ライフスタイル

ズルズルした関係を断ち切ろう!仕事も恋愛もキッパリ言うのが良い理由

昨日、長年続けていた仕事を辞めました。

「仕事」といっても1ヶ月か2ヶ月に一度行くくらいで、アルバイトとも呼べない頻度ですが、もう10年近く働きに行かせていただいていたところがあるんです。

僕は以前、不動産の法務や測量を扱う司法書士事務所に勤めていたのですが、そこの上司が独立して測量事務所を営んでいます。そちらのお仕事を縁あってお手伝いさせていただいていたのです。

ですが、僕自身も独立して農業やインターネットでの仕事をするようになり、上司の測量を手伝う頻度はどんどん減っていました。本当に、年に何回か仕事に行かせていただくような感じだったのです。

ただ、それも正直なところ、ツラくなっていました……。

有難いことにインターネットのお仕事を充実してさせていただいていますし、ビジネスパートナーと組んで企画を始めるようにもなりました。農業に関しては毎年お米を購入してくださる方々が増え、そちらにも力を入れていきたい状況。

そんな中にあって、頻度は少なくても測量の仕事に出かけるというのは、僕の負担になっていたのです。しかも、その測量の現場が遠方だったというのも、負担の原因になっていました(片道、車で2時間くらい(^^;)

たしかにお金はもらえました。

正直なところ、農業やネットの仕事をするよりも、一日だけ頑張って働けば数万円の収入になっていたので、かなり有り難かったのです。

ですが、測量の仕事に1日行くと、行き帰りの負担もあって、その翌日の農作業が滞ってしまうことがありました。また、天気のタイミングが合わずに、「この測量の日に、本当には農作業がしたかった!」ということも起こりました。

つまり、たとえお金をもらえても、大きな視点で見るとコストパフォーマンスが悪かったのです。

ですから、以前からこの仕事は辞めようと思っていました。

というか、このブログにも記事を書かせていただきました。

あわせて読みたい
一歩勇気を出して超えていく
仕事をやめたい!けど辞められない!その本当の理由とは?「仕事をやめたい」と思っています。 ですが、できません。 上司に自分の気持ちを伝えられません。 いま僕の中で激しく葛藤...

このときに、僕は「辞めます!」と宣言していました。けれど、気づけばもう1ヶ月以上……。結局、上司に辞めることを言えずにズルズル来てしまっていました。

いや。もう、本当にズルズルしてはいけませんね(- -;;

先ほどの記事にも書かせていただいたんですが、結局は、僕は自分自身を守りたかっただけであり、よく思われたいと思ってしまっていただけであり、「辞めたい」と思いつつそこで得られるお金や縁にしがみついていました。上司には恩義もありましたし、その関係を捨て去るのが怖かったのです。

ただ、先日、とある合宿に参加させていただいて、たくさんのことを学び、「やっぱり辞めよう!」と決意していました。

あわせて読みたい
個性を発揮する時代へ
個性を発揮する時代へ!暗い社会に光を照らす方法とは?「自分の持つ本当の良さを発揮しよう!」 「自分にしかない個性を出していこう!」 そんなことを学びました(^-^) この...

こちらの記事には合宿で学んだことをまとめていますが、この記事の最後で

  • 本当に自分が笑顔になれる方向へ行こう!
  • たとえそこに不安や困難が待ち受けていても、勇気を持って進もう!
  • そうやって自分自身が心の底から笑顔になれば、その方が周りの人や社会のためになる!!

ということを書きました。

そうやって自分自身を振り返っても、測量の仕事を続けることは自分が笑顔にならないし、他の人の笑顔にも繋がらないと思ったので、辞めることを決意したのです。

だから、「上司に辞める連絡をしよう!」と思っていたら……

上司から電話がかかって来ました。

これはもうビックリでした。「なんでこんなタイミング!?」という感じで、これがいわゆる『引き寄せの法則』というやつなのかもしれません。そんなこんなで混乱しつつ、上司からの電話に出て、話をしました。

上司の要件は「辞める辞めない」ではなく、「新しい作業着を買おうと思ってるのだけれど、君の分も買っておこうか?」というもの。

ですが、「新しい作業着を買う」ということは、「僕がまだまだ測量の仕事を続ける」ということになるわけで、当然「買ってください」なんて言えません。

だから、図らずもこのタイミングで辞意を告げることになりました。

「す、すみません……実は、測量の仕事はもう行かせていただかないようにしようと思っていて……だから、あの……僕の作業着は買わないでください」

という風に。

いや、もう、本当にビックリで……というか、本当は自分から連絡して、きっちりお話をさせていただくべきだったんですが、こんなタイミングで、しかも頂いた電話で申し訳ないということを告げつつ、辞めることをお話ししました。

その後も色々と理由を聞かれたり、せっかく資格を持っているのに勿体無いのではないかと言われたり……それは本当に親切心でおっしゃってくださっていて、とってもとっても有り難かったのですが、最終的に僕が言ったのはこんな言葉でした。

「要らないものを捨てて、身軽になりたいんです!」

もう少し詳しく説明すると……

  • たしかに資格を使わないのは勿体無い。けれど、それで本業を圧迫したら意味がない
  • 自分にとって測量の資格は不用品みたいなもの。不用品は捨てる方が良い
  • 『いつかまた使うかも』とズルズル持っていても、不用品が部屋のスペースを使ってしまうように、心のどこかで無駄なエネルギーを使ってしまうだけ
  • だから、要らないものは捨てて身軽になって、次のステップへ進める

という趣旨で、そんな言葉を伝えました。

正直なところ、それだと今までやって来た仕事そのものが「要らないもの」という意味になってしまうので、けっこう残酷なことを言ってしまったかも……と思ってしまったのですが、突然のことでとにかく話を進めないと行けなかったのと、何よりも、「ここでしっかりと断ち切らないといけない!」と思ったので、そんな風にキッパリと言いました。

そう。ズルズルと続いて来たものこそ、思い切ってスッパリ断ち切るのがいいんです。

このチャンスにハッキリ言わなければ、またズルズルとした関係が続いてしまいます。

まるで、恋愛のようにも聞こえますが、仕事でも恋愛でもズルズルとした関係はお互いの足を引っ張るだけではないでしょうか。

実は、こうやって辞意を告げて電話を切った後、僕の体と心はズドンと沈みました。理由を考えたところ、「あ。僕は測量の仕事と上司に依存していたんだな」と気づきました。僕は上司のエネルギーを奪っていたのです。

つまり、当初は僕だけが負担に感じ、測量の仕事が僕の本業を圧迫してしまっていると考えていたのですが、僕も上司に何らかの負担をかけさせたり、僕の中の足りない何かを埋めることをしていたのです。

だから、ズルズルとした関係は、両者の足を引っ張るだけ。そのことに気づいたなら、キッパリと断ち切るのがいいというわけなのです。

今回、僕の話をつらつらと書かせていただいてきましたが、もしかしたらあなたにも当てはまることがあるかもしれません。

  • 恋愛のこと
  • 仕事のこと
  • 友人関係のこと
  • 家族や親族関係のこと

などなど、色んなことに当てはまると思います。

「あの人と上手くいってないなー。でも、今まで付き合って来たしなぁ……。別れを切り出すのが怖いなぁ」
という場合は、実はあなた自身が“あの人”から何かを奪っているかもしれません。

「会社を辞めたいんだけどなー。でも、この先に収入なくなるの怖いしなぁ……。必要とされてるから、しばらくは残ろうか」
という場合であっても、実は会社に依存しているのはあなた自身で、あなたが離れた方が会社にとってプラスになるかもしれません。

実は僕も、「僕が辞めたら、上司に迷惑をかけることになるんじゃないだろうか?」と思っていました。ですが、それって思い上がりだったのです。

むしろ、本当は自分自身が相手との関係に依存しているのに、それを認めたくなくて、「相手が困るんじゃないだろうか?」という都合のいい言い訳を作ってしまっていたのです。

けれど、それって相手のためにならないですよね?

本当は自分が離れた方が、自分よりも相性のいい恋愛パートナーと出会えたり、自分よりも能力のある人材が入ってくる可能性があるのですから。

ズルズルと恋愛関係を続けたり、イヤイヤ会社で働いているのなら、それは相手から何かを奪っていることに他なりません。

それに、自分自身にとってもプラスになりません。

ですから、ズルズルとした関係が継続しているのであれば、思い切ってスッパリ断ち切るのがいいのです。
(もちろん、仕事を辞めるかどうかは収入面の問題があるので、色々と準備が必要にはなりますが)

……ということを、今回の出来事で僕は学びました。

「相手のことを気遣っているように見えて、実は気遣っていない」ということが、今の世の中ではよく起こっているように思います。

ですが、そうではなく、

  • 本当に自分の本心が気持ちよく過ごせているか?
  • 自分の能力や個性を発揮できているか?
  • そして、相手に依存して奪っていないか?

ということをしっかりと見極めて、自分と相手のプラスになる方向へ進めるといいですよね!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!