働き方

セールスのコツは3才の娘が教えてくれた!「好き」を思い切り伝えよう

セールスの本質とは?

今日の晩ごはんは、僕の担当です。

急に暑くなったので、ヘルシーでいてスタミナのつくメニューにしようかと考えました。

ですが、自分ひとりだけで考えるのも良くありません。念のため、妻と娘の意見も聞くことにしました。

妻に聞くと「何でもいいよー」との答え。

そして娘に聞いたところ、「カプリチョーザ!」という答えが返って来ました。

僕は「え?!」となりました。

「カプリチョーザ」というのは、近所のショッピングセンターにあるイタリアンレストランです。

ららぽーと和泉のカプリチョーザが好き!
ららぽーと和泉のカプリチョーザが家族でお気に入りな件『ららぽーと和泉』にある『カプリチョーザ』さんが好きです! こんな風に、お店のことを名指しで紹介するのは余りありません(しかも、有...

↑こちらの記事に書いたとおり、家族でお気に入りのお店です。特に、娘は大好きです。

ですが、今日の晩ごはんにカプリチョーザは全然想定していませんでした。先ほどお伝えしたように、「ヘルシーでスタミナのつくメニュー」を考えていましたから。

カプリチョーザは確かに家族全員好きですが、「ヘルシー」かというとそうではありません。むしろ、あぶらっぽいです。

だから、僕の中では、娘の「カプリチョーザ!」という提案は、即座に却下でした。

ですが、その後、その気持ちが大きく変化します。

それはまるで、巧みなセールスにより、初めは「要らない」と思っていたものが、だんだん欲しくなっていくように……。

セールスのコツを娘が教えてくれた

ブログをご覧いただき、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

インターネット関連の仕事では、以前はビジネスのお手伝いもしていました。

何らかの事業をされている方の商品やサービスを、インターネットを使ってPRするサポートをしていたのです。

ですので、「セールス」に関しては、色々と勉強してきた経緯があります。
(でも、何かを強引に売り込むことは苦手です。自然な流れで買っていただく流れを生むことを目指します)

けれど今回、セールスのコツを、3才の娘に教えてもらうことになりました

セールスのコツとは?

娘が教えてくれた「セールスのコツ」とは何か? それは

好きなことを「好き!」と繰り返し言い続けること

です。

先ほど、「今日の晩ごはんにカプリチョーザは想定していない」と書きました。ですので、娘にも「カプリチョーザは違う」「何か別のメニューを作る」と言ったのです。

ですが、娘はそれを聞き入れませんでした。

「カプリチョーザがいい!」

と再び言ったのです。

いえ。再びどころか、そのあと繰り返し「カプリチョーザ行きたい」「カプリチョーザがいいなー」と言い続けたのです。

すると、どうでしょうか? 僕の心にこんな想いが芽生えたのです。

「そっか。カプリチョーザもいいかもしれないなぁ」

……と。

「好き」の気持ちは周囲に影響する

そうなんです。さっきまでは想定もしておらず、今日のところは魅力を感じていなかったカプリチョーザに対して、少し興味が湧いてしまったのです。

いえ。娘の「カプリチョーザがいい!」という言葉を聞いていると、

「やっぱり、あのお店いいもんなぁー」
「今日行くのも悪くないかもなー」

という気持ちまで湧いて来ました。

そう。娘の熱い言葉を聞いているうちに、いつしか僕の心も影響を受け、カプリチョーザに惹かれ始めてしまったのです。

そして、気づきました。

「これこそがセールスの本質だ!!」

……と。

「好き」という純粋な気持ちが大切

つまり、どういうことかというと、

最初は興味がない相手であっても、自分の「好きなこと」や「オススメのもの」について情報を発し続けることで、いずれは興味を持ってもらえる可能性がある

ということです。

そして、この中で最も重要なポイントは、自分自身の「好き!」という気持ちです。

たしかに僕は元々カプリチョーザのことを知っていましたし、お気に入りのお店だと思っていました。けれど、「今日このお店に行くこと」は全く考えていなかったのです。

ですが、娘の放つ

  • 「カプリチョーザが好き!」という純粋な気持ち
  • 「今日、カプリチョーザに行きたい!」という強い想い

に感化され、いつの間にか「僕もカプリチョーザ行きたいかも……」という変化が起こったのです。

セールスの基本は「好き」を何度も伝えること

もちろん、セールスには他にも色々なポイントがあります。

  • 売り手の想いを押し付けるのではなく、お客様の気持ちやメリットを考える
  • その商品・サービスを購入してとき、お客様が得られる変化を提示する
  • 短期的な視点ではなく、お客様の人生全般に立って、その商品・サービスがどんな未来へ向かうことに役立つかを伝える
  • 「どうして自分がそれを販売しようと思ったのか?」という理由や経緯を説明する

といったことです。

ですが、たしかにこれらは大切なことなのですが、「もっと大切なことがある!」と娘とのやり取りの中で気づいたのです。

それが、

  • 自分の「好き!」という気持ちと
  • それを繰り返し何度も伝えること

でした。

インターネットを活用すれば

ですので、「セールスのコツって、実はシンプルなのだなぁ」と思います。

単に、自分の「好きなこと」や「オススメのもの」を、「自分はコレ好き!」「めっちゃ良いッス!」「オススメです!」と、純粋な想いを込めて言い続ければいいだけなのですから。

それに、今はインターネットがあります。その「好きなこと」や「オススメのもの」を、パソコンやスマホを使ってどんどん発信すればいいだけです。

以前のセールスといえば、

  • 見ず知らずの人に飛び込み営業をかけたり
  • 沢山のお金をかけてチラシを配ったり
  • お客様になりそうな人を誰かに紹介してもらったり

という風に、心理的にも金銭的にもコストが高いものでしたが、今はそういったことは不要です。

それに、SNSやブログで「好きなこと」をどんどん発信していれば、それに興味のある人は集まって来ますが、逆に元々興味のない人は離れていきます。

ゆえに、自分の「好きなこと」や「オススメのもの」に興味のある人だけが周りにいる、という状況を作り出すことができるのです。

しかも、SNSやブログって金銭的コストがほとんどかかりませんし、自分の性格や人柄まで知ってもらえます。

こうなれば、セールスは「大変なもの」や「コストのかかるもの」ではなく、「とても気軽なもの」「楽しいもの」となるはずなのです。

僕自身も「好き」を発信したい!

……と、ここまで書いて来ましたが、自分自身を振り返ってみて、

「あー。好きなこと、あんまり発信できてないなぁ」

ということに気づきました(^^;;

たしかに、このブログは「好きなことを好きなように書く」というものなのですが、

「自分の好きなことを、誰かにオススメしようとしてたか?」

というと、それはできていませんでした(^^;;

やっぱり、自分の好きなことを思いっきり発信するのって勇気がいるし、それを否定されたら怖いですから。

あ。この辺のことは、コチラの記事に書きました↓

好きなことを仕事にすると失敗する?!
「好きを仕事にする」が失敗するワケ!○○と向き合う覚悟ありますか?「好きなことを仕事にしよう!」 「好きなことの方がお金が儲かる時代だ!」 なんてことが言われます。 確かにそうかもしれ...

「好きを仕事にしようとすると、批判がどうしても出てしまうので、その覚悟があるか?」という話でした。

ですが、批判といっても、飛び込み営業をして拒絶されたり、頑張ってつくったチラシを捨てられたり、というところまではインターネットではなりません。

先ほども言ったように、「興味ある人は残ってくれるし、興味がない人は去っていく」というレベルです。

ですので、

「これからは、自分の好きなことやオススメしたいことを、どんどん熱く発信しようかな?」

と思っています。

そんなこんなで、3才の娘からとても大切なことを学ばされた日でした♪
(これは、恩返しにカプリチョーザ行かねば( ̄▽ ̄;;)

まとめ

いかがでしたでしょうか? 我が家の晩ごはんという些細なことから始まった話でしたが、ご参考になるところがあれば嬉しいです(^^)

最後にポイントを整理すると……

セールスのコツとは?
  • セールスのコツは「好きなこと」や「オススメのもの」を、熱い想いを込めて何度も伝えること
  • 実際、今日の晩ごはんについて、娘が「カプリチョーザ行きたい!」と何度も言ったので、もともと興味のなかった僕も心変わりをした
  • だから、自分自身の「好き!」という気持ちが、セールスには非常に大事
  • 今はインターネットがあるので、自分の「好きなこと」や「オススメのもの」を、リスクやコストなく発信することができる
  • SNSやブログで情熱を持って発信し、そこに興味を持ってくれる人とだけ関われば、手軽に楽しくセールスができる時代である

となります。

自分の「好き」という気持ちを大切にして、どんどん伝えていけたらいいですね(^-^)

☆余談☆

晩ごはんは娘の“セールス”どおり、カプリチョーザへ行きました! 美味しかったです♪

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください