子育て

小さい子どもにYouTube動画を見せてもいいのか?

小さい子どもにYouTube動画を見せてもいいのか?

昨日、YouTube動画を見ていた娘から、スマホを取り上げました。

幼稚園のバスが来る時間になっても、動画を見続けていたからです。

「もう出発だよ!」「動画やめて!」と数分前から何度も言っているのに、全く耳を貸さずに動画に没頭していたため、こちらもブチ切れました。

結果、我が家の全てのスマホやタブレットは、彼女の手の届かないところにあります。

「そもそも、小さい子どもに動画を見せてはいけない」

というご意見もあるかと思います。

それは重々承知しています。

ですが、娘はYouTubeを見ながら言葉をどんどん覚えたり、そこから得た情報でとても楽しそうに遊んだりしていたので、我が家では動画を許容していました。

けれども、それも程度が過ぎたのでしょう。幼稚園へ行く時間になっても動画を見続ける事態になってしまいました。

ですので、「これはイカン!」とYouTube動画にストップをかけたのでした。

これはひとえに、親の未熟さゆえだったと反省しております。

動画のように受動的な娯楽は、大人であってもボーッと見続けてしまうことがあります。自身をコントロールすることに慣れていない幼児であれば、なおさらボーーーーっと見続けてしまいます。

“依存”にも似た症状になってしまいます。

仮にYouTubeを見ることを許したとしても、きちんと時間制限やルールを設けるべきだったなぁ……と思います。

でもやっぱり、子どもの意志や自由も尊重したいので、あまり縛りすぎるのもどうかなぁ……と思ったりもします。

なので、答えは出ません。

ただ、確かなのは、

  • 完全に子どもの自由に、YouTube動画を見せ続けるというのは良くないし
  • 逆に、ガチガチに縛って、子どもが見たがるのに全く見せないというのも良くない

ということです。

どっちにしろ、「極端なのは良くない」ということですね。

大切なのはバランスだと思います。

  • 子どもの自由意志を尊重すること
  • 親がきちんと見守ってコントロールすること

この二つのバランスが取れていることが、一番のポイントなんですよね。

って、言葉で言うのは簡単で、実際にこのバランスを取るのが一番難しんですけど……(^^;;

でも、我が家の場合、ちょっと子どもの自由にさせすぎて、動画にのめり込み過ぎる状態をつくってしまったので、そこは確実にバランスを崩したと考えています。

そこからいったん「親がある程度コントロールすること」に意識を向けてみて、再びバランスが取れるようになりたいと思います。

なので、やっぱり答えは出ません。

毎日、試行錯誤ばかりです。

だけど、この「試行錯誤を続けること」が子育ての最大の秘訣なのかもしれないと思っています。

今回のYouTube動画の件も反省がたくさんありますが、それを踏まえてより良い形をつくっていきたいです!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください