インターネット

インターネットを使わないのは大きな損失!今すぐ発信すべき理由とは?

インターネットを使わないなんてもったいない!

「インターネットを使いこなせないって、もったいない!」

と、すごく思います。

これは自分に対してではなく、関わる方々に対して最近 感じることです。

  • 素晴らしい商品を持っていらっしゃったり
  • 素敵な想いを込めて活動していらっしゃったり
  • 過去に色々な経験をされていて、それがきっと多くの人に役立つだろうという人だったり
  • 意欲や希望に満ち溢れていて、お話しするだけで幸せな気持ちになれる人だったり

そういった方々とご縁をいただくのですが、なぜか「ネットが苦手」という場合が多いのです。

というか、「そもそもネットがわからない」「使う発想すらない」ということもあります。

個人的には「なんでだー?」と思います。

「あなたの持っているものをネットで発信したら、より多くの人が笑顔になれるのに!」

「もっと多くの人の役に立って、世界がもっと良くなるのに!」

と感じるのです。

ただ、ご本人にその気がないので、僕にはどうすることもできず……悔しいままに終わっています。

というか、以前は「インターネットを活用しようよ!」というコミュニティを運営していました。でも、うまく運営できなくて、そのコミュニティは閉じてしまったんですよね……。

けれど、そこから数年が過ぎ、改めて色々な人と関わる中で

「やっぱり、ネットを活用しないのはもったいない!」

「皆さんが持っている知識や経験やアイディアを、もっと世に広めて欲しい!」

と強く思うようになったのです。

まだ明確には見えていませんが、今後の自分の活動方針を見定めるためにも、インターネットの活用方法について書いていきたいと思います。

インターネットをめぐる“格差”

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

もともとは自分の農作物をPRして販売するためにインターネットの活用方法を学んだのですが、いつの間にか他の人のPR活動やビジネスをお手伝いするようになりました。

また、農業やビジネスとは別に、ブログで広告収入を得るノウハウ(いわゆるブログアフィリエイト)にも取り組んだり、他の人のサポートをさせていただいたりしました。

そういった活動を続けてきて、気付いたことがあります。

それは、「インターネットに関するリテラシーに大きな格差がある」ということ。

「リテラシー」というのは「理解力」や「把握力」「表現力」のことですが、ここでは「使いこなせる能力」と捉えてください。

つまり、「インターネットを使いこなせる能力が人によって全然違うこと」を痛感したのです。

使える人と使えない人のギャップに衝撃

「ネットを使いこなせる人とそうでない人の格差って、日本の貧富の差より大きいんじゃないか!?」

と感じてしまうくらいです。

僕は以前にブログのアフィリエイトに取り組んでいましたし、今でもツイッターなどでブロガーさんたちと交流させていただいています。

そこでは、「ブログを書く」なんて当たり前のことだし、ウェブサイトを作る知識も皆さん持っていらっしゃいます。

ですが、別の場所で繋がった方々と交流すると(主にFacebook繋がりです)……

  • ウェブサイトのことなんてチンプンカンプンだし
  • 「ブログを書く」ことにも高いハードルを感じているし
  • そもそも「ネットで何かを発信する」ということ自体に抵抗を感じている

ということがわかったのです。

最初、これに気づいたときはめちゃくちゃ驚きましたし、愕然としました。

「なんでこんなに格差が広がってるんだ?!」と衝撃だったからです。

個人的には、「これこそ日本で今すぐに解消せねばならない格差だ!」と考えています。

「ネットを使わない」のは損失でしかない

正直に言うと、「ネットを使わない」とか「何も発信したい」という意味が、僕にはサッパリわかりません

だって、ネットを使えば、世界中の人とを繋がりを作れるんですよ?

現実的には日本の中だけが多いですが、それでも今まで出会ったことのない人と交流することができます。

そして、自分が今まで経験してきたことや今感じていることを知ってもらうことができます。

そうすれば、他の人が知らなかった知識を届けることができるし、それによって相手の悩みを解決したり喜んでもらえたりするかもしれません。

何より、「自分が今ここに生きてるんだ!」ということを世界に伝えることができ、“生きる証”を残すことができます。

……って、ちょっとマニアックな視点になってしまいましたが、もう少し現実的なところに落とし込むと

インターネットを使えば、自分に共感してもらえる人との人間関係を築けるし、それによって収入を得る可能性だって開ける

ということです。

だって、ネットで繋がる人って、自分の投稿を読んでくれることが前提なので、「この人合わないや」と感じた人は近づいて来てくれません。だから、自分に共感してくれる人とだけ繋がりがつくりやすいのです。

そして、その人達に喜んでもらえたり、悩みを解決するお手伝いができれば、それは立派な価値提供なので、お金をいただくことだってできるのです。
(というか、実際に僕はそうやってお金をいただいています)

ですから、「ネットを使わない」「何も発信しない」というのは機会損失でしかないと思うんですよね。

今はほとんどの人がスマホを持っていて、特にコストもかかりませんから。

特別な勉強なんて要らない

それに、特に何かを勉強しなければならないということもありません。

「インターネット」というと、なぜか難しいイメージがあるらしく、「ITの知識を身に着けねばならない」「文章力を高めねばならない」みたいに考えてしまうことがあるのですが、全然そんなことはありません。

実際、以前にお手伝いさせていただいたケースだと

  • Facebookへの投稿の仕方がわからない
  • 文章も今まで書いたことがない

という方が、ちょっとだけ投稿のコツをお教えしただけで、

  • 毎日のように発信されるようになった
  • 話し言葉ですごく親しみやすい投稿になった
  • それが人の心を打って大人気となった
  • みるみるお友達数が1,000人を超え、「いいね」が毎回200〜300つく

という状態になっていらっしゃいました。

こういうのを見ていると、「ITの知識がどうの」とか「文章力がどうの」というのはどーでもいいことだと思うんですよね。

それよりも、いかに自然体で楽しく発信できるかが一番のポイントだと感じてます。

年齢は理由にならない

あと、年齢を言い訳にするのも違います。

先ほどの方は50才を過ぎていらっしゃいましたし、ブログアフィリエイトで知り合った方には、60才を過ぎて月収60万円の収益をブログから得ている方もいました。

でも、実はこれって自然なことなんです。

インターネットで扱うのは、あくまでも情報です。ネット回線を通して、お米や野菜など物質を送ることはできません。

つまり、自分の持っている情報(知識や経験やアイディア)が決め手になるわけです。

で。普通に考えて、年齢の高い人の方が保有する情報量は多くなります。

若い人よりも圧倒的に人生経験が豊富なので、発信できる情報の量と質が上がるわけです。

であれば、年齢の高い人の方が、ネットを使いこなせれば沢山の可能性を開けることになるのです。

グダグダ言わずにやってみる!

こういう風に考えると、「ITが難しいから」とか「もう若くないから」といった理由でインターネットを使わないことが、いかに無意味かがわかります。

というか、激しい損失です。

だから、グダグダと理由をつけていないで、さっさとやり始めればいいのです。

ツイッターでもFacebookでもインスタでもブログでも、何でもいいので自分の経験や知識をどんどん発信すればいいのです。

そして、ネット上で出会った人とどんどん交流していけばいいのです。

そうすれば、

  • 今まで あなたが経験して来たことが、他の人の役に立つかもしれないし
  • 人との交流の中で新たな自分の可能性に目覚めるかもしれないし
  • 自分が創作してきたイラストや小説や写真が、評価してもらえるかもしれないし
  • 何より、心から共感しあえて理解し合えて、喜びを共有できる仲間ができるかもしれない

そんな可能性が拓けてくるのです。

そして、そんな人が増えたら、社会にもっと笑顔が増えるし、優しさにあふれるし、今よりももっと良い世界になると思うんです。

まとめ

……って、想いのままに好き勝手書いてしまいました(^^;;

ですが、もしあなたがインターネットを使うことに抵抗を感じたり、発信することに躊躇しているなら、今までお話ししたことを見つめ直していただければと思います。

最後にポイントを整理すると……

ネットを活用すべき理由
  • インターネットのリテラシーは格差が大きい
    (使える人はどんどん使っているが、使えない人は取り残されている)
  • けれど、ネットを使えば、自分の知識や経験を他の人に役立てるし、自分自身も喜びを感じられる
    (しかも、コストがほとんどかからない)
  • であれば、「ネットを使わないこと」は損失でしかない
  • だからといって、特に何かを勉強する必要はない。「とにかくやってみること」「表現すること」が大事
  • 年齢を言い訳にするのも違う。むしろ年齢が高い人ほど持っている人生経験(=情報量)が豊富なので、インターネットの世界では活躍しやすい
  • 自分の知識や経験やアイディアや作品を、インターネットを通じて発信することで、他の人に喜んでもらえたり、かけがえのない仲間を得られる可能性がある
  • その結果、社会に笑顔と喜びが増え、今よりもっと良い世界になる

となります。

少しでもご参考になるところがあれば幸いです(^-^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください