夫婦関係

妻を怒らせて夫婦げんかになりかけた時は?夫は妻に絶対服従!

妻を怒らせてしまったときは?

妻に怒られました

理由は、僕がお味噌汁を作ったから・・・。

「え? それって、喜ばれることなんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、そうではなかったのです(T-T)

いえ。僕としても「喜んでもらえるはず!」と思って、味噌汁を作りました。

ですが、それは“余計なお世話”であり“勘違い”だったようで、逆に妻を怒らせてしまったのです……orz

ですから、改めてこんな風に感じています。

夫が「妻のため」と思ってやる行動は、的外れになることが多い

……と。

そして、ここからがもっと重要なのですが、

そうやって自分の「妻のため」が的外れになったとしても、素直にその事実を受け入れる

ということです。

自分の意志がどうだったかは関係ありません。あくまでも女性の意志・意見を尊重するのです。

つまり、夫は妻に対して絶対服従なのです。

妻を怒らせた原因は味噌汁を作ったこと

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。

昨日「完全に体調を崩してしまった」という記事を書きました。

あわせて読みたい
大雨と体調不良をワルプルギスの夜にせいにした
大雨の日に体調を崩したので『ワルプルギスの夜』のせいにしてみた寝込んでます。 現在、14時30分。 朝はなんとか起床して最低限の家事(掃除と洗濯)はできたのですが、その後は体が動かなくな...

久しぶりに体が思うように動かなくなり、家事も仕事もできず布団に寝るだけの状態になったのです。

ですが、夕方近くになって随分回復し、そこから少しずつ普段の動きを取り戻しました。

そして、晩ごはんのため、お味噌汁を作り始めました。

ですが、先ほどお伝えしたように、このお味噌汁作りが妻を怒らせる原因になってしまうのです……。

外出先の妻がお惣菜を買ってくれて

この日、妻は以前から約束していた用事があり、大阪の中心部へ外出していました。

そして、その用事が終わって帰る頃に、こんなLINEをくれました。

うおそうめんは主食なのか?

どうやら晩ごはんのために、

  • うおそうめん
  • うまき
  • からあげ

という3種類のお惣菜を買ってくれたとのこと。

そして、「うおそうめんは主食なのかオカズなのか?」という議論も交えつつ……

ごはん炊きます!

こんな風に、僕がご飯を炊くことになりました。

LINEの会話をご覧いただければおわかりのように、この時までは非常に平和でした。

ですが、この後、僕の中である一つの疑問が生まれるのです。

野菜と汁物も欲しいと思ったので

「あれ? これだと栄養かたよらない?」

そんなことを思いました。

妻が買ってくれたという「うおそうめん」「うまき」「からあげ」の3点は、いずれもタンパク質のおかずです。

しかも、どれもが動物性タンパク質・・・

あわせて読みたい
肉食系と草食系が結婚したら?
肉食系女子と草食系男子が結婚するとこうなる!(かもしれない)妻が家を出て行ってから一週間が経ちました。 あ。でも、ケンカしたわけではなく、仕事です。 妻は海外旅行の添乗員をしているので...

↑こちらの記事に書いたとおり、まさに「妻は肉食系、夫は草食系」を示すものです。

ですが、草食系の夫としては、ここで湧き上がる想いがありました。

「野菜も食べたい!」
「てゆーか、汁ものも欲しい!」

……と。

そこで、体力も回復していたこともあって、冷蔵庫に残っていたニンジンとダイコンを使って、野菜たっぷりのお味噌汁を作り始めたのでした。

妻のために味噌汁を作る喜び!

お味噌汁を作りながら、僕の心はルンルンでした。

ようやく体調が回復したこともあり、家族のためにご飯を作れるのが嬉しかったのです。

そして何より、“妻のため”に動けているという喜びもありました。

  • 妻が買ってくれたお惣菜に合わせて、ナイスな味噌汁を作れている!
  • しかも、野菜たっぷりで家族の健康のためにもなる!
  • これはきっと、妻も喜んでくれるはず!!
  • 嗚呼! 僕はなんて良い夫なのだろう!!

みたいな感じで、「自分に酔う」くらいのレベルまで気分が高まってしまったのです。

こんな浅はかな考えと行動が、後で悲劇を生むとも知らずに・・・。

なんで味噌汁なんて作ったの?

帰宅した妻は、僕が作ったお味噌汁を見てビックリしたようでした。そして、「ありがとう」とも言ってくれました。

ですが、その表情にはどこか影がありました。

そのまま娘も交えて、家族3人で平和に美味しくご飯を食べたのですが、食事の後しばらく経ってからのこと。娘が一人遊びに夢中になり、妻と僕の二人きりになったとき、妻がこんな風に言ったのです・・・

妻
なんで、お味噌汁なんて作ったの?

その表情からは、彼女のチャームポイントであるニコニコ笑顔が消えてしまっていました。

“余計なこと”をしていた夫

夫
え? なんでって、汁物もあった方がええやん?
妻
そんなの要らないよ! 量が多くなりすぎて、食べ切れなかったじゃん!
夫
えっと……残った分は明日食べればいいだけやし、それに野菜も足りなかったし……
妻
だから、途中でキュウリも買って帰って来たんじゃん! 余計なことしなくてもいいのに!

※妻はお惣菜だけではなく、帰る途中のスーパーでキュウリも買い足していたのでした

・・・余計なこと。

そう。僕は余計なことをしてしまっていたのです。

「これは、家族のためになることだ!」

「妻もきっと喜んでくれるはず!」

「僕はなんて良い夫なんだ♡」

と思ってやっていたのですが、完全に“余計なお世話”をしてしまったのでした……orz

いえ。これは今回に限った話ではありません。今までにも、「家族のためになる!」「妻が喜んでくれるはず!」と思ってやってことが、逆効果になることは多々ありました。

つまり、ここからどういう法則が導き出せるかというと、

  • 男が「家族のため」「妻のため」と思って取る行動は、的外れになることがある
  • というか、むしろ“余計なこと”になる可能性が高い
  • だから、自分の行動が“的外れ”や“余計なこと”になったら、男性は素直にその事実を受け入れるべし
  • もちろん、「家族のため」「妻のため」という気持ちは大切なのだけれど、その場合は否定される覚悟を持つべし!

ということになるのです。

怒る妻には絶対服従!

ですが、妻も僕の行動に対して、何の理由もなく怒ったわけではありません。

夫
ごめん。じゃあ、他のものを作ればよかったね……

と言った僕に対し、妻は・・・

妻
違うもん!
単に、ゆっくりしてて欲しかっただけだもん!!

こんな風に言ってくれました。

そう。そうなんです。

妻は、僕の体調が悪いことを気遣い、余計な動きを取らせたくなかっただけだったのです。

だから、彼女なりに一生懸命に考えて、色々とお惣菜や野菜を買い揃えてくれたのでした。

それに気づかず、「僕はなんて良い夫なんだろう♪」と鼻高々に味噌汁を作っていた僕は、なんておバカなんでしょう!

夫
す、すみません……浅はかな行動を取ってしまった僕が悪かったです。
もっとちゃんと休んでおくべきでした

はい。こんな感じで、もはや妻に対し反論すべき余地はありません。

ここはもう、妻の意志と意見を尊重し、従うよりほかありません。

怒った妻には絶対服従なのです。

妻
わかればいいです。次から気をつけてください
夫
はい……承知いたしました

……と、なんとか事態は収拾いたしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あくまでも我が家の出来事をお話しして来ましたが、多くのご家庭でも似たようなことが起こるのではないでしょうか?

Point
  • 夫が「妻のため」「家族のため」と思ってやる行動には、“的外れ”や“余計なこと”が多い。
  • もちろん、その気持ちは大切なのだけれど、妻の意にそぐわない結果になることを覚悟しておく。
  • もし妻の気分を害したり怒らせてしまったら、その意志と意見を徹底的に尊重する。
  • 怒った妻に対しては、夫は絶対服従の姿勢で接する。

といったことが、夫婦ゲンカになりかけたときの心構えだと思うのです(特に男性にとって)。

あなたのご家庭の夫婦円満のために、少しでもご参考になれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください