ライフスタイル

今持っているものをいかに活用できるか?新しい変化より大切なこと!

新しい変化より今あるものを見直すほうが大事!

ここ数週間、“新しい変化”を求めていました。

自分の体に異変が起こったり、仕事の環境に不備があることがわかり、大きく変革を起こそうと思ったのです。

けれど、「変化を求めること」は間違っていることに気づきました。

それよりも、「元々持っているものを どれだけ活かせるか?」の方が大切だと気づいたのです。

人間、成長や変化を起こしたいときって、新しい情報やモノを求めたり、外へ視線を向けがちです。

ですが、自分の内側や足元など、すごく身近なところを見直すほうが、実は重要な場合があるのです。

問題が起こったので変化が必要!

ブログへのご来訪ありがとうございます! 「農マドワーカー」の辻林です(^^) 大阪の郊外で自然農法の田んぼをしながら、インターネット関連の仕事をしています。

ですが、この数週間、ネットの仕事が滞りがちでした。肩や手や腰に痛みを感じ、パソコンに向かうことができなくなったのです。

https://tsujibayashi.com/archives/3880

なので、キーボードが打てず、音声入力などを駆使して仕事にあたっていました。

また、仕事環境の大幅な見直しを図り、ワークデスクを新しく注文したりもしています。

他にも、「パソコン環境も見直そう!」と、

  • 今あるノートパソコンに加えて、デスクトップの購入を検討したり
  • だったら、パソコンの本体ごと買い換えようかなな?
  • 今ある古い外付けキーボードとかマウスも新しくしよう
  • ネットの回線も変えてしまおうか!

と考えたりもしました。

つまり、大きな変化を起こしたくて、新しいものを取り入れようと思ったのです。

新しいものより今あるものを見直すべし

ですが、「今回の変化のために新しいものを取り入れることは間違いだ」ということに気づきました。

どうしてかというと、問題が起こった根本原因は、自分自身の内側にあったからです。

もう少し具体的に言うと、体の痛みが出てしまった原因は、僕がキーボードを打つときの姿勢にありました。

https://tsujibayashi.com/archives/3926

↑こちらの記事に書いた通り、自分の手の形や体の姿勢に問題があったのです。

ですから、仮にどれだけ新しいものを取り入れても、どれだけ良いパソコンやキーボードを買ったとしても、問題の根本解決にはならないのです。

むしろ、自分自身の身体や内面に目を向けて、そこから改善する必要があるわけです。

身近なものの可能性を見つめ直す

もっと言うと、

  • 自分が元々持っているものを活かす
  • 既に身近にあるものの可能性を引き出す

ということになります。

僕は今まで、キーボードのタイピングに変なクセがあったために、本来の自分の能力を発揮できず、それによってパソコンの可能性を引き出すこともできていませんでした。

むしろ、自分自身の体に負担をかけ、パソコンにも無理をさせてしまっていたことになります。

ですから、このような場合の解決策は、“新しいものを取り入れる”ことではなく、自分の内面や姿勢を見直して、身近なものの能力や可能性を見つめ直すことが重要、となるのです。

今あるモノや環境が実は最適?!

こんな風に気づくためには、他にも色々な出来事がありました。

  • 仕事の効率を上げるためにデスクトップパソコンの購入を検討したけど、実物を見に行ったらピンとこなかった
  • てゆーか、単に画面を大きくして効率アップを図るなら、外付けのモニターを買えばいいじゃん!と気付いた
  • そうやって外付けモニターを購入した結果、2万円以内で済んだ
    (検討したデスクトップはiMacで、付属品などを合わせると20万円の見積もりでした。なので、10分の1の費用で済んだことになります)
  • で。実際に外付けモニターを使ってみたら、「自分にとって そこまで必要かなぁ?」となる
  • 「じゃあ、新しいノートパソコンを買おうかな?」と思って調べたら、今あるノートPCと性能が大差ないことがわかる
    (むしろ、余計な機能がくっついていて、今のPCのほうが便利と気づく)
  • ネットの回線の見直しも考えたけど、電気屋さんでかなり安い改善ツールがあったので、それで済みそうだと気づく

といった感じです。

つまり まとめると、

「いま持ってるもので出来ることいっぱいあるで!」

「むしろ、新しいものより、既にあるモノのほうがええで!」

「現在の環境や製品は、自分にとって最適に整ってるで!!」

ということだったのです。

大切なのは自分の内面や行動を変えること

今ある問題に対処するためには、

  • 自分自身の心や行動を変えること
  • 内面や体の姿勢を改善すること
  • 身近にあるものを丁寧に見直すこと

というのがわかります。

変化を起こすために“新しいもの”を取り入れるのではなく、既存のものに丁寧に向き合うことが大切だ、と気付いたのです。
(ワークデスクだけは、既存の環境に問題があることがわかったので新しいものに買い替えますが……)

人間、何か問題が起こったりネガティブな状況に陥ると、その改善策を求めて自分以外の外へ意識を向けてしまったり、新しい情報や知識を求めがちです。

けれど実は、それだと根本解決や改善がないケースもあり、それよりも自分自身や身近なものを見直すほうが大切なのです。

もちろん、新しいものを取り入れるほうが効果的な場合もあるので、そこはケースバイケースですが、一つの視点として忘れないようにしたいと思っています(^-^)

「今あるものを活用すること」に意識を向ける

そんなこんなで、今は身近にあるものを大切にすることを心がけています。

  • 長年使って来たパソコンを丁寧に掃除したり
  • 「いつもありがとう!」と心の中で話しかけてみたり
  • 部屋や机の掃除を丁寧にしてみたり
  • そして、自分自身の体をよく観察して、疲れているところを揉みほぐしたり

こうやって、既にあるものに丁寧に向き合い、そこにある能力や可能性をたくさん引き出したいと思うのです。

“新しい変化”も魅力的だけど、その前に“今あるものを活用する”こと

これも仕事や日常生活……いえ、人生全てにおいて重要なことだと思います!(^-^)

ABOUT ME
つじばやし@農マドワーカー
つじばやし@農マドワーカー
「ノマドワーカー」ならぬ「農マドワーカー」です。 地元の田んぼで無農薬のお米づくりをしながら、IT関連のお仕事をしています。 よかったら、またブログに遊びに来て下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください