子育て

子どもは親が思う以上にずっと大人なのかもしれない

親が思っているより子どもは大人

「子どもって、親が思うよりずっと大人なのかもしれない」

そんなことを思いました。

昨日、一週間ほど東京の実家に帰省していた妻と娘が大阪へ戻って来たのですが、その時に新幹線が別々だったのだそうです。

あ。さすがに同じ便ですが、席が別々になってしまったそうです。

お盆前ということもあって、新幹線は混雑気味……。それゆえに、妻と娘は離れて座ることになってしまったのでした。

娘は4才。

今年から幼稚園へ行き始めて、色々なことを学んで来たものの、まだまだ小さいし頼りないし、何よりも甘えん坊です。

ですから、親の立場としては「ひとりで大丈夫かなぁ?」と思ってしまいます。

……が、

当の彼女は、ひとり冷静に座席につき、じっと静かに座っていたそうです。

「いやいや。小さい子どもを一人で座らせるなよ!」
「僕だったら、通路に立ってでも そばにいるよ!!」

と妻からLINEで連絡を受けた僕は、そう返事をしました。

ですが、、、

「ママ、いって」

妻が近くで立っていようとすると、娘はそう言ったのだそうです。

「なんか、ひとりで座ってたいみたい」

という妻のメッセージを見て、僕も驚いてしまいました。

  • 妻のことを気遣っているのか?
  • それとも、本当に一人の時間を楽しみたいのか?

それは定かではありませんが、何にしても、娘は思った以上に大人であったことは確かです。

妻や僕と一緒にいるときは、

  • 大きな声でいっぱいしゃべって騒がしいし
  • ちょっと目を離したすきに走って行こうとするし
  • 目を離していなくても走り回るし
  • すぐに遊んだりイタズラしようとするし
  • でも、僕らから離れると泣いてしまうし

という、すごくすごく甘えん坊で“お子ちゃま”です。

でも、それは僕たち親と一緒にいるときだけに見せている顔なのかもしれません。

今回のように、「親と離れた席に座る」となったとき、娘は予想以上に冷静で落ち着いた行動をとったので。

親から離れたときは きちんと場をわきまえて、冷静な判断をして行動しているのかもしれません。

思ったより大人なのかもしれない

「あの子は、親が思っているよりもずっと大人なのかもしれない」

妻と二人で、そんな風に思ったのでした。

とはいえ、新大阪駅まで迎えに行った僕と合流したときは、いつもの通りイタズラっ子で甘えん坊でした(^^;;

「『大人かも……』と思った自分がバカだった!」

と後悔するくらい、走り回るし、騒々しく話しかけてくるし、イタズラしようとしてくるし、という状態でした。

でも、そうやって子どもっぽく振る舞ってくれるのは、妻と僕のことを信頼してくれてる証でもあるんでしょうね。

子どもっぽい娘と大人っぽい娘、どちらが本当の彼女なのかわかりませんが……

いえ。きっとどちらも“本当の彼女”なのでしょう。

けど、その2つの面を今回 垣間見せてもらえたのは、本当に貴重な機会だったと思います。

「子どもは親が思う以上に大人なのかもしれない」

このことを忘れずに、子どものことをもっと信頼して、もっと大好きになって、これからを一緒に過ごしていきたいと思います。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください