夫婦関係

「仕事できない旦那がいい」と妻に言われたので男の磨き方を見直した

「仕事できない旦那がいい」と妻に言われたので

「仕事ができない旦那のほうがいい!」と妻に言われました。

  • いやいや。仕事ができんといけんでしょー!?
  • それって男としての最低条件でしょー!?
  • 家庭があるなら、なおさら頑張らんといけんでしょー!?

と思ったのですが、よくよく妻の話を聞いてみると、

「仕事ができることやお金を稼ぐことが、男の価値ではないんだな」

ということに気づきました。

一般的には、男は仕事ができたほうがいいし、家庭を持っているなら沢山お金を稼いだほうがいいと言われます。

ですが、それはあくまでも一般論であって、当てはまらない場合もある……

「少なくとも、僕の妻が求めているのは、そういう男性像ではないのだな」

ということに気付いたのでした。

そんなこんなで、

「男を磨きたい」と思っても、相手の女性によって磨き方が変わる!

ということを書いていきたいと思います。

仕事を頑張ることが男の魅力?!

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

少しユニークな働き方ですが、僕は仕事が好きです。

今の仕事そのものも好きだし、仕事している自分のことも好きだし、「頑張って働いている時間が長いほど男として立派!」と思っていました。

だから、以前は夜明けから日暮れまで田んぼで農作業をし、夜にはインターネットの作業をする、ということもしていました。

そうやって仕事を頑張ることが男の魅力を上げることだし、妻も喜ぶことだと思っていました

ですが、違いました・・・。

妻が本当に望んでいたのは……

僕が仕事を頑張るほど、妻の顔は暗くなっていきました。

特に、寝る時間を削って仕事をしていると、口をきいてもらえなくなりました。

「なんでだ!?」

「オレはこんなに頑張っているのに?!」

「たしかに仕事が好きなのは自分のためだけど、家族のためにもなるじゃん!」

「てゆーか、仕事を一生懸命してる男に、女性は魅力を感じるものでしょ?!」

と戸惑いました。

ですが、これって完全なる僕の思い込みで、妻の求めているものではありませんでした。

妻が求めていたのは、

  • できるだけ自分と子どもと一緒にいてくれる人
  • しっかり体の休息をとって、自分や子どもと一緒に寝てくれる人

だったのです。

仕事よりも睡眠時間こそが男の価値!

「親子3人川の字で寝る時間の長さこそが、旦那の価値!」

と、先日 妻は言いました。

僕にとっては衝撃的な言葉であり、ある意味“名言”だったのですが、

妻にとっては「仕事よりも睡眠時間を優先する夫のほうが素晴らしい」

ということだったのです。

これは僕が持っていた価値観とは正反対でした。

なぜなら、僕は「仕事を頑張っている夫こそが素晴らしい」「仕事の時間が長いほど、男として魅力的」と考えていたからです。

ですから、妻からこの言葉を聞いたとき、今までの価値観がガラガラと崩れ、自分だけの思い込みから脱却することができました。

「そうかー。仕事こそ男の価値の尺度と思ってたけど、そうじゃないのかー!」

「妻が求めてたのは仕事なんかじゃなくて、僕がしっかり寝ることだったのかー!」

「なんで、世間の誰かがつくった価値観に、こんなにも縛られていたのだろうかー?!」

と気付いたのでした。

そして同時に、妻にも申し訳なくなりました。

僕の努力は妻の理想像と食い違っていた

妻とは、結婚してもうすぐ9年になります。

一応、仲は悪くなくて、上手くいっている方だと思います。というか、僕は妻のことが大好きです。

ですが、大好きであるにもかかわらず、この9年間、妻の想いを全然わかっていなかったということになります。

妻は

  • できるだけ健康的に生活して欲しい
  • ちゃんとゆっくり寝て欲しい

ということを僕に求めていたにもかかわらず、僕は

  • 妻のためにも仕事を頑張ろう!
  • 仕事できるのが立派な旦那の条件だ!

と思い込んでいたのですから。

つまり、妻が描く理想の男性像とは全く食い違った方向に、僕は向かおうとしていたことになります。

「もっと妻が喜んでくれる男になりたい」と思っているにも関わらず、努力の方向が完全に間違っているので、ムダな努力を続けていた、ということなのです。

「あちゃー! 9年間、何をしていたんだーーー?!」

と激しく後悔しています。

目の前にいる相手の話をしっかり聞く

とはいえ、時間は戻せないので、これからのことを考えます。

けれど、やるべきことはすごくシンプルで……

  • 妻の話をしっかりと聞くこと
  • 自分の価値観を疑い、思い込みに気づくこと
  • その上で、自分と妻の望む方向へ進む努力をすること

となります。

日々を生きていると、いつの間にか色んな考え方に飲み込まれていきます。特にインターネットが発達した現代では、たくさんの情報が自分の元に飛び込んできます。

それゆえに、気づかぬうちに他人の価値観を取り入れたり、思い込みができあがったりします。

それ自体は悪いものではないですが、それによって大切なパートナーのことを無視するのは良くないと思うのです。

ですから、情報社会を生きるからこそ、目の前にいる妻の話をしっかり聞き、自分の価値観を疑うことが必要なのです。

世間や自分より相手の望みに合わせる

そして何より、「相手が本当に望むことは何なのか?」を聞き、それを素直に受け入れるのがいいでしょう。

いくら「男を磨きたい!」「魅力的な自分になりたい!」「妻に喜んでもらいたい!」と思っていても、相手の望まない方向に進んでしまえば、ムダな努力になってしまいますから……。

自分の中に勝手な思い込みがあればそれを手放し、パートナーが望む理想像をきちんと把握することが第一歩と言えます。

それがたとえ、世間の常識や多くの人の価値観と異なっていたとしても、本当に相手のことを想うなら、世間の常識や価値観は捨て去るのがいいと思うのです。

少なくとも、僕の妻は世間一般の価値観とは異なるようなので、

相手の望みに合わせて自分を磨いていきたい!

と思っています(^-^)

  • 「男を磨きたい」と思っても、相手によって磨き方が変わるんだなー
  • 世間の常識や価値観に縛られてはいけないなー

というのが、最近の大きな学びです。

あなたにとっても、何かしらご参考になる所があれば幸いです(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください