社会

便利になることで失われるものもある!社会がこのまま進むのは危険?

社会がこのまま進むのは危険

今の社会がこのまま進むことを危惧しています。

……って、「いきなり何を書いとんねん?」という感じですが、最近 特にこう感じてしまうのです。

現代は非常に便利な時代で、多くの労働が機械化され、沢山のモノに溢れ、(基本的に)食べ物に飢える心配はなく、更にインターネットによって世界中の人とコミュニケーションできます。

しかも、近年は仮想通貨などブロックチェーンを使った電子技術が広がり始めたり、人工知能(AI)も進化しています。

機械の進歩によって人間は肉体労働から解放されましたが、これからは頭脳労働をも機械(コンピュータ)が行う社会になっていくと言われます。

もちろん、「人の仕事がAIに取られる」という見方も多いですが、基本的には人間の負担が軽減される、ということですよね。

つまり、人間社会はこれからも、もっともっと便利になっていく、ということです。

ですが、「便利になる」ということが、そのまま「幸せになる」ということに繋がるわけではありません

  • 昔に比べれば格段に交通網が発達しているのに、なぜか せわしなく走り回ったり
  • モノや食糧が有り余るほどに生産されているのに、なぜか欠乏感を感じていたり
  • 通信網が発達したのに、なぜか人との意思疎通が上手くいかなかったり
  • むしろ人との連絡を取ることに時間を取られていたり
  • 忙しさに追われて精神的に疲れていったり

という風に、「便利さ」が実現していても、人間自身が疲弊しているケースも少なくないのです。

むしろ、「便利になることで、人が不幸になってしまったのではないか?」とすら思います。

もちろん、機械のない時代の肉体労働はまっぴらごめんですし、インターネットが無い生活なんて もはや考えられません。

だから、「便利になること」を否定するつもりは全く無いのです。

というか、これからの社会もどんどん便利になっていくといいなー、と思います。

ですが、「便利になる」というだけではダメだと思うのです。

現代社会は、便利になった一方で、もともと人間が持っていた何か大切なものを忘れてしまったように感じています。

それが何なのか、まだ明確には見えていないのですが、もしかしたら……

  • 家族のつながりだったり
  • 自然を大切にする心だったり
  • 地域の人との協力だったり
  • 子どもを大切に育てることだったり
  • 昔ながらの伝統や慣習を伝えることだったり
  • 他人や社会に貢献する喜びだったり

人間の労働が機械によって省力される前の時代に、誰しもが当たり前に持っていたものなのではないかと思うのです。

ぶっちゃけ、これは僕の推測なだけで完全に間違っているかもしれません。

ですが、急速な社会変化の中でこういったことがどんどん忘れられていって、その分だけ欠乏感や不幸を感じる人たちが増えているように感じるのです。

だから、仮に僕の考えが間違いだったとしても、

人間が古くからもっていた感覚や気持ちや習慣を今一度問い直すべきなのではないか?

そんなことを、いま強く思います。

少なくとも、このブログでは、その“問い直し”をしていきたいと思っています。

  • 新しい時代の流れや技術に、きちんと目を向ける
  • けれど同時に、人間が昔ながらに持ってきた生き方や考え方を改めて見つめる

そんな場所でありたいとのです。

……って、なんか真面目に書いちゃいましたけど、基本的には その日に思いついたことを雑多に書き綴っていくので、表面的には“ごちゃまぜ”のブログになると思います( ̄▽ ̄;;

でも、「その背景には、こういう思いがあるんだよなー」ということを、自分なりに忘れないようにしたくて、今日は書いてみました。

そんなわけで、今日の記事でご縁をいただいたあなたには、このブログにまた遊びに来ていただけたら嬉しいです(*^^*)

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます!!

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください