生活習慣

調子が悪い時の注意点!やってはいけないこととやった方がいいこと

調子が悪い時の注意点!

調子が悪いです。

体調もあまり良くないし、精神的にも不安定だったりします。

気づくとボーーーっとTwitterとかFacebookを眺めて、いつの間にか時間が過ぎていたりします。

今日も、このブログを書こうと何度か文章を書いたのですが、最後まで辿り着けずに2〜3回消しました。

なので、かなり調子が悪いです。

ですが、こんな不調の時だからこそ、できることがあります。

それは、自分自身を見つめ直すこと。

「本当に自分がしたいことは何か?」

それを見つける機会でもあるのです。

不調に陥った原因は?

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

現在は2018年の6月ですが、今月はとてもハードな時期でありました。

  • 田植えシーズン
  • 妻が長期の出張
  • その他ネット関連のお仕事もある

といったような感じで、非常に有り難い状況ではあるのですが、かなり頑張らないと乗り越えられない月だったのです。

おかげさまで、それらを乗り越えて今に至るわけですが、結果、かなりのエネルギーを消耗してしまったようです(^^;;

こんな風に調子が悪いです

まあ、なんというか……情けないですが、体が思うように動きませんorz

いつもは朝の4時に起きて活動するのですが、それができず7時起きになってしまいました。

また、意識も散漫になっていて、娘の幼稚園の制服に名札をつけ忘れそうになるとか、水筒を入れ忘れそうになる、ということが起こっています。

今はもう暑くなる時期なので、水筒を忘れたら熱中症のリスクが高まって、死活問題なのに……。

そんな状態になっていて、「あー。もうダメダメだ」「オレ、もうダメダメだ」「生きてる価値ないかも……」みたいなところまで思考が走っております。

そして、それをこんな風にグダグダ書いている状態からも、やはり調子が悪いのです。

SNSをぼーっと見てしまう

で。そんなときによくやってしまうのが……

SNSをぼーーーっと見てしまうこと

これ、マジで良くないですね!

「情報収集しよう!」とか「人と交流しよう!」とか「これを伝えたい!」とか、何らかの意図を持っているなら良いのです。

ですが、頭が働かない状態でTwitterとかFacebookとかを開こうものなら、逆にめちゃくちゃ消耗します。YouTubeで動画を見始めたりなんかしたら、完全にジ・エンドです。

面白い情報や人の様子が見えるので、なんかエネルギーもらえてるような感覚がするのですが、実はそれってフェイクで、画面を閉じたあとドッと疲れたりします。

しかも、予想外に時間が過ぎていたりします。

だから、「調子が悪いときにSNSをぼーっと見るってやってはいかん!」と強く思うのです。

ついつい気になってスマホを手にとってしまいますが、そんな時こそ要注意。機内モードにするか電源OFFにするかの工夫が必要です。

お菓子をダラダラと食べてしまう

あと、ついついお菓子に手が伸びてしまうのも要注意ですね。

少しなら全然良いと思うのですが、こういう調子の悪いときって、いつの間にがバクバク食べてしまいます。

気づいたら、チョコレートの空き袋でゴミ箱がいっぱいになっていたり、大きなポテチの袋が空になっていたり、「ちょっとだけ」と思って食べ始めたじゃがりこが全部無くなっていたりします。

これはもう本当にマズイです。

カロリーオーバーになるだけでなく、本当に大切な食事が入る余地が胃袋に無くなってしまうので、ちゃんとしたエネルギー補給ができなくなります。

しかも、これまた「気づいたらめっちゃ時間が過ぎていた!」ということにもなります。

「食べる」という行為をしているので、エネルギーを取り込んでいるように見えるのですが、冷静に見ると「ロスしかない」という魔の状態なのです。

調子が悪いときの注意点

はい。そんなわけで、調子が悪いときに注意したいのは以上の2点で、まとめると……

不調のときこそ
  • SNSを無目的にボーーっと見ない!
  • お菓子を無制限にダラダラ食べない!

ということになります。

ただ、正直なところ、調子が悪いといっても人間というのは何かしらの行動を起こしたくなる生き物です。

いえ。調子が悪いからこそ、ジタバタして何かしてみたくなります。

だからこそのSNSやお菓子なのですが、そっちに流れたくなるのを軌道修正して、有効な時間を作り出す方向へ持っていきたいと考えるのです。

調子が悪いときにすべきこと!

で。僕の中で今回出た結論が

自分の本心を見つめ直す

ということでした。

もちろん、これはあくまでも一つの方法に過ぎません。調子が悪い時を乗り越える手段は他にも沢山あるでしょう。

ですが、

  • 余計なコストがかからず
  • 体と心を休めることができ
  • 家族や周囲の人にも迷惑をかけない

というのが、この「自分自身を見つめ直す」という方法だったのです。

不調だと自分の本心が見えやすい

これは私見ですが、調子が悪いときって、自分の本心が見えやすくなっている状態だと思います。

調子が良い時は向き合わなくていい弱い自分や、いつもは心の奥底に眠っている願望が、ふわりと表面化してくるタイミングだったりします。

そして、それらは実は、いつもの自分が余り向き合いたくないものです。

だから、その“向き合いたくない”ことを誤魔化すために、SNSやお菓子に走りたくなるんでしょうね。

けれど、ごまかせばごまかすほど調子は更に悪化し、改善策が見いだせないままどんどん落ち込む結果になります。

であれば、調子の悪い時こそ、自分の内面に向き合うことが必要でしょう。

本心に向き合うってどんな感じ?

じゃあ、実際に自分の内面に向き合って、本心と向き合った結果、どんなことになるのか?

先ほど自分自身でやってみたところ、思いがけないことが浮かんで来ました

かなり具体的になるので上手くお伝えできるかわかりませんが、子どもの頃に見た田んぼの光景が浮かんで来ました。

そして、「この光景をもう一回 再現したいなー」という想いが湧き上がって来たのです。

この想いは実は、現状の僕の活動を否定するものだったりします。

僕は今まで色々なこだわりを持って田んぼや畑をしてきました。「自然を大切に!」とか、あとは「何とか採算を取らねば!」とか色々なことを考えまくって農業してきたんです。

ですが、今回湧いてきた想いは、

  • 今までのこだわりとか考えとか取っ払っていいやん
  • 単に、田んぼの光景を作り出すだけでいいやん
  • 無農薬とか別にこだわらんでええやん

というものだったのです。

そんなわけで、かなり戸惑ってはいますが、自分の本心をキャッチできたことにより、少し調子が回復したように思います。

最後に(本心に向き合うのが怖くても)

こんな風に、自分の本心と向き合うことは、少し怖いものです。

ですが、怖いものだからこそ、調子の良いときは向き合わずにガンガン進んでしまいます。

ですので、調子の悪いときこそ、自分の中に眠っている本心をキャッチするチャンスだったりするのです。

そのためにも、

  • スマホやパソコンでぼーーーっとネットを見ない!
  • お菓子をダラダラと食べない!

ということを踏まえた上で、

ゆっくりと静かな場所で自分の心と向き合う

というのがオススメです。

というか、僕はこの後、買い物行って夕飯の準備をした後、そうやって過ごす予定ですーーー

もしあなたが不調になられたときのために、少しでもご参考になれば幸いです(^-^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください