が本当に成長するためには、絶望や落胆は不可避なのです。

というか、絶望と落胆の数だけ、人生は豊かになるし、自分自身を成長させることができるのです。

自分が一番できてなかった(T0T)

……と言いつつ、自分にそれが出来ているかというと、ぜーーーんぜん出来ていません( ̄▽ ̄;;

いえ。実は、

  • 最近の自分は絶望や落胆から逃げていた
  • ちっぽけなプライドを守ろうとしていた
  • それによって、自分の痛いところから目を背けていた

ということに気づきました。

それゆえに、自分に絶望していました。。。orz

つまり、「絶望(=本当の成長)から逃げていた」自分の状態に絶望していた、というわけです。

そんなこんなで、今日は絶望について書きながら、自分自身のこれからを見つめ直しておりました(^^;

まとめ(絶望しよう!)

いかがでしたでしょうか?

これまでの自分の経験から絶望について書かせていただきましたが、改めてポイントを整理すると……

絶望することって大切!
  • 絶望や落胆は、自分の未熟さや改善点を教えてくれるもの
  • だから、自分に絶望することで、次に進むべき道が見えてくる
  • 絶望や落胆は自分を成長させ、人生を豊かにしてくれるものである
  • 自分の望む人生に進みたいのなら、絶望や落胆を恐れずに進む!
  • そのために、ちっぽけなプライドや「傷つきたくない」という感情は不要

となります。

何かしらご参考になるところがあれば幸いです(^^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください