子育て

幼稚園の二学期の始業式の朝に激しく思うこと

二学期の始業式の朝に思うこと

今日は幼稚園の始業式です。

長かった夏休みがついに終わります!

約1ヶ月に渡り、家で子どもを見なければいけなかった状況から、ようやく解放されるのです!!
(でも、娘は妻にベッタリなので、僕への負担は小さかったんですけど……。妻さん、本当にありがとうございますm(_ _)m)

で。そんな始業式の思うことがあります。

それは・・・

「しまった! 制服のボタン、つけ忘れてた!」

というもの。

そう……そうなのです。

一学期が終わる頃、幼稚園の制服のボタンが取れかかっていたので、「夏休みの間にやっておこー♪」と思っていたのに、完全に忘れてしまっていたのです。

いえ。正直に白状すると、忘れていたわけではありません。「やらなきゃー」とは思っていました。

思っていましたが、暑くてやる気になりませんでした。

それに、「夏休みは長いんだから、まだまだ大丈夫さー」とも思っていました。

そしたら、どうでしょう……いつの間にか、もう今日が始業式だなんて!!

一方では「夏休み長いなぁ」「早く幼稚園始まらないかなぁ」と思っていたくせに、制服のボタン付けに関しては、まるでタイムスリップしてしまったかのよう。

めんどくさいことを後回しにしたら、そのタイムリミットが突如現れてしまったという……そんな状況になりました。

「ぎゃーーーー! 間に合わねえ!」

と、先ほど大慌てで制服のボタン付けをしました。

でも、正確に言うと、ちゃんとボタンを縫い付けたわけではなく、ちょっと糸で補強した程度です。

というか、僕はもともとボタン付けができません。

家事全般はそこそこ好きなのですが、お裁縫に関してはからきしダメです。だから、

「この夏休みの間に、お裁縫の練習もしよう!」
「そして、きれいなボタン付けをしよう!」

と思っていたのです。

ですが、その計画は見事に崩れ去りました。

それもこれも、この夏が暑かったせいです!

「言い訳するな」と怒られそうですが、

だって暑かったんだもん!

全然やる気が起こらなかったんだもん!!

昨日あたりから随分涼しくなりましたが、それまではめっちゃ暑かったり、ちょっと涼しくなった時期も“休憩”のために使ったりしていたので、苦手なボタン付けをする余裕なんて、全くなかったんですもん。

なんかこう、夏休みが夏休みになる理由がわかった気がします。

  • 「こんだけ暑かったら、どんなやる気も失われまっせ!」
  • 「休みたくなりまっせ!」
  • 「てか、休むしかなくなりまっせ!」

ということですものね。

そんなこんなで、夏休みの意義と自分の不甲斐なさを再確認したところで、今日の始業式に子どもを送り出したいと思います!

そして、娘が幼稚園に行っている間に、お裁縫の道具を買い足しに行こうと思います。ボタンをつけるための肝心の糸が無くなっていたのでーーーー(←そこからか)

というわけで、全国のお母さん&お父さん、二学期も頑張って参りましょう!!


【追記】
お裁縫セットは結局、妻が買いに行ってくれました!

クマさん裁縫セット

そんなわけでクマさんのお裁縫セットが我が家にやって来ました♪

ボタン付け、がんばります!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください