ライフスタイル

人に教える効果的な方法は自分の○○を見せること

人に教える効果的な方法

人に教えたいことがあります。

だから、僕自身がそのことを精一杯実践しようと思います。

教えたい人たちに、背中を見せたいと思います。


 

こんにちは! 「農マドワーカー」の辻林です。

僕は大阪の郊外で細々と農業をする傍ら、ウェブサイト作成や運営サポートのお手伝いをさせていただいています。主に、個人事業主さんやこれから起業されようとする方のホームページやブログを応援するお手伝いです。

ただ、正直なことを言うと、今まで作成させていただいたウェブサイトを、継続的に使っていただけるということが余りありません(T-T) 数字で言うと50%くらいでしょうか……。半分くらいの方が、せっかくサイトを構築したのに、更新がストップするか放置されてしまうのです。

個人的には、とっても悲しいです……(T-T)(T-T)(T-T)

僕の中で作成させていただくブログやホームページというのは、生き物というか子どもというか何かを育てている感覚になります。農作物を育てる感覚にも近いかもしれません。

そんな風に、命や魂を込めたものだと思っているんですね。少なくとも、僕が作成させていただく場合は、そんな気持ちでやっています。

ですが、実際に作成が終わってみると、なかなか使っていただけないという現状があります。

もちろん、そこには僕のサポートが足りていなかったり、作成の際にお客様の意図を汲み取れていなかったり、そもそも使いやすい形になっていないのかもしれません。継続して使っていただけるようにアフターサポートもさせていただいているのですが、どうにも上手くいかないのです。

……って、愚痴のような言い訳のようなことを書いてしまいました(^^;; すみません。

ただ、当然のことながら、僕の仕事はウェブサイトを完成させることであって、「その後どう使っていくか?」はお客様ご自身の問題です。お客様が意志と考えで、決めていかれることで、僕がとやかく言えることではないのです。

以前の記事でも触れたアドラー心理学の「課題の分離」ですね。

ガッカリ
ガッカリしたときの対処法とは?心の裏にある驚異のメカニズムガッカリする出来事がありました。 ここのところ、自分の心を整えることを意識していたので、落ち込んだりガッカリしたりすることは少なか...

他人と接するときは、自分がこなすべき課題と相手の課題とを明確に認識し、相手の課題には介入しない、というものです。

サイト作成で言えば、僕の課題は「ブログやホームページを作ること」。お客様の課題は「そのブログやホームページを運営していくこと」です。運営のお手伝いもさせていただいていますが、あくまでも「お手伝い」であって、責任や裁量を担うのはお客様になります。

ですから、僕がどれだけ頑張ってサイトを作ったとしても、そのサイトをどう使うかは僕にはどうこうできません。

ただ、先ほども言ったとおり、僕の中でサイトは命の込もったものですから、「ぜひ有効に使って欲しい!」という想いがあります。また、お客様ご自身も、サイト作成にはそれ相応の費用がかかりますので、かけたお金と時間を無駄にして欲しくないとも強く思います。

だからやっぱり、作ったサイトは継続して使っていただきたい!のです。

では、どうすればいいのか?

僕にできることは「自分の背中を見せること」だと思っています。

「背中を見せるって何なの?」となられるかもしれませんが、

  • 自分自身がサイトをいっぱい使いこなして
  • そうやって実際に使っている姿を、お客様に見せる
  • そして、サイトを使うことで自分自身に起こる変化を見せる

ということです。

この考え方は、僕がビジネスを勉強させていただいた方からお聞きしました。そして、その方は、僕たちに教えていることを自ら実践し、実際に変化を遂げていかれました。僕はその“背中”を見て、「自分自身も頑張ろう!」という気持ちになったんです。

もしかしたら、こういったことは有名な書籍に書かれてあるのかもしれません。ですが、僕は実感したのは、その方が“背中”を見せてくださったことからだったので、こんな風に紹介させていただいています。

そうなんです。僕がいくらサイトを作成させていただいたお客様に

  • 「サイトを使うと良いことありますよ!」
  • 「ブログを更新していくと、共感してくれる人と出会えますよ!」
  • 「サイトが大きくなって見てくれる人が増えれば、収入源にもなりますよ!」

とお伝えしても、言葉だけでは伝わらないのです。

こういったことについては、先日の記事でも書かせていただきました。

インターネットで収入を得るには?
インターネットで収入を得るには?この4ステップで着実に!「インターネットで収入を得たい!」という人が増えているように思います。 僕自身、ブログやホームページ作成の仕事をさせていただいたり...

ですが、これを読んだだけでは実感としてわからないはずです。確かに実際に僕が学んだことや経験したことを書かせていただいていますが、この記事を読んでも伝わってくるのは言葉だけで、「よし! 自分もやろう!!」となる人は少ないと思います。

それよりも、もっと伝わるのは、リアルな変化を見せていくこと。これが何よりも人の心を動かします。

もちろん、課題は分離されていますから、相手の方が動くかどうかわかりません。ですが、実感としては伝わりやすいはずなのです。

言葉ではなく、“背中”で伝える。

だから僕は、実際に自分でもブログを作って、ブログ記事を更新しています。今日も、こんな風に更新させていただいています(^^) そして、このブログにアクセスが集まり、僕自身が楽しく人と繋がったり、そこから収入を生んだり……という変化をお見せしていきたいと思っています。

これは、子育てにも言えることかもしれませんね。

子どもにはいくら言葉で言い聞かせても伝わらないことが多々あります。それに、仮に伝わったとしても、親である僕たち自身が実践していなければ説得力がありません。

それよりも効果的に伝わるのは、子どもに教えたいことを実際に自分でやってみせること。言葉で伝えたとしても、実際に自分でも実践していることを示すこと。そうすることで、子どもの心にも響き、親の真似をしようとして自然とそれを覚えてくれます。

ともすると、言葉を駆使して、言い聞かせるだけで相手を動かそうとしてしまいがちですが、

  • 自分自身が実践すること
  • その“背中”を見せること

を心がけていきたいですね!

あ、そうか。ここでも、こんな風に言葉で語るだけではダメなのか(^^;;

ですので、仕事でも子育てでも、何においても、人に伝えたいことや教えたいことは自ら実践して背中を見せるということを、これからもやっていきたいと思います!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください