家族

チョコミントアイスを食べる人が理解できない!と思ってたけど……

チョコミントを食べる人が理解できない!

僕は昔「チョコミントアイス」というものが理解できなかった。

  • こってり系の代表格であるチョコ
  • さっぱり系の局地とも言えるミント

この二つを混ぜて同時に食べるのは、“異様”としか思えなかったからだ。

だって、

  • チョコを食べようとしているのに、口の中には超さっぱりとしたミントの香りが広がり
  • ミントを食べようとしているのに、こってりとしたチョコの甘味と食感がやってくる

というのは、人間の行動として全く一貫していない。

完全に“矛盾”である。

しかも、それを冷やして食べるなどというのは、全くもって意味がわからない。

そう。僕にとってチョコミントアイスとは、この世で最も“矛盾”した物体のだったのだ。

だが、そんな忌み嫌うべき物体を、僕に食べさせた人物がいた。

妻、である。

まだ結婚する前、お付き合いしたての頃だったろうか……大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ遊びに行ったとき、アイスを食べることになったのだ。

人気アトラクション『JAWS(ジョーズ)』のそばにある『アミティ・アイスクリーム』にて、あろうことか彼女はチョコミントを注文したのである。

まだお互いのことを良くわかっておらず、「ここは無難にシンプルに!」と思ってバニラを注文した僕とは対照的に、妻(当時は「彼女」)は“矛盾”のシンボルであるチョコミントを頼んだのだ。

「ありえない」

と、僕は心の中でつぶやいた。

それはもちろん、チョコミントアイスという物体に対してだ。

だが、チョコミントアイスを食べようとする彼女に対しても、疑念と矛盾の念を抱かずにはいられなかった。

「この人も……ありえない」

そう思ってしまった。

しかも、更に有り得ないことに、彼女は そのチョコミントアイスを僕にも勧めて来たのだ。

「チョコミント、美味しいよ!」
「一回、食べてみなよ!!」

……と。

しぶしぶ僕はチョコミントアイスを、小さなスプーンでひとすくいし、口の中に入れた。

感想は

「やっぱ ありえへん!」

であった。

「なんじゃ? このスッキリとコッテリが同時に襲ってくる感じは?!」

「どっちの味を味わったらええんか、全然わからん!」

「しかも、両方が激しく自己主張してて、なんかもう口の中が混乱してる!」

「もはやカオス!!」

というのが、彼女とのデートで初めてチョコミントを食べた感想であった。

だから、僕は思った。

「この人の感覚が、全く理解できない」
「この人との付き合いは、そう長くは続かないだろう」

……と。

そして、あれから10年以上の月日が過ぎた。

不思議なもので、これだけの年月を経てから、僕は同じ人と同じ場所で、チョコミントアイスを食べている。

“矛盾”のシンボルであったチョコミントアイスは、やはり大きな“矛盾”を生み出したようで……

「この人の感覚が理解できない」
「永くはお付き合いできない」

と思っていた人と僕は結婚し、初めてチョコミントアイスを食べたユニバーサル・スタジオ・ジャパンの『JAWS』のそばで、再びチョコミントアイスを食べたのだ。

これを、“矛盾”と言わずして何と言おうか・・・。

しかも、あろうことか、そこには僕たち二人だけではなく、その子どもまでいるという。

その子どももいつの間にか4才になっているという。

妻と娘と一緒にアイスを食べました

さらに、3人それぞれに好きなものを注文した上に、妻はやっぱりチョコミントアイスを注文したので、カップの中がわけわからなくなっているという。

「やっぱカオスやん!」

と、僕は心の中で大きく叫んだのだが、

  • この叫びの大きさこそが幸せの大きさなのだと
  • この“矛盾”と“カオス”こそが幸せの源泉なのだと

深く深く悟ったのである。

カオスなアイス

……というわけで、今日は家族3人でUSJに遊びに行きました♪

とっても楽しかったです(* ̄▽ ̄*)

そして、最後は飲み干す
そして、最後は飲み干す。。。

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください