メンタルマネジメント

焦って行動してしまうタイプなので“待つ”ことを大切にしています

焦って行動するタイプなので待つのが大事

焦って行動してしまうタイプです。

何かの仕事に取り組むとき、とにかく早く終わらせたくて、一気に消化しようとするのです。

こんな風に書くと「仕事ができる人」「仕事が好き」っぽく見えますが、実は全然そうではありません。

むしろ仕事ができる自信がないし、仕事から早く解放されたいから、急いで終わらせようとします。

例えるなら、小学校の夏休みで、最初の一週間で一気に宿題を終わらせて「あとは楽にダラダラ過ごしたい!」という感じ。

実際、僕が子供の頃はそんな風に夏休みの宿題に取り組んでいましたし、今も仕事や物事に対してそんな風になってしまいます。

  • 何か用事があるなら、早く済ませたい!
  • 一気に問題を解決して、早くラクになりたい!
  • 急いで仕事を済ませて、後はゆっくりダラダラしたい!

という感じになるのです。

だから、焦ります。

早くラクになりたいあまり、その仕事や用事に取り組むときに、めっちゃ焦ってしまうのです。

もちろん、それが良いときもあります。

抱えていた仕事が短期間で終わり、あとはスッキリのびのび過ごせることもあるのです。

ですが、今までの経験上、そうやって焦って仕事に取り組むと、良くないことの方が多かったです(^^;;

特に、他の人が関わる仕事だとそうですね。

自分の都合だけで進めることはできず、他人のペースやタイミングに合わせる必要があります。

もっと言うと、“待つ”必要があります。

他の人の気持ちや様子を見計らいながら、行動を待たないと、仕事全体がスムーズに流れなくなりますから。

その“待つ”姿勢を無くすと、どれだけ仕事を早く進めても上手く回らなくなるし、問題が起こって逆に時間がかかってしまうこともあります。

だから、焦りを捨てて、待つことがポイントなのです。

今の自分も仕事や問題を抱えていて、それを解決したいと思っています。ですが、相手さんがいることなので、一人で勝手に進めることができません。

自分としては「一気に進めたい!」「早く終わらせたい!」と焦るのですが、その焦りで進めてしまうと、相手さんに迷惑をかけてしまうでしょう。そうすれば、仕事が増えたり、問題が悪化したりするでしょう。

だから、今は自分の中に起こる“焦り”をキャッチし、それを鎮めながら日々を過ごすようにしています。

というより、その焦りは「早く楽になりたい!」という自分のエゴから来ているので、それよりも

  • 本当に良い仕事をするにはどうすればいいか?
  • 本当に人のためになるのはどんな形か?
  • 本当に相手さんに喜んでもらうにはどうすればいいか?

などなど、視点を自分の外に向けたいと思うのです。

人間、どうしても自分が一番可愛いので、自分の中のエゴに引っ張られそうになりますが、そこを抑える努力をしています。

いえ。エゴに引っ張られて焦って行動すれば、悪い結果を呼ぶことは目に見えているので、冷静な視点を持って行動したいと思っています。

物事に焦って取り組んでしまう性格だからこそ、じっと冷静に周りの動きを待つ

このことを今の自分は鍛えられています。

実は“待つ”って すごくエネルギーのかかることですが(むしろ一気に行動するほうがラク)、そこをじっと耐えて、辛抱強く進んでいきたいと思います。

もしあなたが何かに焦って行動しそうになったときは、この記事を思い出していただければ嬉しいです(^-^)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください