夫婦関係

夫婦二人きりで語り合うって大事!子どもがお泊り保育でいない夜に

夫婦二人きりで語り合うって大事!

昨晩は、妻と色々なことを話しました。

昨日は娘の初めてのお泊り保育があり、子どもが生まれて以来、夫婦二人きりで過ごす夜になったのです。

“二人きり”というとアンナコトヤコンナコトを想像されてしまうかもしれませんが、大切なのはアンナコトヤコンナコトではなく、「子どもがいない時間でゆっくりと自分たちの話をする」ということができたのです。

今まで娘を預けている間に夫婦でデートしたりはありましたが、「夜にじっくりと腹を割って話をする」ということはなかったので、とても新鮮で貴重な時間でした。

で。具体的にどんな話をしたのかというと・・・

秘密です。

これまで色々なことを開けっぴろげに書いてきた このブログですが、今回はちょっと秘密にしたくなったので、秘密です。

ですが、一つだけ確かにわかったことは、

結婚してもうすぐ9年になるけど、妻のことが全然わかってなかったんだなー

ということ。

昨晩、妻と話したのは、主に今後の子育てや仕事のことでしたが、普段から

  • きっと仕事については、こんな風に考えているだろう
  • 子育てについてもこんな想いを持っているに違いない
  • だから、将来の子育てや仕事もこんな風にしていきたいだろう
  • 僕は妻自身の想いを大事にして欲しいから、全面的を応援しよう!

という風には考えていました。

で。昨日あらためて話したところ、大まかなところは普段考えていたことと合致していました。

ですが、決定的に欠けているところがありました。それは、

  • 僕の想像や決めつけばかりで、今まで妻の話を直接ちゃんと聞いていなかったこと
  • 子育てや仕事に対する僕の本音を、きちんと妻に話していなかったこと

でした。

つまり、表面的には妻の想いや生き方を尊重して応援しているように見えていたけれど、本心をしっかり語り合う時間が欠けていた、ということです。

だから、普段の生活は物理的には上手く回っていたし、これからも上手く回っていくだろうという状況だったのですが、妻の心の中ではモヤモヤとしたものが蓄積し、解消されずにいたのです。

「うわー。しまったなぁ……」ということを感じました。

一般的に、男性は目に見える結果ばかりを見てますが、女性はそこへ至る過程や想いを大事にする、と言います。

でも、最近の僕は、物理的な生活や将来に起こる結果ばかりを見て、妻の気持ちの変化や結論に至るまでの過程をおろそかにしてしまっていました

いえ。そこを大切にしたいと思っていましたが、「きっと妻はこんな風に思うだろう」と勝手な想像と決めつけで、きちんと向き合わずにいたのです。

長年、一緒にいるからこその盲点ですね……。

そしてそして、もう一つ決定的に欠けていたことに気づきました。それは、

実は、自分自身の本心も全然わかっていなかった!

ということです。

そう。妻の気持ちだけではなく、自分の気持ちもしっかりとキャッチせずに今まで過ごしていたのです。

  • 妻との関係性はこうだから、自分はこうするのが良いに違いない
  • 子育てについては、自分はこの立場が良いと考えている
  • 仕事に関しても、自分はこうやっていきたいはずだ!
  • そして、こんな風にすれば、妻も周りの家族もきっと幸せになるはず!!

という風に思っていました。

ですが、ここで書き出した言葉だけを見ても、「〜〜に違いない」とか「〜〜〜はず」とか、勝手な決めつけや想像をしてしまっています。

だから、今まで「これは自分の本心だ」と思っていたことについても、実は本当の本心ではなくて、自分の頭で都合よく考えたり決めつけた偽りのものだったのです。

「あ! 自分って本当はこんな風に思っていたのか!」

妻と語り合ううちに、そんなことも気づきました。

そして、そうやって出てきた僕の本心を伝えることで、妻もとても喜んでくれました。

「あなたの そういう本音をずっと聞きたかった」

……と。

あらららららら。

今までも、けっこう二人で話し合う時間を取ってきたし、妻の気持ちに寄り添おうとしてきたし、自分の本音も伝えようとしてきたつもりでしたが、全然できていなかったことがわかりました。

「子どもがいない夜に夫婦二人きりで語り合う」というシチュエーションのおかげで、そんな大切なことに気付いたのでした。

だから、お泊り保育を開催してくれた幼稚園には、本当に本当に感謝なのです。

そして、こうやって気付いたからには、もっと妻の気持ちを聞けるように努力し、僕の本心を伝えられるように意識したいな、と思っています。

ですので、今回お伝えしたいことをまとめると……

POINT
  • 長年一緒にいたとしても、夫婦二人きりで語り合う時間を取るのは大事
  • できれば、子どもがいない時間を作って、ゆっくり語り合うのが大事
  • お互いの気持ちを尊重しあっていると思っていても、実はきちんと聞けていない可能性がある
  • また、自分自身の本心も伝えられていない場合もある
    (というか、自分の本心を把握できてない場合もある)
  • 特に男性は内面のことや物事の過程をおろそかにしがちなので、決めつけや想像ではなく、しっかりと直接 相手の想いに向き合う

となります。

個人的な体験から気付いたことですが、あなたにとってもお役に立てるところがあれば幸いです(^^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください