家族

妻が夫と子どもを置いて家を空けます!“ママの休業日”は一週間!

妻が夫と子供を置いて一週間も家を空けます

今日から一週間、妻が家を空けます。

仕事だからではなく、ケンカしたからでもなく、純粋な“遊び”です。

我が家には4才の娘がいますが、彼女も家に置いて出ていきます。

ですので、これからの一週間、僕と娘は二人暮らし。妻は“おひとりさま”を謳歌します。

少し不安や不満も渦巻きますが、「これも我が家のスタイルなのだ」と割り切って過ごしたいです。

何より、いつも“ママ”として頑張ってくれている妻が、存分に遊んで、リフレッシュしてくれるといいなー、と思うのです。

※上の写真は、関空から飛び立つ前の妻から送られてきたものです♪

妻が“遊び”で家を空けます

ブログへのご来訪、ありがとうございます! 「農マドワーカー」のつじばやしです。大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

なので、基本的に家で仕事をしていて、普通の家事をしたりもします。

一方の妻は、海外旅行の添乗員をしていて、一ヶ月に1週間から10日ほど家を空けることが多いです。

ですので、「妻が家にいなくて、子どもと二人きりで過ごす」というのは慣れっこだったりします。

けれど、今日からは珍しく、仕事とは別の用事で妻が家を空けます。

昔からのお友達の大切なイベントがあるとのことで、実家のある東京に一週間ほど帰省するのです。

いわば、「純粋に“遊び”で、夫と子どもを置いて家を空ける」ということになるのです。

夫しては不満もあります!

って、“遊び”なんていう言葉を使うと、少し嫌なイメージになりますね。

ですが、正直なところ 僕の中には不満もあるので、敢えてこの表現にしています( ̄▽ ̄)

じゃあ、どんな不満なのかと言うと……

  • 仕事ならいざしらず、単に友だちのイベントだからって、家を出ていくなんて!
  • しかも、一週間もだなんて!
  • その間、夫と子どもを放置するなんて、母親としてどうなの?!
  • てゆーか、僕は一人で家事と子育てと仕事をしないといけないから、大変なんですけどーー!

という感じ。

こんな感じで、ちょっと……いえ、かなりモヤモヤしています。

けれど、このモヤモヤって、いつの間にか刷り込まれた価値観から来てるんですよね。

刷り込まれた古い価値観

世の中には

  • 子どもの世話は母親がせねばならない
  • 妻は夫を支えなければならない
  • 女性は家にいて、家庭を守るのが当たり前だ
  • 自分の自由に遊び歩くなんてもってのほかだ!

みたいな考え方や感覚が、未だに根強く残っています。

冷静に考えると「封建時代か?!」と突っ込みたくなるような内容ですが、昔からの習慣だったり、親や祖父母からの影響だったり、はたまた社会全体の雰囲気だったりして、こういった価値観を持ってしまっているのです。

ですから今回、妻が「一週間いってきまーす♪」と言ったときに、僕の中にもモヤモヤが湧いたのでした。

そして同時に、

「あー。自分もいつの間にか古い価値観に縛られていたんだな」

「じゃあ、この古い価値観をぶち壊したいな」

ということにも気づきました。

古い価値観をぶち壊してしまおう!

僕の妻はすごく自由というか、昔からの考え方に縛られない人です。

時々 腹が立つこともありますが、そういうところをすごく尊敬しています。

だから、今回の「一週間、遊びで家を空けます!」ということにも、ぜひ協力したいなと思ったのです。

いえ。「協力」なんて言うと上から目線になってしまいますね……(^^; それよりも

「ここは思い切って、妻の自由な感覚に巻き込まれてしまおう!!」

「僕の中にある古い価値観を、妻の力によってぶち壊してもらおう!」

という感覚です。

そう。僕は実は、古い価値観に縛られる自分を変えたいのです。

自分の気持ちに素直に従って自由に生きようとする妻だからこそ、その彼女の力を借りて、自分の中の古い価値観から脱却しようと思ったのです。

古い価値観よりも妻の笑顔を優先したい

知り合いの話を聞いていると、どうしても「女性は家にいるべき」「子どもの面倒を見るべき」といった考え方が多いように思います。

だから、「夫と子どもを家に置いて、一週間 遊びに行く」という女性は、あまりいらっしゃらないです。

ですが、今の時代って、そこまで昔の感覚や考え方に縛られる必要はないと思うんですよね。

たしかに、母親が家を空けたら子どもは寂しがりますし、妻がいない生活だと夫は色々大変です(^^;;

けれど、それによって女性が生き生きと過ごせるのなら、それが一番良いことなのではないか、と。

そうやって女性が笑顔になることで、結果的に子どもも笑顔になるし、長期的に見て夫のためにもなると思うのです。

だから、今回の「妻が一週間“遊び”で家を空ける」というのは、僕にとっても家族が新しいステージへ行くための一つのチャレンジでもあるのです。

新しいチャレンジでより良い家族のスタイルを

……と言いながら、これって これからの一週間を乗り越えるための”思い込み”なんですけどね( ̄▽ ̄;

「うわー。妻がいないと大変だー」
「けど、何とか乗り越えなくちゃー」

という感情を打ち消すために、自分に言い聞かせていることです。

でも、今までの自分の感覚や価値観だと何の成長もないので、ちょっと新しいチャレンジをしてみたいと思うのです。

そして、既存の価値観に縛られずに、自分たちのより良い家族のスタイルを築いていきたいのです。

今回の妻の留守が“答え”になるとは限りませんが、試行錯誤の一つとして良い経験になればと思っています(^-^)

ということで……

妻さん!
これからの一週間、大いに遊んできて下さーい♡

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 ブログは毎日更新しているので、よかったらまた遊びに来て下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください