夫婦関係

10日間の出張から帰った妻に嫉妬した理由とその裏にある真実

10日間の出張から帰った妻に嫉妬した理由

妻が10日間の海外出張から帰ってきました。

この10日間、4才の娘と二人暮らしで、しかも娘は足をケガしてギプス装着中なので、色々と大変でした(T-T)

なので、妻が戻ってきてくれて、すごくホッとしています。

それに、娘も「ママに会えた!」と大喜びで、ベタベタと妻にまとわりついています。

本当にうれしそうで、微笑ましいです♪

 

・・・なのに

 

なんでしょう? この感覚は?

うれしいし、ホッとするし、すごく心強いし、良いことばかりのはずなのに、

なぜかモヤっとした感情が湧いてきます。

 

合唱曲の『春に』(谷川俊太郎 作詞)ではないですが、

この気持ちは何だろう?

状態です。(コレ↓)

 

朝から空港まで妻を迎えに行き家に戻って来ましたが、

この空間に妻がいることが、なぜか違和感だったりします。

 

しかも、娘が「ママ~」と笑顔ですり寄っている姿を見ると、何とも言えない苦い気持ちが湧いて来ます。

 

なんというか、この10日間、娘と二人で頑張って築き上げて来た家庭内の空間と時間に、ザクッと横ヤリを刺された感じです。

足のケガとギプスという苦難に遭いながらも、それを二人で地道に克服してきた10日間であったのに、その努力を軽々と飛び越えられ

「あれ? ママが帰って来たら、一気にそっちに行っちゃうの?」
「しかも、僕の存在がなかったかのように、二人でイチャイチャしちゃうの?」

という感じです。

 

ええ。

僕は知っています、この感情を・・・。

いつか遠い日にも感じたものです。

 

その感情の名は

「嫉妬」

と言います。

 

またの名を

「ジェラシー」

とも言います。
(って、単に英訳しただけやけど)

 

そう。得も言われぬ「嫉妬」の気持ちが、僕の中に湧き上がって来るのです。

まあ、こんなデカデカと

「嫉妬」とか

「ジェラシー」とか

書いているブログは珍しいと思いますが、

だって感じちゃったんだから仕方ないんだもん!

 

だって、娘があまりにも嬉しそうなんだもん!

だって、妻があまりにも軽々と僕を飛び越えていくんだもん!

 

そらもう、この10日間、娘のギプスのために

  • 家でも外でも上手く活動できず
  • かといって放っておくわけにもいかず
  • でも、状況が状況なので、幼稚園もいつもどおりには通えず
  • そのために仕事が遅れ遅れになりつつ

という状況の中で、何とか生活を進めてきた僕としては

ちょっとでもいいから、その頑張りを認めてほしいわけで……

 

これが単なるワガママだとわかりつつ、でもコントロールできずに湧き上がってくる感情はどうしようもないわけで、

「嫉妬(ジェラシー)が湧いてくるなんて、なさけねぇーーー!」
「男のくせに、器(うつわ)小せぇーーーーーーー!」

と心の中で叫んでみても、今ここにある自分の気持ちは確かな真実で、

それを否定することも目を背けることもできず・・・

 

「いいもん!」

「そんなんだったら、次の出張のときは家事を放棄するもん!」

「育児は最低限やるけど、もう可愛がらないもん!!」

 

……と、子どものように感じている自分がいます。

 

まあ、要するに、この嫉妬・ジェラシーの裏にあるのは

「認めてほしい」

「感謝してほしい」

という想いですね。

 

そしてこれは、当然のことながら、他の人に対しては全く抱かないわけで、

妻に対してだけ抱く想いです。

 

んでもって、どうしてこんな風に想うかというと……

「妻のことが大好きだから」

です。

 

大好きな人だから、「認めてほしい」し、「感謝してほしい」んですよね。

 

……情けないけど。

 

つまり、

この嫉妬(ジェラシー)という感情は、「大好き」の気持ちの裏返し

 

……というわけで、叫びます。

 

妻よ! 帰ってきてくれて、ありがとう!!

無事で本当によかったよーーーーーー(T0T)

娘も喜んでるみたいで、本当に良かったよぅーーーーー!!

ずっとずっと寂しがってたから、存分に甘えさせてあげてください!!

 

でもでも、その前に

ゆっくり休んで旅の疲れを癒やしてね♪

 

お仕事 おつかれさまでした♡

 

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください