ブログ運営法

ブログにアドセンスを設置してはダメ?!たった2日で広告をやめた理由

ブログにアドセンスを設置してはダメ!

昨日と一昨日、このブログに広告を設置してみました。

「広告」というのは、よくある『Googleアドセンス』です。
※こういうやつ↓

Googleアドセンスの掲載例

記事の途中とか最後とか、あとサイドバーとかに「スポンサーリンク」みたく表示されるものですね。

で。これを見た読者さんが何らかのアクションを起こすと、僕に収益が入るのですが・・・

2日間でやめました。

「これはアカンやつや!」と違和感がMAXに達したため、短期間で掲載をやめてしまったのです。

そんなわけで、

Googleアドセンスをブログに設置してはいけない理由

を書いていきたいと思います!

【注】

この記事は、あくまでもブログ運営の個人的な方針を示すものであり、Googleアドセンスの仕組みそのものを否定するものではありません!

また、アドセンスを設置されているサイト運営者さんを批判するものでもありません!

  • 「実際に広告を掲載してみたけど、こんな風に感じました」
  • 「どうやら、自分のブログには合ってないみたいッス!」

というレベルの話であることを、あらかじめご理解くださいm(_ _)m

ブログにアドセンスがダメな理由

Googleアドセンスをブログに設置してはダメな理由。それは……

せっかく見に来てくれた読者さんを 他のサイトに誘導してしまうから

です。

正直なところ、このブログに明確な運営方針はありません( ̄▽ ̄;;

  • 「書きたいことを書けたらいいな〜♪」
  • 「とにかく毎日書いていきたいな〜」

という思いで続けて来ました。

ですが、いくら「書きたいものを書く」と言っても、やっぱり見に来て下さった読者さんには楽しんでいただきたいと思っています。

そして、実際に「ブログ楽しみに見てますよ」という声もいただくようになりました。

……となると、

「他のサイトに誘導してしまう この広告の仕組みはちょっとマズイな」

と思ったんです。

ブログの目的で広告の良し悪しが変わる

ブログには色んな目的や方針があると思います。

  1. 収益を目的とするブログ
  2. 情報提供を目的をするブログ
  3. 自分の好きなことを書いていくブログ
  4. 特に目的もなく日々のことを書くブログ

みたいな感じですね。

で。(1)と(2)のような目的であれば、広告を設置するのは全然問題ないと思います。

むしろ、(1)の収益目的であれば、積極的に配置しないともったいないです!

また、(3)の「好きなことを書くブログ」であっても、その“好きなこと”に読者さんが共感し、関連する商品やサービスを購入したいとなる可能性があるので、広告を設置するのも有効です。
(Googleアドセンスは広告内容が指定されず、読者さんに合わせて表示が変わりますが、関連する商品が表示されることも多いので)

ですが、(4)の「特に目的もないブログ」だと、広告を配置するのはかなり変なのです。

個性に集まってきてくれるブログだから

「え? 目的がないからこそ、アドセンスは有効なんじゃないの?」

「読者さんの興味に合わせた広告が表示されるから、むしろアドセンスしかないよね?」

と思われるかもしれません。

ですが、違うのです。

「特に目的がない」「日々のことを書いている」というブログ(いわば「日記ブログ」)は、“書いている本人”に読者さんが集まって来てくれている状態です。

もちろん、検索エンジンに掲載されるのは、その記事に書かれている情報が基準です。ですので、初めて訪れてくださる読者さんは、ブログ運営者よりも“情報”を求めて来ます。

ですが、ブログ全体に目的やテーマが無いので、結局のところブログの特色は“人”に行き着きます。

つまり、ブログ運営者の“個性”に惹かれて、読者さんが集まってくるわけです。

となると、他サイトに誘導してしまう広告は、ブログの特色とちぐはぐになることがわかります。

やってみたら収益率が低かった!

というか、今回、実際にアドセンスを設置してみて、非常に興味深いことがありました。

それは……

収益率がめっちゃ低かった

ということです。

現在、当ブログのアクセス数は1日1,000pvくらいですが、以前に収益目的で運営していたブログは、1日1,000pvで300円〜400円くらいの収益を上げてくれていました。

ですが、今回設置してみた結果は、

  • 1日目 → 40円
  • 2日目 → 90円

というもの。

「あれ? こんなに収益低いの?!」
「1000pvなら、もっと行くはずでは?!」

と、かなりビックリしたのです。

ですが、これはネガティブなビックリではありません。実はポジティブなビックリでした。

とはいえ、たった2日間だけのデータなので、信頼性はあまりありません(^^; それに、広告の配置場所を工夫すれば、もっと収益は上がったかもしれません。

ですが、それらを工夫するより前に、「広告での収益なんていらねーや」となったんです。

収益率が低いのは良いこと!

収益が低いのに、なぜポジティブに感じられるのか?

それは、「読者さんが他のサイトへ行かなかったこと」を意味するからです。

はい。これは冷静に考えればわかることなのですが、広告って他社さんのサイトや商品ページへ誘導するものですよね?

であれば、その広告を踏むということは、「僕のブログに来て下さった読者さんが、他の人やモノに興味を持った」ということになります。

もちろん、読者さんが広告を踏めば僕に広告収入が入るのですが、それっていわば、

「自分のところに来て下さったお客様(=読者さん)を、他のお店(=サイトや商品)へ案内したことへの見返り」

です。

別の言い方をすれば、「代償」です。

となると、

広告の収益率が低い=読者さんが離れる代償を払わなくて済んだ

ということになるのです。

読者さんが自分のブログに留まってくれた

あ。なので、もっとシンプルに言うと、

ブログに来て下さった読者さんが、広告で他のサイトに興味を持たずに、僕のブログに興味を持ったまま とどまってくれた!

ということです。

もちろん、記事を読んで そのままページを閉じられたケースも多いでしょう。ですが、「収益率が低い」というのは「他のサイトに興味を持たなかった」という意味に捉えることも出来るのです。

となれば、

  • 特に目的もなく日々のことを書いている
  • もはや“個性”しか勝負するところが無いぜ

という当ブログにとって、「収益率が低い」のは良い結果だったと言えます。

アドセンスは置かないほうがいいよね

……と、そんな風にビックリしたり考えたりした結果、

「じゃあ、そもそも広告を置かん方がええやん!」

という結論に達しました( ̄▽ ̄;;

なので、アドセンス広告は全て撤去しました。

たったの2日間の掲載でしたが、とても有意義な学びを得ることができました。

そして、先日の「現状が不安になったら?実は今のまま進むのが正解かも?!」という記事にも掲載したとおり、


「変えようとしておかしくなる」ことを実感したのでした。

ブログの趣旨と広告の意味を理解しよう!

いかがでしたでしょうか?

「アドセンスを掲載するのはダメ」という、ブログ界の常識をくつがえすような話になってしまいましたが、新たな視点としてご提供できれば幸いですm(_ _)m

それに、今回お伝えしたいのは「広告がダメ」ということではなく、あくまでも

自分のブログの目的と特色を把握して、それに合ったスタイルを作りましょう!

ということです。

繰り返しになりますが、収益を目的にするならどんどん広告を設置すればいいですし、好きなことを紹介したいなら関連する商品ページへ案内する方が効果的です。

そういう趣旨のブログであれば、むしろ広告を掲載する方が読者さんのためになりますからね。

ですが、単に自分の書きたいことを書いていたり、自分の個性を発揮しているブログであれば、広告は不向きなわけです。

なぜなら、広告というのは他の人や商品へ興味を持たせるものだから。

せっかく自分に興味を持ってブログに来て下さった読者さんを、他のサイトへ誘導してしまうことになるのです。

それはある意味“裏切り”でもあり、そこから得られるお金は“代償”とも言えます。

そんなこんなで、

  • Googleアドセンスは、どんなブログでも効果を発揮するわけではないですよー
  • 広告を設置するなら、ブログの目的や特色をしっかり踏まえた上で!

ということをお伝えできればと思います(^-^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!

今回、Google AdSenseを設置したのは、「グーグルさんへの恩返しを」という理由もありました。いつもGoogleの検索エンジンからブログへお越し下さる読者さんが多いので、「アドセンスを置くことで、少しでもGoogleさんの利益になればなぁ」と思ったのです。

結局、上記の理由で掲載はやめてしまいましたが、これからも「良いコンテンツを作る!」というところで、Googleさんに恩返しできるよう頑張っていきたいです!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください